未踏の時代 (日本SFを築いた男の回想録) (ハヤカワ文庫JA)

  • 52人登録
  • 4.05評価
    • (7)
    • (8)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 福島正実
  • 早川書房 (2009年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309763

未踏の時代 (日本SFを築いた男の回想録) (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 早川書房といったら福島正美、SFファンならおなじみの名前だ。1929-1976 50歳前で亡くなったことになる。それにしてはなんと膨大な仕事の量よ。

    回想録からは日本のSF界の草分けとしての困難な道筋がうかがえる。72年あたりから星新一とか小松左京を文庫本で読みだしたが、この二人とはまた違った人生であったんだな、という感じだ。

    巻末に氏の編纂、著作、翻訳の全仕事が載っている。

  • SFマガジンだー、という一冊。

  • 巻末の『著・訳書目録』を見ると、若いころに読んだ本がちらほら。ずーっと昔に私にSF好きの種を植え付けたのはもしかしたらこの人なのかも知れないなあ。他の人が書いた本で、この人の仕事の仕方について独善的だとか結構厳しい言い方をしているのを読んだけど、何はともあれこの人を抜きに日本SFを語れないのは確かでしょう。高橋良平の本の雑誌での連載の内容とちょうど時期があっていて興味深いし、大好きな野田昌宏にちょぴっと触れているところもうれしいし、満足の一冊。それにしても、この表紙の表情の素敵なこと!若々しくて、生き生きとしていて。こんな顔して仕事したいもんだ。

  • 巻頭言のことばがいちいちがーんとくる。色々な意味で、すごい熱と力を感じる本。想像でも小説でも、常に現実とつながっていなくてはならない、そういう有り様でなければ意味がない、というところに改めて気付かされた気分。若さ故か、勢いと直截さの絶妙な文体が良い。「ぼくは、いやだ。」この言葉の威力。

  • SFマガジン初代編集長であり、『夏への扉』『鋼鉄都市』などの翻訳者でもある著者が急逝する直前まで書いていた、60年代の日本SF夜明けの回顧記。
    熱くて、苦くて、ヒリヒリする。

    世の中にまだないものを新たに創り出す、機知や行動力をもって何かを築くことができるという雰囲気が強い時代だったのだろう。

    現代の未踏の地はどこにあるのだろう。

  • 存命なら81歳、1929年2月18日に樺太で生まれたSF小説家・評論家・翻訳家。雑誌「SFマガジン」の初代編集長。


    ・・・・・書きかけ・・・・・

  • 仕事に誇りをもち、リスクを賭けてきた男の正直な心情吐露に打たれる。

全7件中 1 - 7件を表示

福島正実の作品

未踏の時代 (日本SFを築いた男の回想録) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

未踏の時代 (日本SFを築いた男の回想録) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

未踏の時代 (日本SFを築いた男の回想録) (ハヤカワ文庫JA)はこんな本です

未踏の時代 (日本SFを築いた男の回想録) (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

未踏の時代 (日本SFを築いた男の回想録) (ハヤカワ文庫JA)の単行本

ツイートする