ラール人の逃避行 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-423 宇宙英雄ローダン・シリーズ 423)

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 工藤 稜  赤坂桃子 
  • 早川書房 (2012年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150118471

ラール人の逃避行 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-423 宇宙英雄ローダン・シリーズ 423)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ホトレノルータアクが生きていたが、彼は何を考えているか、オリンプに行って何をするのか、その過程でテケナー、ヴァンネにも捕まってしまう。
    さてその後どうなるか、まあ、良いところで終わったというところか。

全1件中 1 - 1件を表示

ハンス・クナイフェルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ラール人の逃避行 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-423 宇宙英雄ローダン・シリーズ 423)を本棚に登録しているひと

ラール人の逃避行 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-423 宇宙英雄ローダン・シリーズ 423)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ラール人の逃避行 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-423 宇宙英雄ローダン・シリーズ 423)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラール人の逃避行 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-423 宇宙英雄ローダン・シリーズ 423)の作品紹介

3585年4月、おんぼろのコルヴェット"ハスの花"が宇宙空間を航行していた。乗員は五名。女指揮官のパトリシアとその息子ソル、ノーマッドの末裔ジェイソン、プロスペクターの族長クノーテとフェルナーだ。かれらの乗るトランパー艇は老朽化し、あちこち修理が必要となっていた。そこで、これまでに集めた"戦利品"のなかから役だちそうなものを探そうとする。ジェイソンは頑丈なつくりの"トランク"に目をつけたが!?-。

ラール人の逃避行 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-423 宇宙英雄ローダン・シリーズ 423)はこんな本です

ツイートする