クリスタルの反乱―グイン・サーガ(13) (ハヤカワ文庫JA)

  • 225人登録
  • 3.48評価
    • (13)
    • (14)
    • (53)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 栗本薫
  • 早川書房 (1983年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150301682

クリスタルの反乱―グイン・サーガ(13) (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あの方の亡霊が暗躍してたり、
    あの二人が別離を決意したり、
    あの謎のヒントがチラ見したり、

    一言で言うと、めっちゃ先が気になる。
    わくわくが止まらない!!

  • 再読。
    カースロンは無粋な男だけれど、真面目な普通の男だったのですね。ああいう最期で少しカースロンに同情しました。ナリス様にとってはそれも計画通り、予想通りだったのかもしれませんが…。
    カラヴィアのラン、そういえば学生達もいましたねぇ。すっかり忘れていたました。久々の再読だとほぼ“あらすじ”しか覚えていないものですねぇ^^;

  • 今回は、前巻でもレムスのもとに報せが届けられた、アルド・ナリスの蜂起とクリスタル奪還の話です。

    主として、アルド・ナリスとリギアの策謀に踊らされ、タイラン長官を裏切ってパロに奔ろうとするカースロンの視点から、物語が描かれています。

    忘れられた主役のグインもそうですが、それ以上にモンゴールへの密書を手にしたイシュトヴァーンのことが気にかかります。それにしても、カースロンが不憫です。

  • ナリスに籠絡されたカースロン視点から始まり、アムブラを中心とするクリスタル学生街の反乱を描く。
    カラヴィアのラン、そしてリギアを救うようにアルカンドロス広場に現れたのは銀色に輝く甲冑を身に纏ったアルド・ナリスだった。
    カースロンはついにタイランへの謀反を決行するが……。
    ナリスが学生たちと初めてまみえ、クリスタル奪還を達成する。しかし、義勇兵を募ってもその兵力がモンゴールに及ばないのは明白。権謀術数を操る闇の王子としての本領発揮である。

  • いよいよパロの民衆が立ち上がり、クリスタル奪還の大きな動きが湧き上がります。そしてこの自発的な動きの背景にも策士アルド・ナリスの影が。そして、ついに、死んだはずのアルド・ナリスが「民衆の前に現れ、モンゴールの勢力を圧倒します。ついにクリスタル奪還。しかし、これは第二黒竜戦役のスタートでしかありませんでした。各地で立つ旧パロ軍、草原からパロを目指すレムス軍やスカール軍、沿海州の連合軍、そしてクリスタルのアルド・ナリス、勢いを増すパロ勢力に対し、モンゴールも体制を立て直し反撃に出ます。パロの独立は回復されるのか?

  • 2013/07/02

  • カースロンが気の毒。

  • ついにクリスタル・パレス奪還!ナリス様復活です。カースロンが想像した以上に気の毒な結末で…。リギアさんが泣いてくれたのは驚きましたが、少し嬉しかったです。スカールとベックの二人の太子はまだ雪山行軍中。頑張って…!!それにしてもナリス様が生きてクリスタル・パレスを取り戻したことをアムネリスが知ったらどんな反応するのか。怖いなあ(満面の笑み)。次回のタイトルは「復讐の女神」ですか…。これは誰のことなんでしょうか??リンダ?それともアムネリス…?学生さんたちの今後も気になります。

  • パロ奪還。
    グインやはり出ず。
    魔法とかあったんだこの世界。

  • カースロンかわいそう~。
    涙したリギアは女をあげたね。
    ナリスたちにだまされてたことには気づかず逝ったのが、せめてもの慰め。

全12件中 1 - 10件を表示

栗本薫の作品

クリスタルの反乱―グイン・サーガ(13) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリスタルの反乱―グイン・サーガ(13) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

クリスタルの反乱―グイン・サーガ(13) (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする