紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)

  • 359人登録
  • 3.84評価
    • (30)
    • (25)
    • (22)
    • (5)
    • (4)
  • 35レビュー
制作 : 伊藤 彰剛  古沢 嘉通 
  • 早川書房 (2017年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150121211

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 予備知識なく、ハヤカワ文庫SFっぽくないタイトルと表紙につられて購入した短編集。

    著者は1976年中国生まれ、パロアルト育ち。ハーバードを卒業しマイクロソフトで勤務したのちにハーバード・ロースクールを卒業したという経歴。

    どの話も簡単に読めるショート・ストーリーだけど、世界観や視点が独特なものとなっている。それぞれの物語の終わりを過度に引っ張りすぎることなく、その後の展開を読者が想像することとなる。この本に収録されている話のほとんどが、中国・アジア・漢字といったアジア要素を取り込んだサンエンスフィクション物語となっている。

    別の単行本も読んでみたい。

  • 短編集だし、読みやすいのだけれど、ひとつひとつが重く胸にきて、なかなか読み進められずようやく読了。本を読んで泣くことは多いけれど、こんなに泣いたのはあまりないかもしれない。
    SFとしては感傷的、ファンタジー寄り、という意見を読む前に耳にしていて、確かに情緒に訴えかけるところが大きいかもしれないけれど、個人的にはそれも含め、良さとして読めた。ファンタジー好きで、SFを読み慣れていない私だからかもしれないが。
    どの作品も、静かで、哀しく、寂寥感が漂う。そして、ままならなさと無力感を感じさせられる。ノスタルジックで、不思議な話たち。収録作品のどれも好きだけれど、表題作の「紙の動物園」が、最初だけに衝撃的で、いちばん印象に残っている。でも同じくらい「文字占い師」も。未来への希望が感じられる「心智五行」も良かった。

  • 心智五行

  • 作者のことも、本書のことも全く知らない状態で、書店で見かけて装丁とタイトルに惹かれて購入した。単行本で刊行された短編集の上巻という位置づけだったので、下巻の『もののあはれ』も同時購入。ケン・リュウ氏は中国出身だが、作品は英語で書かれたようだ。そのためか、翻訳本であっても、中国語小説とは違う感触がある。現実的な悲劇も、情緒的な衝撃も、一貫したトーンで綴られるこの温度感、レイ・ブラッドベリを思い出させる。
    母の持つ文化的背景と共に、母と心寄り添わせて生きること自体を拒絶した息子が母の言葉と再会する表題作をはじめ、本書に収められた短編はどれも、喪失と後悔、あるいは正義と虚しさ、といったものがテーマに据えられているように思う。正しいと感じる価値観に従って生きること。そのために振り捨てた何か、見て見ぬふりで置き去りにした何かが、いつの間にか自分の足元に落とし穴を作っている、そんな感じ。
    誰でも、自分は正しく生きていると思いたい。そうでなければ顔を上げて生きていけない、という人もいるかもしれない。けれど、向かい側に否定されるべき価値を据えなければ成り立たない「正しさ」というものは、“すべての人にとって正しい”ものには決してなりえない。否定される側は黙って、または淡々と狡猾に、もしくは投げやりに、絶望して、「正しさ」に飲み込まれていく。けれどそこには、折りたたんだ紙の中にしみ込んだ思いのように、飲み込まれながらもらしたつぶやきやため息が漂い残る。靄のように残るそれらの温度が、重たさが、作品を読んだ後にずんと存在感をもって胸に残る。

  • いずれも,作者が中国生まれであることをすごく意識させられる内容.搾取され,虐げられる後進国の悲劇,とでも言おうか.
    中国系の作者の本は初めて読むこともあって,経験したことのないトーンであると感じた.

  • ファンタジーの存在する世界のオリエンタリズム。
    行きつ戻りつしながら読みたくなってしまう。

  • 短編集。表題作を読んだ。
    内容は展開ありきに見え、どうにもお涙ちょうだいだが、「紙の動物園」の想像豊かで生き生きとした小説だからこその表現がとても暖かく、おもしろい。

  • 混血児の母子の触れ合いを描いた表題作を筆頭に、人種や文化の異なる環境下での個人のアイデンティティを問うた作品集と理解しました。それにファンタジーの要素をうまく織り交ぜているところに新鮮な趣があります。日本人作家だと宮内悠介氏の作風に近いかな。文庫版では単行本1冊の内容を2分冊したとのことですが、面白かったので残り半分も読んでみたいと思います。
    以下1編ずつ感想を。
    「紙の動物園」
    世界の有名どころの賞を総なめにした表題作。終盤、母親からの手紙の最後の1行が読後に深い余韻を残す。確かにうまいと思うけどやや地味な面も否めず、本書収録作の中では中ぐらいの出来という印象。
    「月へ」
    無駄な展開が一切ない、短編ミステリのお手本のような作品。物語の持つ意味について示唆しつつ、現実って所詮こうなのよ、というところに落とし込むニヒリズムが切ない。読んでいて一番面白かったのはこれ。
    「結縄」
    縄の結い方からこの発想が出てくるというのは凄い。
    「太平洋横断海底トンネル小史」
    俗にいう歴史改変SF。突飛なアイディアは面白いが、スケールの大きさを考えると短編でこれをやるのはもったいないと思った。
    「心智五行」
    バッドエンドの作品が並ぶ中で、本作は割と明るめのトーンなのが印象的。タイラとアーティの掛け合いが楽しい。筋立てはやや既視感がある。
    「愛のアルゴリズム」
    プログラマーでもある著者の経歴が存分に発揮された作品。「わたしたちがアルゴリズムに従っているだけだとしたら?」の一文にはどきりとさせられた。
    「文字占い師」
    本書の集大成のような作品。重いなあ。いくら何でもリリーが可哀想すぎる。

  • 本屋で絶賛されていたので購入。ただし私には合わなかった模様。
    どの話もメリーバッドエンドな気がする。
    読み手の考えに委ねられて終わる話が多い。
    心智五行、結縄は恩を仇で返していて、胸糞が悪くなった。
    利己的な考えの欧米人という姿なのだろうか。
    唯一、表題の「紙の動物園」は泣ける。親孝行したいときに、もう親はいない。

  • 著者の名前に親近感が湧いたので購入したのが、私の趣味にぴったりと一致したので嬉しい驚きとなりました。
    少しの不思議と強い郷愁、切なさに心を大きく振るわせられた表題作や、今現在の仕事との個人的なオーバーラップがあって興味深かった「月へ」などが非常に面白かったです。

全35件中 1 - 10件を表示

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)に関連する談話室の質問

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)を本棚に「積読」で登録しているひと

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)の作品紹介

第一短篇集である単行本『紙の動物園』から、母と息子の絆を描いて史上初のSF賞3冠に輝いた表題作など、7篇を収録した短篇集

ツイートする