海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)

  • 57人登録
  • 3.15評価
    • (1)
    • (6)
    • (16)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Diana Marcellas  関口 幸男 
  • 早川書房 (2003年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150203382

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アン・マキャフリ...
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で見つけた1冊。かつ初めての作家さん。話がなかなか進まない。魔女の資質で、治療師をしているけど人の考えが聞こえてくる。ただ、なんだかその気持ちがコロコロと変わるような気がする。サレイの事も結局は貴族で自分とは違うとコロッと変わってしまうし…そういう心の動きに若干戸惑いを感じる。あらすじにはロマンスとあるけど今のところ全くそんな気配はなくて、ラストの方でメルファランとの間にある微妙な空気を漂わせているけど、このままいくと不倫、愛人になるしな〜。全く先が読めない。そういう意味で続きが気になる。ただ、そこまで面白い訳でもないかな。

  • がっつりファンタジーというよりは、女性向けファンタジー恋愛小説という感じだったかも。ベッドシーンの描写が艶っぽくて好き。

  • 中世的な異世界ファンタジー。支配層アレマニ人による長い年月の魔女狩りで、最後の魔女になったかも知れないと思いながら海辺の洞窟に住み、孤独な暮らしをしていたブライアリー。まだ19歳の娘だが有能な治療師ぶりが良いですね。敵であるはずの領主の意外な理解を得るのですが…ロマンスありのファンタジー。

  • ロマンチックファンタジーが好きな人は絶対!面白いと思います。
    はじめはよくあるロマン小説かなぁ、と思ったのですが、さにあらず。シャーリアの魔女という、滅びたと言い伝えられる魔女の末裔である主人公の物語ですが、魔女の一族はなぜ滅んだのか?一族の末裔はもういないのか・・?など読みすすめていくほどにいろんな謎が明らかになり、ぐいぐい話に引き込まれていきます。
    特にファンタジー好き女性の方におすすめの一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)に関連する談話室の質問

海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)に関連するまとめ

海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)を本棚に「積読」で登録しているひと

海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)はこんな本です

海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)のマスマーケット

海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)のKindle版

海より生まれし娘〈上〉―シャーリアの魔女〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)の文庫

ツイートする