豹頭将軍の帰還―グイン・サーガ(68) (ハヤカワ文庫JA)

  • 183人登録
  • 3.29評価
    • (5)
    • (8)
    • (45)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 栗本薫
  • 早川書房 (1999年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150306281

豹頭将軍の帰還―グイン・サーガ(68) (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっと本編に帰ってきた。相変わらずシルヴィアの言動には頭を抱えるものだけれども、全く気持ちが分からないわけじゃない。四面楚歌の中多少は肩を持ってあげたい(かも)。おめおめと生き恥晒すのが恥ずかしいだろうが、ここは皇女たるもの毅然とせねばならないのが解ってない子供なのだなあ。イシュトのほうはまた一波乱迎える様子。カメロンは庇いきれるのか?

  • グインも恋するんですね。
    なんか似つかわしくない気が・・・。
    ケイロニアの首脳部は守護神グインの帰還に大喜び
    一方でイシュトバーンはますます残忍さを表に出してくる。
    後書きを見るとなんと5年間24巻ぶりの主人公の帰還ということにも、誰のサーガなのかという展開振り。
    しかし主人公があるべき場所に戻ってきた1999年の作品。
    あと7年分を読み進めなければ。

全2件中 1 - 2件を表示

栗本薫の作品

豹頭将軍の帰還―グイン・サーガ(68) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

豹頭将軍の帰還―グイン・サーガ(68) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

豹頭将軍の帰還―グイン・サーガ(68) (ハヤカワ文庫JA)の作品紹介

イシュトヴァーンに、トーラスから出頭を求める使者がきた。彼の過去の行為が謀反にあたるとして告発されたというのだ。イシュトヴァーンは急遽トーラス行きを決定する。一方、歓呼の嵐のなかサイロン入りしたグインたちは、皇帝アキレウスと再会を果たし、シルヴィア、オクタヴィアの二人の皇女は皇帝のもとに迎え入れられる。さらに皇帝は、かねての約束どおり、グインを大元帥に任命、ケイロニア王の称号をも授けた。

豹頭将軍の帰還―グイン・サーガ(68) (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする