闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46) (ハヤカワ文庫JA)

  • 187人登録
  • 3.21評価
    • (5)
    • (4)
    • (46)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 栗本薫
  • 早川書房 (1994年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150304102

闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46) (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

  • グイン・サーガの読み残し46巻
    ユラニアに進軍したイシュトバーンのアルセイス駐留日記のような一巻だったが、アリストートスの陰険な陰謀が、イシュトバーンへの偏愛とあいまって物凄い展開に。
    紅の傭兵として世界中を股にかけて冒険行を繰り広げたイシュトの実は純真な内面を、再びアリが踏みにじる。
    47巻での展開の裏に、こんな陰謀が隠されていたとは・・・。

  •  2007年3月3日再読

全2件中 1 - 2件を表示

闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46) (ハヤカワ文庫JA)の作品紹介

第二次ユラニア戦役もついに終結に向かおうとしていた。グインを失ったケイロニア軍がアルセイスを去り、引き続きクムもモンゴールもこの地をあとにしようとしていた。そんな慌ただしい時期にもイシュトヴァーンだけは、彼のすさんだ心を慰めてくれたリーロ少年を、弟分としてトーラスに連れ戻ることができないかと悩んでいたのだが…少年の身の上に眼を光せら、機会をうかがっていたアリは一つの計画を実行に移した。

闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46) (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする