ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)

  • 223人登録
  • 3.39評価
    • (6)
    • (20)
    • (42)
    • (4)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 栗本薫
  • 早川書房 (2009年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309473

ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スカール&ヨナの会話や思考の内容が、宗教とは何ぞや?生きるとは何ぞや?という方向に、なにやら随分哲学じみてきたなあ。グインが記憶を失ったという事態こそがスカールとの出会いに意味がある伏線だったのか!なるほど~。と、うなるも束の間、残り巻数からするときっと再会は望めないのよね…。で、イシュトはやっぱり猪突猛進なアホと再確認で続く。。。

  • スカールはヨナに同行し、ヤガに潜入を決意する。スカールの容態が気にかかるとともに、北の豹と南の鷹の因縁が再浮上してくる。突如パロを目指すイシュトヴァーンとカメロンの下に、ケイロニアで黒死病が流行し、ゴーラとの和平協定急使派遣が報告される。カメロンの精神がひ弱すぎに描かれていると思う。これが一国の宰相か、とあきれてしまう。

  • ヨナの草原旅行記とスカールの不思議体験まとめ。ヨナとスカールが意外と気があってた。ついにミロク教が本筋に絡んできて、今後どういう経緯でゴーラの国教に なるのか気になる。で、どこら辺が「ヤーンの選択」なのか。グインの記憶がまた失われて、豹と鷹はもう一度"初めて"出会う運命にあるってところなのか。と思っ たら、パロに行ってリンダに求婚すると暴走しだしたイシュトヴァーンに付いて行くかどうかカメロンが悩むという。こんな、愛人に惑わされるみたいなカメロンな んて見たくない•••。

  • スター勢揃いな巻なのに。。。
    三国志の扉が開きそうなのに。。。

    終わらないことを知っているのは哀しいです。

    作者のあとがきがさらに。


    こんなことを考えなければ、おもしろい巻です。

  • 「カメロン!そっちいっちゃだめ!!」
    思わず叫びそうになった。

    イシュトヴァーンが怖い人に思えてきた今日この頃。

  • グインサーガ125巻。
    2009/2月発売だがやっとブックオフで見つけて購入。
    勿論100円ではなく300円。
    内容は主人公以外の話で、物語としてまだまだ先は長く
    ここら辺は慣れっこなので気長に待つつもりでしたが、
    作者の訃報を聞きそうとは言ってられない状況に。
    まだ数巻は刊行されるそうですが、残念な思いはぬぐいきれなさそうです。
    ご冥福をお祈り致します。

  • そしてまた、彼は、掴みかけたと思った瞬間に裏切られてしまう。
    もう、ここで彼が暴走しているのなら、外交なんて関係ないのだから、付いていっちまえとか思ってしまいますが。

    いよいよ、時代は、「七人の魔導師」に。本当に、ドキドキします。
    そして、ここまできた。ここで終わる。
    栗本 薫の死すらが、ヤーンの御心のままなのかもしれない。

  •  2010年3月27日購入

  • 栗本さんお大事に… ライブやってて大丈夫なのか?(^_^;) まあ、やらないではいられないものなのかも知れないけど。それにしてもカメロン可哀想に

  • このころはまだコンサートの予告などして、元気だった。

全26件中 1 - 10件を表示

ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

栗本薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする