シップブレイカー (ハヤカワ文庫SF)

  • 142人登録
  • 3.66評価
    • (8)
    • (22)
    • (20)
    • (3)
    • (0)
  • 26レビュー
制作 : 鈴木康士  田中 一江 
  • 早川書房 (2012年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150118679

シップブレイカー (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

  • ねじまき少女が、面白いながらも
    情報量の多さを上手く消化しきれず
    なんとなく無茶にまとめた印象やったけど
    コレはシンプルで読みやすかった。

    簡単に映像として脳内再生が出来たし
    それでいて伏線の回収がうまくて
    派手さは無いけど非常に良い作品。


    トゥールが気になるわーっ笑

  • 良きジュヴナイル。
    「親方!空から女の子が!」じゃなくて「難破船から女の子が!」なお話。
    『ねじまき少女』は未読のため、先入観がないからか単純に、素直に楽しめた。

    ラッキー・ガールを救おうと奔走するところも勿論面白かったが、それ以上にネイラーとどうしようもないクソ親父のリチャードの親子関係と、半人のトゥールの存在が良かった。
    家族の定義や人と人との絆のあり方を考えさせられた。
    そして深く描かれはしないけれど、YAの割にはシビアな社会のかたちも興味深かった。ネイラーとラッキー・ガールの間には完全に社会的な線が引かれている。それでも強くしたたかに生きていこうとするネイラーをはじめとした“シップブレイカー”たちの姿が良かった。

  • なかなか、面白かった。難破船から銅線をはじめとした金属を回収しているネイラーと雲の上の富豪の少女ニタの交叉する冒険もの。世界はバチガルピの石油の枯渇し温暖化であらゆる所が水没した世界。半人とかSF的ガジェットもあり楽しい。面白いけれどジュブナイル。第六ポンプみたいな暗さはあまり感じられない。表紙はネイラーとニタ。ねじまき少女と比べるのもどうかと思うがねじまきの衝撃はない。面白かったですけど・・・

  • ボーイミーツガール!過酷な生活を強いられる少年が、謎の美少女に出会って動き出す物語。
    まさしく、YAが喜びそうな展開。

  • バチガルピのいつもの石油が枯渇して暗い未来世界のお話

    ラスボスがひでえ父親というのがまたきつい

  • ねじ巻き少女で有名になったパチガルピ氏のYA向け小説。世界観はねじ巻き少女とよく似ていて、石油が枯渇し、温暖化で海沿いの都市があらかた水没してしまった世界。難破船から資材を回収して稼ぎにするという社会の最底辺で暮らす少年少女たちが主役。
    世界設定と描写のリアル感は相変わらず半端ない。
    筋書きとしては、少年のところに大金持ちの少女が漂着する→彼女を助けるがそのことで飲んだくれの父親と対立→彼女を連れて逃走→少女もまた追われる身であり、敵対者の手に落ちる→少年は彼女を取り戻し、父と対決し、倒す。というふうにジュヴナイルの王道をゆく。ラピュタとスターウォーズを足して割ったような感じ?
    ただし、ひとつ特徴があるとするなら、それは「命の秤」だと思う。自分の命と他人の命を天秤にかけざるを得ない状況が何度も少年を見舞う。それこそ「殺らなければ殺られる」という究極の選択肢だ。もし理性だけを働かせれば、彼は漂着した少女を救うなんて馬鹿げたことはせず、大きな幸運をつかむこともなかったし、かといって良心の声だけに従っていれば父親に殺されていただろう。そもそもどんな時に誰の命を奪ってよいかなど、人間に判断などできようか。
    だから少年は相手がどんなに悪人であろうと人の命を奪うたびに落ち込む。そのことを肯定し、「奴は殺されても仕方なかった。でも命を奪うと、奪った者の魂も一緒に削れるんだよ」と語りかける大人がいるところがYAらしいフォローだなと感じた。

  • ボーイミーツガール。
    冒頭、少年たちの酷い状況が克明に描かれていて、映画を見るかのようだった。暗い船底と明るい海、嵐と白い船、ひどい親父と優しい人達の対比がさらにそう感じさせたのかな。
    犬のおっちゃんがかっこよくて、彼を中心とした別のストーリーとやらに期待。

  • お約束なので安心して読める。はらはらドキドキはしないけど、小心者の私には世界観をじっくり眺める余裕ができた。
    クリッパー船がとても素敵。船の形態の描写だけで機能美だけでなく、それが海を渡る爽快感も感じられた。

  • 石油資源が枯渇し、経済社会体制が激変、地球温暖化により気候変動が深刻化した近未来アメリカ。少年ネイラーは廃船から貴重な金属を回収するシップブレイカーとして日々の糧を得ていた。ある日ネイラーは、超弩級のハリケーンに蹂躙された後のビーチに、高速船が打ち上げられているのを発見する。船内には美しい黒髪と黒い目をした少女が横たわっていた……

  • バチカルビ版ジュブナイル小説。かなり正統派な物語構成です。
    少年は少女と出会い、様々な困難を乗り越え成長し、故郷を旅立つ。
    読後感は悪くないのですが、都合のいい展開で万事丸く治まってしまったなという感想です。
    前半部分、少年の過酷過ぎる生活環境。
    その生理的感覚に訴えるリアリティ。先の見えないジリ貧感。
    これはバチカルビの特徴で好きな部分でもあるのですが、後半の夢物語と釣り合いが取れてないような気がします。
    前半の過酷さと比べると上手く行き過ぎているように感じてしまうのです。
    少年少女向けだからかな?

  • 少年少女のSF冒険ファンタジー。天空の城ラピュタを思い出しました。

    ネイラーは生まれてからの境遇のせいでひねくれてはいるけど素直な
    良い子で応援したくなります。ネイラーなら九死に一生の体験したあとじゃなくてもニタを助けはせずとも殺しはしなかっただろうなと思います。
    あんな父親でも助けてるし。

    貧困の最下部での生活から金持ちの少女を助けたことで父親に追われる身になり…と展開はよくある冒険物という印象でしたが小物や登場人物(悪役含め)が魅力的で面白かったです。
    特に半人のトゥールが好きです。半人は主人の命令に絶対従うはずなのに、トゥールは主人を打算で次々と変えることになんとも思わず、性格も実にドライ。途中までネイラーとニタについてきてくれるけど危ない段階までくるとさっさとどっかに行ってしまう。その淡白さがかっこよかったです。バチガルピの次の新刊にもトゥールがでてくるそうなので、トゥールが何故半人の遺伝子に逆らって主人を次々と変えられるのかの話がでてきて欲しいです。

    ネイラーがこの後クリッパー船の船員として生きるのかニタと結ばれるのかは分かりませんが未来を予感させる爽やかな終わり方でよかったです。

  • 課題本読了。
    ねじまき少女よりも読みやすかったり。
    というか、SFというより本当にヤングアダルト。
    少年少女の冒険譚という感じ。バックボーンに関して、世界をガッツリ作っているけど。

  • メゴドントで一世を風靡したパオロの第二作。前作の雰囲気を色濃く残しているが、実世界のアメリカはまた石油ジャブジャブ文明に戻りそうな気配が濃厚。

  • うぅーん。おもしろかったけど。
    前作のアジアテイストとか、SF要素とか、群像劇の印象が強すぎたなぁ。本作はちょっと退屈な印象。
    石油に落ちるシーンは好きだったな。緊張感、絶望感、開放感。お約束だけどカタルシス。自分の決断で道を切り拓く主人公。最後の戦いも成長が感じられてよい。
    助っ人が入れ替わっていくのとかは、作為が感じられすぎて苦手だったかな。

  • 2012年12月19日読了。

  •  「ねじまき少女」と同じ“石油エネルギーが無くなり、温暖化(?)で海面が上昇した未来”が舞台。前作を読んでいて設定になじんでいる分読みやすかった。SF小説としては、ジュブナイルというかYAだが、波乱万丈&手に汗握る展開がテンポよく、このまま映画化してほしいくらい楽しめた。
     「ねじまき少女」では、ぜんまいが動力だったが今回は、高性能の帆船が登場する。また、この「シップブレーカー」に登場する半人は、日本で遺伝子改造されている。どうも作者の頭の中では未来の日本は遺伝子工学が進んでいるみたい。テクノロジー立国日本として平和で繁栄していることを祈りたい。       

  • 2012 11/20読了。ACADEMIAで購入。
    @sakstyleのエントリを見て読んだ本。
    最近注目中のパオロ・バチガルピの新刊。
    いつもどおり(笑)石油資源の枯渇した未来で、放棄された石油タンカーから使えるパーツをとってくるシップブレイカーの少年主人公が、企業内対立から逃れてきた富豪の少女と知り合い・・・という筋立て。
    『ねじまき少女』とは変わって、主人公が苦難を乗り越えてチャンスをつかんだりとわかりやすくハッピーエンド風。
    石油のない未来観とかも面白くて、良い感じだった。

  • 石油が枯渇した近未来のアメリカを舞台にしたYA。
    YAだから「ねじまき少女」より読みやすかったです。ねじまき少女や半人やトゥルー・ブラッドを製造するニッポンっていったい・・・!?

  • ヤングアダルトで、お約束な展開。
    バチガルピらしさは感じられる。

    2011 年 ローカス賞ヤング・アダルト書籍部門受賞作品。

  • スケールがヤケに小さい気がするが、少年主人公が色々悩んで考えて頑張ってて、なかなか良かった。
    あと、悪いほうへ悪いほうへ展開が進んでいくのが面白かった。
    そりゃあ確かに、運がよかったのか悪かったのか、いちいち考えたくもなるわなー。
    あとピマが可愛かった。表紙にちゃんと載せておいて欲しかった。

  • 設定や世界観、導入はすばらしい。
    その後の物語は、作者のサービス精神を感じるが、薄っぺらく感じた。

  • 良い意味で,子供の頃に呼んだ冒険活劇.

  • 「ねじまき少女」で脚光を浴びたパオロ・バチガルピの新作。

    この人暑い所が好きなのか、はたまた温暖化に思い入れがあるのか。
    舞台は海面上昇でもろもろ海中に没した世界。

    そこで描かれるはまさかのボーイ・ミーツ・ガール。
    「フロリダの城ラピュタ」とはよく言ったもので。
    とはいえ2/3くらいまで冒険が始まらず、あれこれひょっとして次巻に続く?
    かと思ったら一応、ストンと収まりは付く。
    ねじまきと同じ雰囲気を共有しつつも作風はだいぶ明るかったりして、
    この辺りは巧さでしょうか。

    世界観が面白いので、もうちょっと続けてほしい感もありますが。
    難しいかなー。

  • 「ねじまき少女」に衝撃だったのでそれを期待したからか、はたまたヤングアダルト向けに書かれたものだからか、消化不良というか物足りない。子供の時に読んでいたら楽しかったとは思う。

全26件中 1 - 25件を表示

シップブレイカー (ハヤカワ文庫SF)に関連する談話室の質問

シップブレイカー (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シップブレイカー (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シップブレイカー (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする