星の船、風の翼―グイン・サーガ外伝(8) (ハヤカワ文庫JA)

  • 177人登録
  • 3.41評価
    • (9)
    • (6)
    • (40)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 栗本薫
  • 早川書房 (1990年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150303167

星の船、風の翼―グイン・サーガ外伝(8) (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナリス、チート級の活躍。この人の、完璧主義というかプライド高いとこが好き。ディーンの旅立ちに関しては、ディーンの勇気、ナリスの挫折、二人のことをほんとにわかってるリギアと、3人の見るべきところがバランス良く描かれていてよかった。

  • ナリス18歳、ディーン17歳、ういういしいばかりの二人です。本編とは違う楽しみかたが出来て、外伝っていいですね。

全2件中 1 - 2件を表示

星の船、風の翼―グイン・サーガ外伝(8) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星の船、風の翼―グイン・サーガ外伝(8) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

星の船、風の翼―グイン・サーガ外伝(8) (ハヤカワ文庫JA)の作品紹介

後にはクリスタル公としてパロ宮廷にその人ありとうたわれ、パロ・モンゴール戦役のおりには救国の英雄として名を馳せたアルド・ナリス。しかし、彼がクリスタル公となるにいたる経緯は、けして平穏なものではなかった。複雑な宮廷事情のために、幼い頃から両親に養育される幸せをしらず、異母弟のアル・ディーンとともにルナン候の庇護のもと、冷遇に耐える日々。そして、ついにクリスタル公となったナリスを待ちうけていたのは、彼の前半生最大の悲劇だったのだ。若きアルド・ナリス、アル・ディーン兄弟ふたりの波乱に満ちた日々を描く。

星の船、風の翼―グイン・サーガ外伝(8) (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする