小説ワンダフルライフ (ハヤカワ文庫JA)

  • 251人登録
  • 3.76評価
    • (39)
    • (37)
    • (64)
    • (5)
    • (0)
  • 47レビュー
著者 : 是枝裕和
  • 早川書房 (1999年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150306113

小説ワンダフルライフ (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

  • 絵本のような語り口が夢の中のような世界と相まって私を知らない所へ誘うようでした。

  • 映画のワンダフルライフは知りません。でも映像にした方が美しいかも。私の想像力ではダメです。自分の一生を振り返る。思い出深い出来事とはなんだろうと考えてしまいました。

  • 大学に入りたてだった頃にやってたワンダフルライフ、映画館に行く行動力はなかったけど小説は迷わずに手に取った。いつ読んでも自分に置き換えてしまうテーマ、毎回違った気持ちが湧き出てきます。

  • 図書館で借りた。
    映画を小説にしたモノ。
    登場人物が多くて
    誰が主人公なのか?分かりにくかった。

  • 映画はたまたま部分的に見ちゃったから、ちゃんと見たことない。
    でもずっと気になっていて。
    早く続きが読みたくて、急いで読んじゃったのだけど、良かった…。
    映画もちゃんと見て、もう一回熟読して、ちゃんと言葉にしたい!

  • 映画のノベライズではない、とあとがきにはあるが、まあそうかな。映画を見たあとで読んだので、登場人物の心情が明確にされて、あ〜そうだったんか、と。
    ですます調なのが新鮮。宮沢賢治を思い出した。

  • 映画が好きなので、小説も読んだ。
    それぞれの人がいるということ。
    とても優しいと思った。

    それから、話が切り替わるページが好き、

    月曜日 Reception 歓迎

    火曜日 Remembering 想起

    月曜日 Refrain 反復

    など。

  • 古本屋で偶然発見。映画も未鑑賞。
    最初は、ですます調で躊躇った。けど、読みながら、この本はこの文体じゃなきゃダメなんだと気づいた。普通の文体だと、ただの現代のSFみたいになっちゃう。ですます調だからこそ出る「死の世界」の、ありそうで、なさそうな雰囲気(?)を感じた。

    『彼らは生きてはいるが、決して現在を生きているわけではない。生きながら「思い出」という過去を生き始めているのだ』

  • 2013.5.28読了。

    祝•是枝監督!ってことで、再読。
    この映画とこの本で、私は是枝監督のファンになりました。
    何度読み返しても、望月くんの選択に涙が出る。
    私はどの思い出を選ぶんだろう。

  • 何度読んでも最後で泣ける。様々なエピソードで映画とは異なる。映画がドキュメンタリーな感じだったが,こちらは感情の起伏がわかる。何度でも読み返したい。

  • だいぶ前に読んだ、面白かったことしか覚えてないから読み返してみたい

  • 映画を観て本を読んで、だいぶ経ってから去年また映画を観た。
    前は、自分だったら何にするかな、決められないな、そこに居たい記憶はないな、と思ってた。
    …今もないなー。

    で、去年映画を観たときに、天国はパラレルがいいなぁと思う自分の考えのルーツはここだったのかもしれないと思い至った。
    輪廻したい人と極楽に行きたい人と天国で審判を待ちたい人が愛し合っていたら、みんな善人で一緒に居たくてもバラッバラになってしまう。
    あの人のいない極楽は極楽じゃないし、天国でまで嫌いな善人とご一緒したくない。
    だったら私はあの人がいる私の世界を輪廻して、あの人は私のいる地獄で遊べるような、同時並行の黄泉がいい。

    てなことを考えていたから、それぞれの居たい場所を作るこの話はとても優しく感じられた。
    自分だけの世界に引きこもる閉じた幸せではあるけれど、閉じた世界同士は影響を受けて与えてできている。

  • 映画は見てない。
    後半は泣きながら読んだ。
    群像劇っぽいのだけれど、それぞれの登場人物の思いが切ない。

  • 納得いかないところがちらほらと。うーむ

  • 是枝裕和著『小説ワンダフルライフ』は
    同名の映画を監督自ら小説に昇華させた作品です。
    死者が天国の入り口で一週間、人生最良の思い出を選択し
    再現された思い出に触れて一生を振り返るという作品です。

    この作品の最後は希望に溢れたものでした。
    忘れてしまっていた想いは、とても美しいものでした。
    きっと僕自身にも忘れてしまった大切な思い出があって
    そういうのはこれからもっと増えていくんだと思います。
    忘れたくない、忘れられたくない、
    僕は、今、死んだら、どんな思い出を選ぶんだろうとか
    本気で考えたりしてしまいました。
    一週間で選べるもんですかね。。。

    僕はまだ死ねないけれど
    皆の笑い声が幸せな葬送歌となっていつか送られる日が来ることを
    願ってやまないです。

  • 筆者曰く、「映画の原作」ではないのだそうです。映画では語られていない話や、映像だけでは伝わってこない、登場人物の気持ちの動きがよくわかる一冊です。映画版をご覧になった方は一読されることをお勧めします!

  • 高校の親友に勧められて読んだ本。一番のお気に入り。
    時間がとってもゆっくりと穏やかに温かく流れている一冊。
    今にして思えば、「時間」「語り」「回想」「死」…と
    あたしの研究テーマの原点かも!?

  • 映画のノベライズ。映画も見てみたい。

  • 望月の決断が、切ない。

  • 人は死んだらどこにいくのか。「自分の人生で一番の思い出だけを持って、アチラの世界に行くことができる」として、死者達は1週間の時間の中で思い出を選び、それを再現するため短編映画をスタッフと共に制作する。思い出が鮮やかに蘇った瞬間…。不思議な世界観でした。

  • あの世とこの世の間の世界が舞台。
    死後に選択する、整然の最良の瞬間。
    読み進むうちに何度も、今死んだら何を選ぶか悩まされる。
    今は正直選べないかな。
    確か学生の頃読んだときは、何かひとつあっさり選べ多気がするけれど。
    映画ともあわせて名作。

    BCID:252-7539989
    http://www.BookCrossing.com/252-7539989

  • 先に映像があるから仕方ないってのはあるんだろうけど、映像を説明しているだけのような退屈な本でした。
    けど映画は観てみたいな。

  • 人生の中から、1つだけ思い出を選んでください。

    そう言われたら、あなたはいつの、どんな思い出を選びますか?

    私自身に、つい問いかけてしまったものでした。
    そして、後々自分が人生を振り返ったとき、どんなことを思うのか考えさせられた作品です。

    この作品は映画化されているので、映画もかなりおすすめです☆

    優しい音楽と、出演者たちの想いが伝わってくる作品です。

  • 小説は泣けるんだけど映画は失敗だな。

全47件中 1 - 25件を表示

小説ワンダフルライフ (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする