〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT)

  • 387人登録
  • 3.57評価
    • (26)
    • (51)
    • (93)
    • (4)
    • (0)
  • 55レビュー
制作 : 古沢 嘉通 
  • 早川書房 (2004年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (587ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150203573

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サラ ウォーター...
有川 浩
岸本 佐知子
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT)の感想・レビュー・書評

  • 服役中の新興宗教の教祖が信者の臨終の場に現れたという話を取材するために北イングランドを訪れたジャーナリストのアンドルー。
    彼を待っていた女性ケイトは、アンドルーにお互いの祖先が瞬間移動を得意とする奇術師でライバル同士だったと語る…。

    瞬間移動を得意とする奇術師で何となく感じる兄弟の気配、ときたらオチはあれだよなと思っていたらまさにその通りだった。
    幻想小説とはいうものの、ラストの1章以外は普通に2人の奇術師のライバルとしてのあれやこれやで、読みにくさや分かりにくさはなかった。
    事前に難解と聞いていたので構えて読んだけれど、肩透かしだったなぁ。
    このくらいの配分だったら大丈夫。
    逆にいえば普段馴染みのないジャンルでありながら驚きとか新鮮さを感じなかったのが残念。

  • なんとも評価に困る本。
    まず、序盤から中盤までが読みづらい。
    二人の奇術師の確執をそれぞれの手記で描いていくのだが、ここはそこまで面白くない。ただの伝記。
    しかし、少しずつ謎が見え隠れする後半から面白くなっていって、ちょっとぞっとするような結末を迎える。
    読み終えてからも、結局どこまで信じていいものかと、煙に包まれたような気持ちになる。
    終わり方は面白かったけど、人に勧めるほどでもないかも。

  • クリストファー・ノーラン監督。
    クリスチャン・ベール(バットマン・ビギンズ)、ヒュー・ジャックマン(X-MEN)主演。
    映画、『イリュージョンVS』ならぬ『プレステージ』の原作。

    どちらかといえば、ミステリーを求めるなら映画を、幻想を求めるなら小説をと言ったところ。

    原作は、世界幻想小説大賞を授賞しているので、純粋にミステリーやSFを求める読者には不向き。

    同作者の『魔法』が、SFのガジェットをラブストーリーとアーバンファンタジーで味付けし、各ジャンルを覆うほどの風呂敷の広げ方だったのに対し、
    こちらは同じくSFのガジェットを用いながら、ホラーあるいは怪談的な雰囲気と幻想小説にとどまっているので随分分かりやすい。

    だが、『語り』は『騙り』ならぬ『記述』は『奇術』の手法は健在で、読者が頭の中でストーリー及びその背景を構築することが求められる。
    本書の構成の妙は、それをも意図して書かれているのですごい。

    充分推測できるほどのリドルストーリーであるラストだが、そこに幻想小説としての極みが見える。

    映画とは大筋以外ストーリーは違っているが、映画版と共に、個人的歴代ベスト級。

  • 知らずに映画プレステージを先に見てしまった。$$これは原作。

  • やっと読み終わった…。

  • えーと。なんかややこしかったんですけど。
    19世紀末の二人の奇術師サイドの話と
    それぞれの子孫の話とで。

    本題と関係ない、
    テスラの理論の方が気になって、なんかノリが
    今一つでした・・・

    このラストはなかなか、いえ、かなり、インパクトありですが。
    もっと短くなりそうなもんだ。

  • 二人の奇術師の諍いがそれぞれの視点で
    残された記録をもとに子孫が検証していく
    という風に始まるが、
    ボーデンの記述に違和感を覚えながら
    エンジャの記述にも最後半に違和感を。
    そもそも我々が先に目にしたボーデンの記録とは?
    と思いながら小説の中の現実から
    不思議の世界に導かれていくのは、
    カチッとしたミステリーや、装置のSF仕掛けとは
    別に、不思議の世界に連れて行く幻想の要素を
    奇術師の記述の奇術、小説家の技術をおりまぜて
    読者をその世界に引きずり込む小説だと思う。
    ただし結末は、今となっては古ぼけた
    安っぽいホラーかな。

    奇術師が奇術のネタを隠し、明かすように見せて
    騙しのテクニックを用いているように
    小説の世界で事実と思っていたことを
    幻想の世界に入っていき、現実をとヒックリ返す
    奇術師の反発をモチーフとしながら
    小説面での騙しを用いた作品なのかな?

  • 1/18 読了。
    19世紀末ショービズ小説であり、エンタメ論小説であり、奇術師ライバルBL小説である、と言っていいでしょう。ボーデンとエンジャの手記が同じ一行で終わるのにやられたー、もえた。
    とはいえ、舞台の演者と客席の観客とのあいだには"魔法の黙秘契約"が結ばれている、と語るボーデンに肩入れしてしまう。ハッタリをどれだけうまく見せるかが肝であるマジシャンと、ハッタリはハッタリである(必ずタネがある)と知っていながら、ステージを観ているあいだはそのことを一度忘れる客、という共犯関係は、エンターテインメントの世界に共通のマナーである。"全部嘘である"ことを指摘すれば白けてしまうのは、小説というメディアでも同じことで、作者と読者は暗黙の了解のうちに契約を結んでいるのだし、"騙される"ということに快感をおぼえない人はそもそもエンタメを見るのに向かないのだ。
    しかし、ここが微妙なところであるのだが、エンジャとボーデンの出逢いは、心霊術の交霊会である。交霊会は舞台以上に観客が進んで嘘を受け入れるような場であるのと同時に、"タネはない"と信じたい、という強い気持ちの働く場である。交霊会はエンタメではなく、宗教なのだ。ボーデンはエンタメのルールで宗教の場を壊してしまった。ふたつは密接に関わりあっているけれども、明確に分けられていなければならなかった。
    ボーデンとエンジャは互いに別の方法で同じ奇術を追求した結果、同じようにアイデンティティを喪失していく。自分だけの名声(現在におけるPrestige[原題]の意味)を得るために、観客を幻惑(元々のPrestigeの意味)し、自分自身までをも騙してしまう。呪われたエンターテイナーたちの運命は、きっといつの世も変わらない。

  • クォリティ高いなぁ。やりすぎると破綻しかねへんけど全てがその手前。

  • 不思議なことに日記調の書き方をされると、どうにも先が気になって仕方なくなる不思議。しかしなんか深すぎて実際にこの本の神髄をどこまで理解できたかは不明。ただ独特のストーリーにどっぷり漬かったのは確かで、まぁ概ね面白かったのかなーっと、一般人的に言ってみる。

  • 二人の奇術師の奇術対決という紹介が何かでされていて、
    かねてより興味があった作品。

    結論から言えば読みきってよかった。
    “読んで”ではなく“読みきって”というのは、他の方もレビューしているように、
    中盤まで全然面白くなく、読んでて非常に苦痛だったから。
    何度文庫を上から眺め、まだここまでしか進んでないのかーと思ったことか(笑)。

    このまま退屈なミステリーで終わってしまうのかと思いきや、中盤以降、
    かのニコラ・テスラが出てきた辺りから一気にSFに。
    俄然面白くなってきた。

    “瞬間移動”がまさかそんな方法で実演されるなんて・・・
    その代償は・・・

    ブルブル・・SFというよりホラーかな。


    轟雷!
    違うか(笑)。

  • 最後の数ページが鳥肌立つくらい怖すぎてSFからホラーにジャンル変更。読みながらずっと引っかかってた、金貨は増やせるのに…ってこと。プリーストは読後すぐ読み返したくなる稀有な作家です。

  •  ヴィクトリア朝ロンドンで、ふたりの奇術師が偶然のできごとからライヴァルとなり、名声を競い合う話。どちらも得意の演目は“瞬間移動”で、互いの技を賞賛し妬みながら、そのタネを見破れないでいます。
     小説も手品も騙りの魔術だということですね。やっぱりイギリス小説って、地の文でいかに嘘をつくかなのだなぁと思います。

  • あまり惑わされなかった...。
    ミステリーの面白さよりも2人の奇術師の偏執狂気味な奇術へのこだわりとか、意外と小心者で悪者になりきれないところとか、そういうところが面白かったかなと思います。
    19世紀末という時代背景も良いです。
    まだ科学も魔法も奇術も境界線が曖昧で混沌としていた頃。
    現実からの飛躍があっさりと許される雰囲気があります。

  • 現実と幻想(妄想)が曖昧になってゆくことへの説明不能な恐怖感にゾッとする。
    物語終盤になるにつれてホラー感が募っていく。
    でも怖いというより不気味。

    物語全体に英国独特の陰湿な不気味さを感じる。

    改めて考えてみると、
    確かに「幻想」っていうのはよく分からないものとして扱われていて、人間には処理力困難で未知なものなのだろうな。

    …実は以前断念した本。
    やっぱり読みづらいけど、ハマると意外と夢中になって読めた。

  • うーん、んー?が全体の感想


    最初読むのがつらいが昔話になると面白い。男の嫉妬は醜い

    テスラの装置が鍵だが、SFというより、科学技術の間違った解釈による話にしか読めないので、唸るしかない

    ラストはあっさりしているので、さほど怖くない

    降霊式が出てくるので雰囲気がある。降霊式って奇術師のバイトかー、とどうでもいいことで目から鱗

  • 最後だけ怖いっていうのは勘弁してほしい。

  • こんなに面白い本が図書館で開架されずに、
    書庫に埋もれているなんて。
    グイグイ惹きつけられて、むさぼるように読んだ。
    読者を、徐々に深みへと迷い込ませるプロットは心地よい。
    まさに幻想文学。

    1996 年 世界幻想文学大賞長編部門受賞作品。

  • 私は語る言葉が無いです。、面白さに圧倒されました!

  • 新聞記者のアンドルーは、彼を呼び寄せたケイトと名乗る女性から、双子の存在を尋ねられる。
    そして、お互いの祖先はそれぞれに“瞬間移動”を得意演目としていたライバルの奇術師であったことを聞かされる。
    二人の奇術師が残した手記によって、衝撃の事実が明らかとなる―。

    物語の大半は、二人の奇術師・ボーデンとエンジャの手記を中心に構成されている。
    奇術“瞬間移動”の秘密を探り合った二人の確執が延々とつづられており、てっきり瞬間移動のトリックが軸となるミステリだと思って読み進めたところ…ラストに驚愕した。

    これ、SFファンタジーなのですね。あーびっくりした。

    でも、すごく面白かった!
    作者の超絶技巧な目くらましに、みごとに騙される快感がたまらない。
    こんな、読者を煙にまくような奇想、どこで思いつくのか。

    改竄によって真実を曲げられているボーデンの手記と、真実を隠しているエンジャの日記。
    結局、真実は何だったのだろう…と読後に余韻が残りまくる。
    濃密なデザートを食べた感じ。癖になりますね、この作者。

  • 推理物と思わせて、結局、最後はファンタジー。
    二人の人物をそれぞれ、また周囲の人物を通して、別の章立てで書いてあるので
    とにかく長いしだらける。
    この人の作品は初見なので、いちおう最後まで読んだが、
    私には合わないと思いました。

  • すごく良いのに、最後はナシだよ〜

  • 映画で見た事があるけど 随分省略してたので
    初めは気が付かなかった程。
    不思議なエンディングで ???

  • 映画よりも原作の方が大分「装置」寄りか、という印象。
    映画のモヤモヤが原作で晴れるかというとそうでもなかった。
    7.0

  • 長編だから仕方ないのかも知れないけど、レディとの出会いと手記まで読んで、興味がまったく湧かなくて読み止めた。

    けどレビューがいいから、また今度チャレンジするか……

全55件中 1 - 25件を表示

〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT)に関連する談話室の質問

〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT)の作品紹介

北イングランドに赴いたジャーナリストのアンドルーは、彼を呼び寄せた女性ケイトから思いがけない話を聞かされる。おたがいの祖先は、それぞれに"瞬間移動"を得意演目としていた、二十世紀初頭の天才奇術師。そして、生涯ライバル関係にあった二人の確執は子孫のアンドルーにまで影響を与えているというのだが…!?二人の奇術師がのこした手記によって、衝撃の事実が明らかとなる!世界幻想文学大賞受賞の幻想巨篇。

ツイートする