災いのオーラ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-433 宇宙英雄ローダン・シリーズ 433)

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 工藤 稜  林 啓子 
  • 早川書房 (2012年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150118693

災いのオーラ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-433 宇宙英雄ローダン・シリーズ 433)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回はホトレノルータアクの活躍の巻。
    光の守護者 テングリーレノスとの絡みとデメテルもでてそこに分子変形能力者が絡む。本編のサイドストーリーであると話がダレることが常のローダンシリーズであるが、今回は珍しくダレず続きが読みたいと思った。早くバジスの発進と次の活躍が読みたい。
    そう言えばローダンの方のバルティオクの方はどうなったんだろう⁇

全1件中 1 - 1件を表示

H・G・エーヴェルスの作品

災いのオーラ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-433 宇宙英雄ローダン・シリーズ 433)を本棚に登録しているひと

災いのオーラ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-433 宇宙英雄ローダン・シリーズ 433)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

災いのオーラ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-433 宇宙英雄ローダン・シリーズ 433)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

災いのオーラ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-433 宇宙英雄ローダン・シリーズ 433)を本棚に「積読」で登録しているひと

災いのオーラ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-433 宇宙英雄ローダン・シリーズ 433)の作品紹介

ホトレノル=タアクは惑星ムグナモルから帰還する途中に、ハイパーエネルギー性のシグナルをうけとった。発信源は銀河系の氷惑星ヘルチョスである。そこでひとりのプロスペクターを発見し、救助した。かれの名はプヨン・アルザチェナ。貴重な鉱物を掘りあてようとしてヘルチョスにやってきたものの、迎えの船がこなかったらしい。プヨンから分子変形能力者の話を聞いたホトレノル=タアクはその動向に興味をいだくが…。

災いのオーラ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-433 宇宙英雄ローダン・シリーズ 433)はこんな本です

ツイートする