あまたの星、宝冠のごとく (ハヤカワ文庫SF)

  • 131人登録
  • 3.30評価
    • (2)
    • (7)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 15レビュー
制作 : 影山 徹  伊藤 典夫  小野田 和子 
  • 早川書房 (2016年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (591ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150120559

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ハーラン・エリス...
上田 早夕里
ジェイムズ・P・...
アンディ・ウィア...
有効な右矢印 無効な右矢印

あまたの星、宝冠のごとく (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色々な意味でブラックだな~~~SFでもある。
    地球を一男性として肉欲込みで愛する女性の「地球は蛇のごとくあらたに」とか、発想が異次元すぎるでしょ

  • 2年ぶりのティプトリー作品は、装丁がこれまた印象的な「あまたの星、宝冠のごとく」。この作品、初訳にしてなんと2016年刊行。早川書房の創立70周年を記念する文庫企画「ハヤカワ文庫補完計画」の一環として発表されたようですが、没後30年を経過してなお読書を魅了し続けるティプトリーになんだか感動してしまったり。

    本書は中期から晩年にかけての10篇を収録。2年前に読んだ「故郷から10000光年」に比べると、やはりどれも読みやすい作品ばかり。あのついていくのが大変な作風にちょっぴりの懐かしさを覚えつつも、とりわけ以下4作品が印象に残りました。

    「ヤンキー・ドゥードゥル」
    薬漬けの帰還兵を描いた作品で、なんだか現実世界でも起こりえそうな物語。本書はわりと後味の悪い作品が多く収録されていますが、本書のそんな作品のひとつ。躊躇ない展開が魅力。

    「いっしょに生きよう」
    本作品は『SFマガジン700【海外篇】』に収録されており、今回は再読にあたりました。初読の際はそんなにヒットしなかったのですが、今回なかなか印象に残ったのは、後味の悪い作品が多いなかで唯一(?)救いのある作品だからでしょうか。地球からの異星調査隊が奇妙な共生生物と出会う心温まる物語です。

    「もどれ、過去へもどれ」
    本書で一番好きな作品。
    開発されたタイムマシーンは過去の自分と未来の自分を2週間だけ入れ替わらせることができる。いまや老いたドニーとダイアンは75歳の老夫婦。彼らは55年前、つまり当時20歳の自分と入れ替わることを決意。そして、20歳のドニーとダイアンは、彼らと入れ替わりに55年後の世界に到着する。驚愕の未来に当惑するふたりだが…
    最後までハラハラドキドキしながら読み進めましたが、まさかあんな展開になるだなんて…後味の悪さは本書で随一でしょう。それだけに深く心に刻まれた作品でした。

    「地球は蛇のごとくあらたに」
    地球を男性として愛する頭のおかしな女性が主人公。女性のバカらしい言動に苦笑いしつつ、これまたなんだか救われない作品なのですが、バカな女のあの結末はむしろ喜劇なのかもしれないと思ったり。

    さてさて、残るティプトリーの小説は、短篇集「老いたる霊長類の星への賛歌」と長編「輝くもの天より堕ち」のみ。読みたいけど、読み終えたくないという寂しい思いが胸中に。複雑な心境です。

  • 2017/11/4購入

  • 邦題がやたらと格好良いことで有名なティプトリーの短編集。SFもの、寓話もの、ディストピアもの、神話ものが詰め込まれており、かなりバランスが良いと思う。

    個人的に面白かったのは、自分自身が、過去~未来の自分自身と入れ替わることのできるタイムトラベルものの「もどれ、過去へ戻れ」と、地球を男性として愛し、一生を地球のために捧げる女性の話の「地球は蛇のごとくあらたに」。

    後者はティプトリーが別名義で書いた作品らしく、らしくない笑いの要素などが新鮮で楽しめる。

  • ティプトリーの短編集がいつの間に出てたんだ!と購入。
    なんでも作者の死の直前に書かれた最後の短編集だそうで、タイトルも素敵です。
    ティプトリーは女性ということを隠して創作活動をしていたそうですが、途中で女性ということはバレちゃたみたいですね。
    この短編集に入っている短編のいくつかは、女性の性欲を堂々と書いてたり、はたまたイかれた女も書いてるし、とにかく女性像がストレートというか辛辣でびっくりします…
    「もどれ、過去にもどれ」のヒロインなんて、アホなんですがなんだか気持ちわかります。
    ティプトリーの中では傑作集というわけではないですが、女性が書いた辛辣な女性像、という意味では興味深い内容だと思います。

  • SF。中短編集。
    「いっしょに生きよう」は『SFマガジン700海外篇』で既読のためスルー。
    SFっぽくない作品もいくつか。ガッツリSFのほうが好み。
    良かったのは、ファーストコンタクトもの「アングリ降臨」と、残酷なタイムトラベルもの「もどれ、過去へもどれ」。
    正直、「いっしょに生きよう」がベストで、それほど収穫は大きくなかった印象。
    ティプトリーファンの人なら、晩年の作品ということで価値があるかも。

  • 人間の業や生々しい現実を突きつけながら、時には冷たく、時には優しく、未来への絶望と希望を同時に感じせてくるSF短編集。特に「もどれ、過去へもどれ」と「いっしょに生きよう」が好き。

  • SF好きな方なら、ティプトリーについて今さら説明するまでもないと思います。
    そんなティプトリーの中でも、飛び抜けてストレートな作品が集められた短編集だと思います。ティプトリーの作品には様々な暗喩が込められていることが多いですが、この短編集に納められた作品はどれもこれも「言いたいことがすぐわかる」ある意味シンプルな、その分グサグサ来る鋭さを持っています。

    鴨的に印象に残ったのは、「ヤンキー・ドゥードゥル」「もどれ、過去へもどれ」「地球は蛇のごとくあらたに」の3編。
    特に「もどれ、過去へもどれ」「地球は蛇のごとくあらたに」はどちらも「痛い」女の話で、ここまで痛い女性像を描けるのはティプトリーならでは。どちらの話も、後味が悪いんですよねー。この後味の悪さを楽しめるようになったら、SF上級者の仲間入りかもヽ( ´ー`)ノ

  • 「アングリ降臨」に書かれた、宇宙人の驚くほどの無邪気さと不理解さ、それに熱狂する地球人の様子が、一番彼女っぽい作風だと思う。
    あとは…、残念ながら退屈。まどろっこしいというか、いつもの奔放さを失っているというか。全ての作品の結末が、なんだか小さく収縮してディストピア風味に終わっちゃってるのが悲しい。

    読み終わって、本の帯に、「ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの最後の短篇集!」って書いてあるのを見つけて、「ああそうだったんだ」と納得して、それから切なくなった。

  • 短編集。「いっしょに生きよう」は「たった一つのさえたやり方」とアイデアが近い。

全15件中 1 - 10件を表示

あまたの星、宝冠のごとく (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あまたの星、宝冠のごとく (ハヤカワ文庫SF)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あまたの星、宝冠のごとく (ハヤカワ文庫SF)の作品紹介

常にSFの最先端を独走してきた著者による晩年の円熟した作品を中心とした短篇10本。

あまたの星、宝冠のごとく (ハヤカワ文庫SF)はこんな本です

あまたの星、宝冠のごとく (ハヤカワ文庫SF)のKindle版

ツイートする