ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)

  • 947人登録
  • 3.30評価
    • (25)
    • (89)
    • (120)
    • (37)
    • (9)
  • 111レビュー
制作 : 鈴木康士  田中一江  金子浩 
  • 早川書房 (2011年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150118099

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは読むのがつらかったー!正直最後は飛ばし読み。しかし国内外で文学賞を取ったり人気投票で上位になったり、非常に評判が良いのだからわからないものだ。
    世界観は壮大だ。作者が創った未来社会は、石油エネルギーが枯渇して原始的な動力に逆戻りしており、方や遺伝子操作技術が進んで食品、家畜やペット、人間(それこそが「ねじまき少女」)に至るまで人の手によって創造されると歪んだ世界。舞台は熱帯のバンコクで、ゴミゴミしたスラム街やマーケット、土着信仰などのカオスがあり、「ねじまき少女」は少子化が進んだ「日本製」でバンコクの娼館に売られた、という念入りな設定だ。それらのアジアンなムードも満点なのだろう・・・特に欧米人にとっては。
    しかし人物が大勢出てくる割に紋切型で、話が停滞しっぱなしでどこに向かっているか最後までよく分からず、起こる事件はちまちまとしており、どこにも興味を持てなかった。背景の大きさを活かさないまま物語が矮小な印象。私が読みたいのはそれじゃないんだよ。普段SFを読まないのに、評判につられて手を出したのが間違いだったか。

  • SFはまったく読んだことがなかったので、世界観についていけるか不安だったのですが無用の心配でした。
    最初はこの世界の用語が多すぎてなにがなんだか訳が分からない状態でしたが話が進むにつれ個性的な登場人物と結構エログロかつアクティブな展開のある話に引き込まれました。
    意味不明の用語も何度か使われるうちになんとなく意味が分かってきて、
    普段は現代日本作家しか読まないので目新しい読書体験でした。
    日本ではねじまき少女のあとに発売された第六ポンプの方が、執筆順は反対だったみたいなので、先に読んでおけばよかったかと思いました。
    下巻どうなるかすごく楽しみです。

  • 私には、よさが理解できませんでした。

  • SF。エコSF。バイオSF。
    説明不足で分かりにくいところもあるように思うが、先に『第六ポンプ』を読んでいたおかげで、すんなりと物語に入っていけた。
    アンダースン、エミコ、ジェイディー、ホク・センと、複数の視点から物語が進む。
    ジェイディーとホク・センのパートが好きではないが、エミコのパートが良い。ねじまき少女は何を考えて生きているのか?

  • ヘンタイジャパニーズがつくったリアルドールみたいな生体アンドロイドが主人公の冒険小説?
    湿っぽいスチームパンク、といった印象の設定でなにぶんタイが舞台なので湿度気温共に高い。暑苦しい。
    そんな中に咲く毛穴のない女の子。激しく動くのは短時間のウルトラマンは毛穴が無いからだ!なんだか毛穴の話がツボって、熱くて動けない描写の度に毛穴が無いからなあ、と反芻してしまった。なんなんだ、女性の毛穴になんか思うところでもあるのか?

    見たこと無いけどキルビルの栗山千明とかこんな感じなのか?つまり、こう、あくまでもヨーロッパ人から見た東南アジア、といった印象。

  •  2010年SF賞総なめの作品。邦題はオタク受けを狙って『ねじまき少女』なのかと思いきや、原題もきっちりThe Windup Girl。
     
     化石燃料が枯渇し、遺伝子改変動物を使役して生み出す力学的エネルギーを小型高性能のゼンマイにため込むというのが、この時代のエネルギー事情だ。よってすべてのエネルギーの源は家畜が食べる飼料のカロリーにたどり着くことになり、農業こそがが最重要産業なのだが、バイオテクによって生じた疫病や害虫で植物もまた壊滅的となっている。
     舞台はタイ王国。農作物の遺伝情報を握るカロリー企業の支配に屈せず独自の繁栄を築いている。物語はアニメ風のねじまき少女の冒険ではない。この起こりそうな暗い未来における群像劇である。

     タイでエネルギー工場を営むアンダースン。実はタイの種子バンクの情報を狙っているらしい。そして植物遺伝子にまつわる重要な情報をみぎっているらしいギ・ブ・センないしギボンズという男を捜している。
     アンダースンの側近として働く、中国難民の老人ホク・セン。かつて大企業主であった彼は、再起を図って、アンダースンを出しぬき、地元のギャング「糞の王」と接触する。
     ねじまき少女エミコ。遺伝子操作で作られた「新人類」。人間と区別するため、わざとぎこちない動きをするように作られていて「ねじまき」と蔑まれているが、ゼンマイで動いているわけではないようだ。日本で作られ、日本の企業家の秘書兼愛人としてタイに連れてこられたが、主人が帰国する際、経済的理由から捨てられ、見世物小屋で働く。
     タイの繁栄を守っているのが環境省、通称、白シャツだが、役人は賄賂を取り、腐敗している。賄賂を取らず、不正を暴く、環境省の役人ジェイディーはやり過ぎてしまい、政争に巻き込まれる。

     章ごとに別の登場人物の視点に切り替えつつ進む語りは、ひとりの登場人物への感情移入を妨げつつ、全体的な状況をゆっくりと明らかにしていくが、それは登場人物たちみながそこから駆け出すことができるように、慎重にゼンマイのねじを巻いているかのようだ。

  • 今の時点では苦痛の方が大きい。
    ちんたらにあまり意味を感じないが
    下ではびっくりするほどまとまって、まあ‼︎
    というのを期待していいのか。

  • 3.5

  • 賞を総なめしたと噂の、SF小説だが、ダメかも。読み続けるの結構しんどいぞ。

  • 世界観は楽しめます。

全111件中 1 - 10件を表示

パオロ・バチガルピの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
ジェイムズ・P・...
グレッグ・イーガ...
チャイナ・ミエヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)に関連する談話室の質問

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)に関連するまとめ

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「積読」で登録しているひと

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)の作品紹介

石油が枯渇し、エネルギー構造が激変した近未来のバンコク。遺伝子組替動物を使役させエネルギーを取り出す工場を経営するアンダースン・レイクは、ある日、市場で奇妙な外見と芳醇な味を持つ果物ンガウを手にする。ンガウの調査を始めたアンダースンは、ある夜、クラブで踊る少女型アンドロイドのエミコに出会う。彼とねじまき少女エミコとの出会いは、世界の運命を大きく変えていった。ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞など主要SF賞を総なめにした鮮烈作。

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)のKindle版

ツイートする