星の光、いまは遠く 下 (ハヤカワ文庫SF)

  • 67人登録
  • 3.26評価
    • (4)
    • (4)
    • (10)
    • (4)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : 酒井昭伸 
  • 早川書房 (2011年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150118143

星の光、いまは遠く 下 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上巻に同じ。

  • ジョージ・R・R・マーティンというだけで読み。
    ワイルドカードシリーズは出ないのか? 
    懐かしい感じのSF。
    後ろ扉の著者近影が、シンプソンズでエイブラハム・シンプソンズのいる老人ホームにいるヒゲはやした爺さんに似ている・・・

  • 2011/07

  • こういう尻切れトンボなエンディングは好きではないですね。世界観もイマイチ。

全4件中 1 - 4件を表示

ジョージ・R・R・マーティンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッグ・イーガ...
ロバート・チャー...
グレッグ・イーガ...
ロバート・チャー...
グレッグ イーガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

星の光、いまは遠く 下 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

星の光、いまは遠く 下 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星の光、いまは遠く 下 (ハヤカワ文庫SF)の作品紹介

ハイ・カヴァラーンの四大連壕のひとつ、ブレイスから追われる身となったダーク・トラリアンは、グヴェンとともに、AI制御の巨大都市チャレンジに身を潜めていた。だが、追跡術に長けたブレイスのマンハンターは容易に足取りをたどり、ふたりに迫っていた。果たして、ダークとグウェンはこの危険極まるデス・ゲームを生き抜くことができるのか…。米SF界の巨匠がロマンチシズム溢れる筆致で描いた、伝説の第一長篇。

星の光、いまは遠く 下 (ハヤカワ文庫SF)のKindle版

ツイートする