あたしをとらえた光 (ハヤカワ文庫 FT ラ 3-2)

  • 74人登録
  • 3.73評価
    • (9)
    • (9)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : 結布  大谷 真弓 
  • 早川書房 (2008年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150204839

あたしをとらえた光 (ハヤカワ文庫 FT ラ 3-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この人の大人の書き方も、ハリー・ポッターシリーズと同じく、ものすごく誠実だなと思います。
    尊敬できるということは、完璧であるということではない。
    完璧でないからといって、信用ではないわけではない。

    今回、死がすぐ後ろまで追いついてきている感じがすごいです。
    この先、何らかの救いを見せてくれるとは思うのですが、どこまで救えるのかというと、たぶん、全部は無理だと思う。

    さて。

  •  第2巻。3人の間には友情のようなものが芽生えている。お互い影響し合ってものの考え方や感じ方が変わってきている。謎だったことも、だんだん明らかにされてきている。知れば知るほど、「魔法」をもって生まれてきた人には過酷な選択がつきつけられているんだなぁとわかる。よくこんな設定考えたな。死の恐怖から、他人や、場合によっては身内から魔法を奪って生きながらえるとは。
     2巻目まで読んで、残りあと1巻。ここまで来て続きを読まずにはいられないが、この話、救いはあるんだろうか。リーズン、トム、J.T 、エズメラルダそれぞれに望みある将来が用意されてるといいな。

    作中時折でてくるアメリカとオーストラリアの「異文化交流」がなかなか面白い。思春期の少年少女だけに互いの違いを受け入れられず「変」などといってけなしてしまうのもなんだか納得。同じ英語を話していても、やっぱりかなり違うんだなと。

  • すごくすごくすごーく面白かったんだけれど、一点。まだ子供と言ってもいいような状態のリーズンとダニーがセックスしてしまったのはちょっと悲しかったかなー!
    サラフィナもエズメラルダもそんくらいで子どもが出来てるし、早死にの家計だからしょうがないけどさー!
    でも、魔法の見え方が一人一人違っているとか、苦悩するエズメラルダとか、すっごく面白かった。すぐに続刊読む。
    J・Tが長生きできますように。どうか。
    タイトルのせいで敬遠する人たくさんいそうだなと思った。面白いけれど、軽すぎてこの内容にはあんまり合わない。

  • 【あらすじ】
    母さんの教えは嘘だった――魔法は存在するし、あたしにも遺伝している。

    魔法の扉を抜けたあたしは、NYで家出少女J・Tと友達になった。祖父と名乗る男に魔法を奪われそうになって逃げ出し、悪い魔女だったはずの祖母エズメラルダと隣人トムに助けられた。そして知った。魔法をもつ者は他人の力を奪って使い続けるか、さもなくば正気を失う運命にあると。そこへ扉の向こうから何かが襲ってきた! 三部作、怒濤の第2巻。

    【感想】

  • 3部作の2作目。
    スローテンポだけど退屈しない。次で完結、ちょっと楽しみ。

  • -

  • 魔法を根こそぎ奪おうとした祖父ジェイソンの魔の手からのがれ、友だちのJ.Tやトムと一緒に祖母ミアの元、魔法の知識を得ることになったリーズン。そんな中、祖母の家にある魔法の扉を、強い魔力を秘めた得体のしれない何かが攻撃し…。
    魔法を使って命をすり減らすか、使わずに正気を失うか…。魔法とは無縁の生活を送ってきたリーズンにいきなりつきつけられたのは、残酷な現実でした。リーズンたちに残された時間はあとわずか、ぶじ生き延びることができるのでしょうか。三部作第2弾。

  •  Magic or Madnessシリーズ第2弾。
    「あたしと魔女の扉」の続き。

     ふむ。全3部作の中間だけあって急展開だけど、なんかこう設定を表に出すので精一杯の感がある。ちょっと慌しい。
     全4部にしてのんびり書いて欲しいような、イキオイがあってよかったのかは少し悩みどころ。でもこの著者ならこれがいいのかなぁ。

  • 基本的には前作と同じく扉のこっち(シドニー)とあっち(ニューヨーク)で交互に語られる話。今作では魔法が尽きて死にかかってしまったり、リーズンがあーんなことになってしまったりと、3部作の中巻なわりには結構急展開。…てゆーか章のタイトルを見ればわかってしまうんだけど、すごい展開。まあ、「魔法」の設定を考えればあり得ない話ではないのだけれど。
    とにかく。リーズンは魔法を使わなくても狂気に墜ちず、かといって魔法を使っても早死にしない方法を模索する。次巻でそれは果たされるのか…?楽しみ。

  • 三部作、第2巻。
    この巻ではリーズン、トム、JTそれぞれの恋愛も出てきてますます目が離せません。「魔法」の正体にも少しずつ近づいている感じ。
    次で完結だけど、どういう結末になるのか楽しみです。

全13件中 1 - 10件を表示

ジャスティーン・ラーバレスティアの作品

あたしをとらえた光 (ハヤカワ文庫 FT ラ 3-2)に関連する談話室の質問

あたしをとらえた光 (ハヤカワ文庫 FT ラ 3-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする