狐と踊れ (ハヤカワ文庫JA)

  • 214人登録
  • 3.94評価
    • (16)
    • (20)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 神林長平
  • 早川書房 (2010年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309954

狐と踊れ (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 村上春樹と同時代の作家であることに驚愕。

  • 2014年7月9日読了。神林長平の処女短編である表題作含むSF短編集。いわゆるスペースオペラ的SFではなく、ディック的な存在不安や偏執狂的葛藤をSF的舞台立てで描写するSFが多い。『雪風』しか読んだことがなかったが、この作家のルーツがこういう作品群にあるのかと思うとなかなか興味深い。収録作の中では『ビートルズが好き』『ダイアショック』などユーモア風味のある短編も面白いが、『返して!』『落砂』のような救いようのない陰鬱な短編の方が味があって面白かった。

  • SF小説。1970年代など少し古めの作品であることをあとがきを読んで知った。そんな印象は全く受けなかった。9篇の作品があったがどの作品も一味も二味もある良作ばかりだった。SF作品は世界観がぶっ飛んでいるものが多い印象でこの本の中にある作品にも多く該当している。読み始めはあんまりよい印象が持てず読むのを途中でやめてしまおうかとも考えてしまうが必ず出て来る謎が事件にどんどん引き込まれ気付いたら読み終わっていたなんて普通にあってすごくはまってしまった。

  • 神林作品、初期も超おもろい!忙殺が好きかも。図書館神林作品減らされたから新装版で出るの待つしかないぜ(T_T)

  • 神林作品は雪風シリーズしか読んだことがなかったけれど、
    この作品は初期ということもあり、筆者にしては婉曲的な表現が多く、異色な印象を受けた。

    主に「日常」と「非日常」の境界を行き来する話しが多いと感じた。
    神林シリーズの原点になるものなのだろうか

    「落砂」が印象的
    どちらが正常でどちらが異常かわからない
    狂気の物語。


    日常と非日常
    日常とはなにか
    非日常とはなにか
    私たちが日常だと思ってすごしていても
    すでに非日常に足を踏み入れているかもしれない

    そんな非日常へ一歩足を踏み出させてくれる作品。

  • よくわからんけど好きだけど疲れる

  • 欲しい本。

    初期短編集だとか。
    「敵は海賊」の最初のお話が入っているらしい。

  •  神林長平さんの初期のSF短編集。
     SFと呼ぶべきなのか疑問の残るものもが多いですが、不思議な物語が満載です。

  • 神林長平の初期作品。表題作よりも連作四篇の方が個人的に面白かった。神林=SF作家という風に思っていたのだが、何が現実か分からない曖昧な部分が、イメージから離れるが良かった。

  • 新版になって、収録作品が変わったので買ったのだが、積読のまま。

全11件中 1 - 10件を表示

神林長平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

狐と踊れ (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狐と踊れ (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

狐と踊れ (ハヤカワ文庫JA)の文庫

ツイートする