宇宙の眼 ハヤカワ文庫SF

  • 139人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (10)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 中田 耕治 
  • 早川書房 (2014年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150119751

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SFの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ディックの小説で初めて「面白い!」と思えたし、ハミルトンはディックの小説の主人公で初めて好感を持てた。

  • 意外にも良心的な結末にちょっとビックリ(…ハッピーエンドですよね?)。
    先日読んだ「発狂した宇宙」と並び多元宇宙の金字塔と評される本書です。どちらも現実と異なる世界に迷い込み、四苦八苦するという点では同じですが、「発狂した宇宙」における多元宇宙が無限にある宇宙のひとつだとすると、こちらは極端な考え方をする誰かの意識(しかも複数)に迷い込みます。また、「発狂した宇宙」で訪れる宇宙がSFオタクの空想ものだとすると、こちらは現実の主義主張の地続きの異世界が舞台。だから甲乙つくわけではありませんが、楽観的に読み進められた発狂した宇宙に対し、不安と疑心がつきまとう本書でした。

    読み終わって改めて思うことは、ディックの作品ってやっかいだなぁということ。大雑把に物語を掴むことはできるのですが、細かなところで「なんでこんな展開?」と思うことが多くて、腑に落ちない。表面の物語に隠れたメッセージの存在を察知するのですが、どうも要領を得ない。まぁ単に読解力がないと言われればそこまでですが、やっかいだなぁと思うことしばしば。短編は解りやすいんですけどね。とはいえ、こんな悶々とすることも含めて、ディックの作品に漂う魅力は間違いなくて、だから周期的に彼の作品を読みたくなるんですねぇ。

  • 「多元宇宙」なんていう帯の言葉にヤラレて購入。これまでディックさんの本を数冊買って、なぜだか読み通せなかったけど、これは、最後までイケました。
    ところどころ笑えます。この世界の成り立ちを疑う視点や、信じきれないモヤモヤはとても大切なモンだと思ってます。
    作品としては、もっと面白くもなるんじゃないの、と言いたいような感じですけど、面白かったデスよ。

全3件中 1 - 3件を表示

フィリップ・K・ディックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンディ・ウィア...
ジェイムズ・P・...
伊藤 計劃
グレッグ イーガ...
スタニスワフ・レ...
レイ ブラッドベ...
フィリップ・K....
グレッグ イーガ...
フィリップ・K・...
チャイナ・ミエヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SFを本棚に「読みたい」で登録しているひと

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SFを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SFを本棚に「積読」で登録しているひと

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SFの作品紹介

巨大な陽子ビーム偏光装置の事故に巻きこまれた8人の男女は……鬼才初期の名作登場!

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SFのKindle版

ツイートする