膚の下 (下)

  • 276人登録
  • 4.39評価
    • (66)
    • (19)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 神林長平
  • 早川書房 (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (629ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150308827

膚の下 (下)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <火星三部作>通し再読2。膚の下の下巻。火星三部作のまさに“聖書”にあたる部分。上下合わせて1200ページというスケールにも全く無駄な文章など感じない…。再読でも涙と深呼吸なしには読めなかった。創造・自立・成長・意識云々、感想は山程浮かんできても結局「われらはおまえたちを創った おまえたちはなにを創るのか」という文章に全てが詰まっているんだな…と。物語の世界に完全に浸った。さて、次は時系列順に<帝王の殻>へ。

  • 慧慈と慧琳、ジェイ、ケイ、エム、エル、各々の個性がハッキリと出てくるのを見守りながら、人間とアートルーパーの違いってなんだろうと感じ、後半は泣いてしまった。
    そもそも、人間もアートルーパーもサンクも、一つ一つの個体でしかない。


    こんなに登場人物の"生"を感じる作品に出会えたのが初めてで、衝撃を受けた。


    まだまだ自分の知らない名作が世の中にはあるのだなぁ。
    素晴らしかったです。

  • これを読み終わった後、『あなたの魂に安らぎあれ』を読めば永遠に楽しめるに違いない。

  • 上下巻、計1200ページの大作。しかも、3部作の第1部『あなたの魂に安らぎあれ』から、足掛け20年に及ぶ1大巨編の完結だ。本作にSFとしての欠点や矛盾をあげつらえばいくらでもあるだろう。しかし、それらを補って余りあるスケール感と圧倒的なまでの感動を伝えるのがこの作品だ。エピローグが素晴らしい。福音書の最期を飾るにふさわしいものだ。理想が実現した後にやってくるのは、満足感ではなく哀しみだった。「選ばれし者の恍惚と不安と二つ我にあり」―慧慈はまさに召命されたのだ。それは誰にだったのだろうか。神林の最高傑作。

  • 再読すると脇役の人に目がいくなあ。ドクターは達観してるな。そしてマギラ少佐はいい人だ~。生きることに執着のある人は格好いいなあ。 慧慈のためにあえて厳しくしているけど、本当は一番の理解者であり、一番愛してる。父親という役割を見事に果たしてる。慧慈は親孝行できたんだ。 本にはないけれど、アートルーパーの計画が軌道に乗ったころに、慧慈とゆっくり話ができたらいいのにな…と思う

  • 上下巻の下巻、神林長平作品の中で最も優しくて、エゴイスティックに満ちた作品かもしれません。
    ただものを作るエゴとその悪魔的な魅力については一見の価値があるんじゃないかなと、
    墓場まで持って行きたい本の一冊です。

  • 借本。
    一気読み。
    もぅ、最後の一行にやられた。
    ロマンチックすぎる!
    さて、また「あなたの魂に安らぎあれ」から読むとしよう。

  • われ奇跡を見たり、 慧慈理論は真なり!
    膚の下を読んで、あなたま読んで、帝王の殻読んで、また膚の下読んだ。やっぱり次はあなたま読みたくなった。無限ループ!

  • 慧慈の決断は崇高すぎて厳しすぎて切なすぎる。
    アートルーパーとして生きること、創造主となること、その罪、その孤独。それを全て抱えて彼は荒野を歩くのだと思うと、胸が苦しい。
    この物語が「あな魂」に続いていくんだなあ。
    あな魂が読みたくなった。
    また号泣してしまうに違いないけど、これを読み終わった今ならまた違う泣き方ができそうだ。

  • 創造について多くを教わりました。
    いまのところ一番好きな作品です。

全16件中 1 - 10件を表示

神林長平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
神林 長平
有効な右矢印 無効な右矢印

膚の下 (下)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

膚の下 (下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

膚の下 (下)の作品紹介

「われらはおまえたちを創った。おまえたちはなにを創るのか?」それが訓練部隊・間明少佐の別れ際の言葉だった。梶野少佐指揮下の実戦部隊に配属された慧慈は地下都市・破沙へと赴くが、強硬な火星移住策を進める国連軍に反感を強め、アートルーパーの独立を宣言した。さらにナノテクによる地球復興を目論む一派との交渉は、慧慈に独自の世界観による復興を決意させる。それは残酷な創造主への道だった。神林SFの到達点。

膚の下 (下)のKindle版

ツイートする