嵐の獅子たち―グイン・サーガ(83) (ハヤカワ文庫JA)

  • 182人登録
  • 3.20評価
    • (3)
    • (7)
    • (50)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 栗本薫
  • 早川書房 (2002年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150306892

嵐の獅子たち―グイン・サーガ(83) (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あら、意外とイシュトって自分の置かれた状況をわかっていたのね。だからって味方する気にはなれないけど。イシュトにも増して腹立たしいのがスカールね!あれじゃまるでワガママやりたい放題のボンボン息子じゃないか。仮にもかつて王太子だったというのに全然その自覚も責任感も無いのがイラつくわ~。ヴァレさん、もっと言ってやってー!

  • グインサーガ83巻
    魔都クリスタルパレスを古代機械を使って脱出したグインは、ケイロニアの最強軍団とともに、リンダを連れてマルガヘ向かう。
    そしてもうひとつの軍団、ゴーラのイシュトバーンは無謀にもパロ内部へと誘われていく。
    マルガはこのイシュトの軍団にどう対応するのかと、思い巡らしながら先に読み進むと、なんとここで草原のスカールまで登場した。
    話の展開に詰まってしまいこれからどうするといった矢先に、まさかのスカールが、イシュトにあだ討ちを仕掛けるとは。
    しかもめっぽう強いスカールとの一騎打ちに敗色濃くなったイシュトバーンが決死のダイブで逃げ出し、その後出奔してしまおうかという勢いに、さすがSFのご都合ストーリーに走っているなと、率直な感想。
    しかしその後に現れた、淫魔ユリウス、引き続きヤンダル・ゾックまでがイシュトに絡み、大切な主人公の一人をそう簡単には手放さないぞという作者の意気込みと、これからの展開への大きな転機を感じた。

  •  2002年2月19日購入

     2002年3月6日読了

  • グインサーガ83巻です。イシュトヴァーンがずっと出てます。あと、久々登場のアルゴスの黒太子スカールが。元気そうです。っていうか、栗本薫はじゃんじゃん殺しちゃいますから、安心できません。

全4件中 1 - 4件を表示

栗本薫の作品

嵐の獅子たち―グイン・サーガ(83) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

嵐の獅子たち―グイン・サーガ(83) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

嵐の獅子たち―グイン・サーガ(83) (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする