西城秀樹のおかげです (ハヤカワ文庫 JA)

  • 353人登録
  • 3.62評価
    • (40)
    • (38)
    • (81)
    • (7)
    • (3)
  • 63レビュー
著者 : 森奈津子
  • 早川書房 (2004年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150307721

西城秀樹のおかげです (ハヤカワ文庫 JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相変わらず、森奈津子さんの小説はぶっ飛んでいる!
    バナナワニ園のバナナにするか? ワニにするか? の選択肢の結末に笑った。
    百合百合してます。

  • SF短篇集。
    さすが森奈津子だ,SFからSMまで抜かりがない。

  • このくだらなさは癖になる

  • 久しぶりに声を上げて笑ってしまった作品(集)
    どれも展開が斜め上すぎます。
    気になったら是非ご一読を 後生ですから。

  • 人類の終焉というのは、SFの主要なテーマのひとつである。J.G.バラードの終末三部作、ネビル・シュート「渚にて」、小松左京「復活の日々」、ヴォネガット「猫のゆりかご」など数多くの終焉が描かれてきた。
    そしてそれらの作品では、生き残った人々の孤独や生きるための努力が物語を作る。マシスンの「地球最後の男」や「トリフィドの日々」、ゾンビものだが、最近の海外ドラマ「ウォーキング・デッド」なんかもそう。
    SF作家のBWオールディスは、こうした世界の終末後、生き残った人々が比較的快適に生活する小説を「心地よい終末」(cozy catastrophe)と呼んだ。
    この表題作は、世界の終末後、生き残った人の快適な暮らしを描いたまさに「心地よい終末」小説である
    ……などとSF論はどーでもよい馬鹿SF。これだけくだらない人類の終焉はない!

    他の作品も、レズビアンでSMでコメディなSFばかり。
    マゾでレズなセクサロイドやマゾでレズなクローン人間やマゾでレズな作家やマゾでレズな女子中学生などが出てくる馬鹿SFばかり。

    フェミニズム、ジェンダー論は、性を飛び越えることが可能なファンタジーとしてSFの主要なテーマで…、というジェンダーSF論もやっぱりどーでもよい、作家の趣味、妄想全開なだけ。だから、縄での緊縛シーンが妙にリアル。

    ただ、ちょっとラブコメすぎるのがどーも苦手。もっと普通にこの馬鹿っぽさを書いてもられえるともっと楽しめたに。

  • レズもののラブコメ。
    めちゃくちゃエロいけど、会話がくだらなすぎて爆笑。
    電車の中でニヤケが止まらず困った。

  • ギャグエロSF。
    登場人物も基本的に明るくて、安心して読める。
    コメディだと思って読み進めてるとたまに本当にエロいところもあってびっくりする。

  • 相変わらずおもしろくてあっという間に読める。とくに『地球娘による地球外クッキング』は著者のSF愛とギャグセンスにレズビアン要素を振りまぶした絶妙なバランスで、楽しい。あとは作者自身をネタにした『天国発ゴミ箱行き』も好き。作品によって過度な性描写があるので、読む人を選ぶのも相変わらず。ただ、作品によってはアイディア一発勝負で、展開とか落ちが単調になりがちなのもあるのがちょっと残念なところ。それでも店舗とギャグの感性が私にマッチしているのでよいのだ。

  • SFオナニーアナルスカトロSM百合レズドラッグクイーンセクサロイドお笑いナンセンスギャグと、異性愛以外ならなんでもアリのテンコリモリ。
    YMCAの隠された意味には吹いた。独特の文章も癖になる。

  • 2回目

全63件中 1 - 10件を表示

西城秀樹のおかげです (ハヤカワ文庫 JA)のその他の作品

森奈津子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮部 みゆき
東野 圭吾
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

西城秀樹のおかげです (ハヤカワ文庫 JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

西城秀樹のおかげです (ハヤカワ文庫 JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

西城秀樹のおかげです (ハヤカワ文庫 JA)の作品紹介

「ありがとう、秀樹!わたくしとお姉様は、あなたのことを決して忘れませんわ」-謎のウイルスにより人類が死滅した世界で、ひとりの百合少女の野望を謳いあげる表題作、前代未聞のファーストコンタクト「地球娘による地球外クッキング」、1979年を舞台にした不条理青春グラフィティ「エロチカ79」ほか、悩める人類に大いなる福音を授ける、愛と笑いとエロスの全8篇。日本SF大賞ノミネートの代表作、待望の文庫化。

ツイートする