炎の飛行士 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-392 宇宙英雄ローダン・シリーズ 392) (ハヤカワ文庫SF)

  • 22人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 工藤 稜  嶋田洋一 
  • 早川書房 (2011年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150117917

炎の飛行士 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-392 宇宙英雄ローダン・シリーズ 392) (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっとテルムの女帝の意思が少し見えてきたが、まだこれからが本番。
    バルティオクサイクルのやっと序曲が終わり、これからが本番か。

  • ソラナーが地上で活動する事によりちょっとだけテラナーに近づいてる感じ。テルムの女帝とのコンタクトへの話は一段落して、物語は地球へ。でも、地球の物語が今ひとつ私の中で盛り上がらない。

  • しばらく島の王サイクルを読んでたので話に追いつけない…。400巻 800話に向けてどうなっていくのかなー。

  • ローダン達は、テルムの女帝とフェイヤーダル人との連絡に使われるコンタクトセンターを目指した。上位の存在のサポートにより、コンタクトセンターに入りこんだローダン達。一歩先を違う勢力も入りこみコンタクトセンターを破壊してしてしまう。ローダンは新たなテルムの女帝へのコンタクト術を探さなくてはならなくなった。

全4件中 1 - 4件を表示

H・G・エーヴェルスの作品

炎の飛行士 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-392 宇宙英雄ローダン・シリーズ 392) (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

炎の飛行士 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-392 宇宙英雄ローダン・シリーズ 392) (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

炎の飛行士 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-392 宇宙英雄ローダン・シリーズ 392) (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「積読」で登録しているひと

炎の飛行士 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-392 宇宙英雄ローダン・シリーズ 392) (ハヤカワ文庫SF)の作品紹介

"ソル"乗員のホンス・プリス=フェルマイデンとセシントラ・ワルドンは、テルムの女帝とフェイヤーダル人との連絡に使われるコンタクト・センターをめざしていた。権力闘争にあけくれて、テルムの女帝にとりついでくれようともしない規律創造者のサトゲノスとレザルスローンには内緒で、コンタクト・センターに侵入しようというのだ。だが、"ソル"で生まれ育った者には想像もつかない困難がふたりを待ちうけていた…。

炎の飛行士 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-392 宇宙英雄ローダン・シリーズ 392) (ハヤカワ文庫SF)はこんな本です

ツイートする