地球移動作戦 (下) (ハヤカワ文庫JA)

  • 153人登録
  • 3.76評価
    • (8)
    • (24)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 山本弘
制作 : 鷲尾 直広 
  • 早川書房 (2011年5月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150310356

地球移動作戦 (下) (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

  •  山本弘の小説で鼻白むのは人物造形。何だかアニメみたいで、読んでいる方が気恥ずかしくなってしまう。と思いながら、「アニメみたい」ということの内実をきちんと論ずるのが難しいことに気づく。なぜアニメみたいと思うのかうまく言語化できないのだ。登場人物たちの会話がアニメに出てきそうな感じだからというのもあるだろうが、人物造形そのものにアニメ臭さがあるようにも思う。だからといって人物に葛藤がない、というわけでもない。だが、何だか人物が複雑じゃない。
     そこまで考えて、こんなことを思いついた。アニメの登場人物はまずは絵として演出されたものが作られ、その後に、声優が声で演ずる。アフレコである。極言すれば作画監督と声優とが表現を持ち寄って1つの演技を作り上げるのである。まさに絵と声とが複雑に葛藤する状況。のはずだが、その葛藤が露呈してはいけないのだ。作画監督は声優が演じやすいように絵を描き、声優はその絵と葛藤を生じないように演ずる。2つのものを組み合わせるがために、アニメの質が上がれば上がるほど、必要以上に統一的な表現、もっといえば平板な表現が生まれるという状況があるのではないだろうか。例えば、名優は言語的な表出と非言語的な表出を微妙にずらしながら演技するといった複雑なことをしているはずである。アニメでもそれは原理的には可能だろうが、表情の声との分業体制によって、言語と非言語の不一致ならば、にこやかな表情で脅迫するといった紋切り型の表現に陥ってしまうのではないか。
     山本弘は論理的であることに美徳を見出している作家である。そして『地球移動作戦』は、負の側面が強調されてすっかりダサくなってしまった「科学」の力と、人間の意志の力で未曾有の天災に立ち向かう物語である。いくつかの科学的フィクションを導入した上で、それ以外については科学的に考証してストーリーを組み立てており、その点では大した力業だと思う。もちろん情感に訴えるエピソードにも事欠かない。『日本沈没』に比肩してもいいだろう。
     しかしながら、もはやわれわれは広島後、3.11後を生きているのだとは言わずも、善人と悪人しか出てこない物語が厚みを欠くように、科学と非科学しか出てこない物語には謎めいた空虚がないのだ。人間というものは謎めいた空虚を持った存在で、論理的にでもなく、非論理的にでもなく、無論理的に思考し行動する瞬間があるのだ。その無論理に人間的な何かが宿り、謎めいた空虚が物語に魔術的な駆動を与えるはずなのに。

  • 確かに妖星ゴラスではあるんだけど、そういうことを知らない方が良いのかも知れない。これは、科学と人類社会に関して極めて現代的なテーマを取り扱っているお話であって、そこには、と学会で作者が得たさまざまな事例が反映されている。それは、一言で言えば、人類の大半は、昔ながらの無邪気なSF好きが待望する未来を実現するのには向いていないというか、抵抗勢力にしかならない人たちで占められている、ということ(一言じゃねぇ)。
    ハードSFと呼ばれる分野であっても、どうしても、フィクションとしての科学理論及びその応用としての技術を投入せざるをえない物語が多いのだけれど、今回使われているのは、そういう分野でも特に目新しいものじゃなく、つまりは、そうしたアイディアによってSFらしさを出そうとしているわけではない。推進機関はともかく、ミラーマターって斬新ではとか思う人は、重力の影とか読んでみて……というか、その場合、ミラーマターだけの天体というのも都合が良すぎと思うだろうけれど。
    そういう仕掛けは別にして、中盤、プロジェクトを実現に向けるための支持集めの戦い、そして、人々は論理で動くわけじゃないことの対比として、じゃあ人工知能が論理で動いた結果の皮肉というか、実際、効は奏しているのだけれど、望まない結果を内包しているなんてすごいでしょ。さらに、それが大勢になったら、今度はカルト化、先鋭化して、テロの形でさまざまな邪魔が降りかかる。この中でも、DHMOネタみたいなものがあったり、作者として込めたい思いの複雑さを見た気がしますね。
    さて、潮汐力の大きな変動に見舞われた結果の典型が津波で、この小説が出版されてから文庫化される途中で東日本大震災があったことは、たぶん、この小説の受け止め方にいろいろな個人的影響を与えているんですよね。かくいう私は、仙台駅前で地震に遭い、地震がなかったら乗ってたはずの常磐線に乗らなかったために津波を免れた経験をしましたが、テレビで見てた仙台空港の映像で、たいした水位じゃないのにどうすることも出来ないという様子は、驚きをもって受け止めたところです。こうした点、描写は難しいですね。恐らく、事実に近い方がリアリティを欠くというような領域が、この世界には結構たくさんあるんです。

  • 未知の天体が地球に直撃(正確には甚大な影響を及ぼすまでに接近)することがわかり、もしそのまま放置したら24年後の大接近で地球は確実に滅んでしまう。それに対して人類が行う策が地球を移動するという壮大なプロジェクトである。
    何故その天体の直撃を他の方法、例えばアルマゲドン風に、で回避することが出来ないのかといった設定から、地球を移動するのに伴う弊害、そもそもそれ以前に計画を実行する前に存在する様々な障害などが巧みに描かれている。
    そして、忘れてはならないのが山本弘得意のいつものAI(作中ではACOMと呼ばれる)と人間の関係性。何冊読んでも改めて心を動かされる。毎度のことながら人物・感情の描写がとても素晴らしい。

    ネタバレになるので詳細は省きますが、山本弘の作品にはあまりない珍しい要素があって驚きました。
    これ以上ネタバレせずに上手くは書けませんw

  • クライマックスの地球移動作戦の描写は手に汗握った。

    仮に文明が消滅するレベルの災厄が現実に起こった時、本書のように人類は団結できるのかと考えてしまう。きっと、本書で描かれたようなテロリズムが発生するのだろう。そういう、愚かな行動に走る人間の描写が現実感があると感じる。

  • 華麗なる映像美の『2001年宇宙の旅』に対し、埃まみれの未来像を描いた『ブレードランナー』。一方、本作はオタク文化が基盤となったアニメチックな未来という日本人にしか書けないSF。肝心の地球移動の描写はやや冗漫であったが絶体絶命の危機の中、突発的に歌い広がる『シュテルンシフリ―ト』にちょっぴり感涙。「人間の中には、少ないパーセンテージではあるが『遠くに行きたい』という欲求に突き動かされている者がいる。彼らが大陸を渡り、海を渡り、人類を地球全土に押し広げた。次には宇宙に…」には大共感。フロンティアスピリット!


    http://www.youtube.com/watch?v=4weIYVh-JFU

  • やっぱり主人公が好きになれない。
    が、やっぱり世界観は楽しい。
    で、歌が流れる場面は胸熱。
    終わり方も好き。

  • 後半戦。実際の地球移動作戦のオペレーション。迫り来る見えない星、交差する国々の思惑、テロリズムに訴えるカルト教団。いろいろな障害を乗り越えながらも、一人の天才少女(だった大人の女性)がオペレーションを遂行する。傍らにはマスターを亡くした失意から立ち直り、少女(だった大人の女性)の無二の親友になったACOM(ボディ付き)。愛する女性を守るために、危険な戦闘任務に赴く女性(同性愛)。

    ワクワク、ハラハラの展開が面白かった。オペレーションの遂行の為に命をかけてあらゆる妨害を排除するべく宙を飛ぶ戦士たちの活躍に涙。

  • おもしろかった!
    ハードSFの装いを持ちながらも、現代のオタク文化の進化の先にあるものを、世界観の中心にどっかりと据えていたりするので、SF慣れしていない人でも十分に読めると思う。特にARの使い方には驚きつつ感心してしまいました。なるほどARがこう使われると、SFアニメで描かれているあんなことやこんなことがリアルに実現できる。そんな感じに。
    SF的ギミックは少し堅苦しいところもありますが、しっかりとエンターテインメントに仕上がってる作品なので、結構おすすめです。

  • いや~面白かったです。JPホーガンと同じで安心して読めるSFですね。何があっても未来が信じられそうです。妖星ゴラスと同じプロットなのに現代的な設定と横軸に幾つも仕込みがあって早いペースで読み進んでしまいました。未読のSFファンにお勧め!

  • 惑星の衝突を避けるために地球を公転軌道から移動させるというスケールの大きなお話の下巻。
    テロ、地震、津波、災害…
    次から次へと問題が発生し地球の危機が迫ります。
    久しぶりに本を読んで泣きました。
    ラスト近く、地球を守るために残されたわずかな時間、命をかけて任務をまっとうする人々…
    ストーリー自体も面白いのですが、人工意識コンパニオンだとか、同性愛OKだとか、生命とはいったい何なのか? というテーマも含まれています。

    この作品は、1960年代に東宝で作られた特撮映画「妖星ゴラス」という作品に影響され、そのオマージュが随所に散りばめられているんだとか。
    私が生まれる前の作品ですが、こちらは惑星が地球にぶつかるということで、南極にでっかいエンジンを作って地球を移動させようというお話らしいです。面白そう。

    すっごく楽しめました☆

  • 天体衝突を避けるために知恵を絞る大仕掛けなSF

    遊星のニアミスによる大災害を必死で避けて、最後に残るのが地震と津波なので、この時期に出したのは英断かもしれない。
    文庫版の後書きは震災に言及があった。私は、被害者に配慮して話題そのものも避けるという意見にはあまり賛同しない。災害に立ち向かう力強い物語は、読む人を元気づけることもあると思う。
    SF的なガジェットの大きなものは、おおよそ3点。
    夢のタキオン駆動装置、ミラー物質で構成される、見えないけど重力のある遊星。仮想現実に住む人工知能。
    見えない遊星が危機を作り、現代科学ではとても不可能な対策に、タキオン駆動装置を使うことでぎりぎりの答えを導く。人工知能は添え物のようではあるが、山本弘SFではある意味主題だ。ここではAIは多くが肉体を持たないが、人との関わりはアシモフ以来のパートナーとして重みを増し、共に歩む隣人として、大きな存在になっている。
    ミラー物質天体や、タキオン機関を使った大仕掛は、そのようなものがあったとした世界での、知恵パズルが淀みなく展開されて、面白かった。こういうお話で、決定的な敗北はまず有り得ないにしろ、人間の及ぶ限界のプロジェクトという感触は良く描けていてのでないかと思う。
    そして、半分ぐらい使って描かれる、神と人とAIの関わり。
    この世界のAIは、無理に近い努力を諦める言い訳に使われかけて、人類を守るためにさらに衝撃的な事件を起こす。多くの人に友として認められたAIの人とはまた違う機微が面白い。こういうのだと、友人にも良いよなあ、と思う。

  • 読みやすいけれど、
    熱さもカタルシスも弱い。

  • 長く書いたが、文章消えたんで、一言。久しぶりに感動した。
    2009年に、太平洋側の津波や群発地震の話が再現されているとは⁉ 正直驚いた。映画にしてもいいくらいです。
    できたら、山本さんの本は、表紙をラノベ的なものから脱却してもいいような。どうも、違うジャンルな気がする。

  •  再接近時の地上でのカタストロフについては、文庫版の発売時期が時期だけに3月12日が色濃く思えますが、原書単行本は2009年刊なんですよね。ちなみに新規追加のあとがきの日付は2011年4月12日。

     主たるエネルギー機関にタキオン噛ませているので、情報の時間遡行ももちろん絡んでいます。それが本題じゃないのでかなり地味ですが(無ければ無いで問題ない構成ではある)。
     過去への警報で多元宇宙を分岐させている自覚は登場人物にもあるらしいので、当然作戦に失敗した時間軸もどこかに存在しているでしょうし、もっとうまい具合にTASって最良解を導き出した時間軸もあるのでしょう。

     本編以外で一つ気になったのは、上巻表紙のマイカかなぁ。あの容姿でツインテはミスマッチだと思うの。もうちょっと童顔なら…。

  • 終末を描いたSFはどうしても災害の描写が含まれる。この作品にも地震や津波のシーンがある。3・11を経験した後はどうしても色々考えてしまい、純粋にエンターテインメントとして楽しめない部分が出てくる。
    ただSFはやっぱり人類の夢と希望だと思う。震災後に書かれたあとがきの真摯さにちょっと心打たれた。

全16件中 1 - 16件を表示

地球移動作戦 (下) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

地球移動作戦 (下) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

地球移動作戦 (下) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地球移動作戦 (下) (ハヤカワ文庫JA)はこんな本です

地球移動作戦 (下) (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする