黒衣の女王 グイン・サーガ126 (ハヤカワ文庫JA)

  • 225人登録
  • 3.38評価
    • (9)
    • (12)
    • (44)
    • (4)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 栗本薫
  • 早川書房 (2009年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309527

黒衣の女王 グイン・サーガ126 (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イシュトバーンがリンダに求愛に来た。非公式になった瞬間にくだけたらそらあかんやろ。

  • リンダの操にたいした価値ないとか失礼過ぎるwwゴーラ王が無理矢理パロに入国して女王に求婚するってただそれだけの話なんだけど、八年前に亡国の姫君と一介 の傭兵が誓った初恋があると思えば途端にロマンスの香りがしませんかそうですか。自分勝手で不誠実なイシュトヴァーンはナリスの死も自分が苦しんだとしか思っ てないし(誰のせいだよ)、八年の歳月が経っても何も変わっていない部分が物悲しくなる。もう傭兵でも盗賊でもないんだって何度言われてもわからないんだろうな あ。いいさ。君はそのまま自分だけのサーガを生きてゆけ。

  • リンダだって22歳の、まだ遊び盛り(?)の女性なんだから、ふわふわする気持ちも分かるけど。けど~。踏みとどまれよ。もし物語が続いていたら、いつかはリンダ再婚するんだろうな~。リンダの葛藤だけで終わってしまったような126巻でした。

  • 作者逝去の時点から未読分が読めなかったのだが、ようやく再開。
    3年ぶりといえさすがに内容は覚えており、推進力がないのは相変わらずだがリンダもイシュトもなつかしい。
    あとがきに”もし死んだらこれを着せてもらって(略)”と書いてあるのが泣ける。

  • イシュト、リンダの二人芝居な巻です。
    こんな痴話ケンカ話を126巻でしてるなんて

    誰か続きを書けないかな~。

  • リンダのグダグダ具合がまたうっとおしい。
    けど、最後の引きはいい感じ。

    つーか、後数冊で弾切れ?
    高校生から10数年読み続けてきた
    物語が未完となるのは残念

  • あけまして、おめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    2011年1発目の本の感想は、「黒衣の女王」です。なんか、タイトル的にも、作者的にも、若干どうなんだという感じですが。
    栗本 薫が、いなくなって、もう1年以上たつんですねぇ。
    彼女の書いた本をこれからも、長い年月をかけて読んでいくことになると思います。

    でも、今出ている本をみんな読んじゃったら、「次は?次は?」っていう楽しみは、もう無いんですよねぇ。
    寂しいです。

    表紙はリンダ。
    うーん、大きくなったもんです。そして、イシュトとゴタゴタ。でも、最終的に、グインの花嫁は、多分、リンダなんですよねぇ。
    イシュトは、すべてグインに奪われてしまう形になる。

    その未来が見ることができないのが、やっぱり残念です。

  • あぁ、女ってやつは・・・

    この時サイロンで起こっているのが「七人の魔道士」なのか

  • 巡礼団全滅という惨事は、ヨナにとって信仰を揺るがすほどの大きな出来事だった。しかしヨナは、任務を続行することにし、スカールら騎馬の民に守られながらヤガを目指す。実はスカールも、戦うミロク教徒の出現に危機感を抱いてヤガ潜入を画策しており、それに際してヨナの力を借りる代わりに彼の護衛を申し出たのだった。一方、イシュトヴァーンは、カメロンの苦悩などおかまいなしに、勝手にパロへと出立してしまった。

  • 揺れまくりの女心…

全24件中 1 - 10件を表示

栗本薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黒衣の女王 グイン・サーガ126 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒衣の女王 グイン・サーガ126 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒衣の女王 グイン・サーガ126 (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする