蒼穹のファフナー ADOLESCENCE (ハヤカワ文庫JA)

  • 257人登録
  • 3.85評価
    • (21)
    • (30)
    • (22)
    • (4)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 冲方丁
  • 早川書房 (2013年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150310967

蒼穹のファフナー ADOLESCENCE (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • L計画については思い返すだけでも気が重い…シナリオの形でも映像と音声が甦ってきて堪えきれなくなった。
    アニメの続編or劇場版がまた出ることを切に望む

  • アニメのノベライズ、という印象で読むのはやめたほうがいい良作。
    展開は若干アニメと違うし、それでもってキャラクターの心情が丁寧に描かれている。主要キャラクターは五人程度だが、描写を考えると逆にそれが順当。
    特に恋愛面での一騎・甲洋・翔子と、精神面での一騎・総士・真矢の構図もまた良し。真矢の観察力などが発揮されているのを見ると、名は体をあらわすとはまさにこのことで。それにしても咲良は美少女…だったんですね…。
    RoLも台本形式とはいえ補完されているので十分です。

  • Exodusが昨日最終回を迎えて、一期のBlu-rayの見直し中に読んだ。思ったより扱う話が少ないのね。
    ファフナーはまたタイミングがあえば、続編を作ってくれるのでしょうと勝手に思ってる。

  • アニメのノベライズというよりは冲方版ファフナーといった感じ。
    序盤、島の日常が終わって戦時に移行するところと、一騎を中心とした子どもたちの心理描写大変丁寧に描かれていて、アニメとは異なる展開だけども面白く読んだ。
    このまま全編書いてほしいけれどそれはさすがに無理か。

    同時収録されたスペシャル版のシナリオもせつない。

  • 一騎の内面描写がすごく良かった。
    この本のテーマ、思春期の終わりというのが自分と重ねられる部分も多く興味深い。

  •  はい傑作の復刊きました。電撃文庫版についてた平井氏の口絵はなくなってしまいましたが、表紙がコンプリートベストアルバムと似た感じの対比をされる二人になってて非常にいいです。あっちは19歳になった二人なのでぜひ見てください。凛々しくなってます。
     信じていた日常の崩壊、戦争、かつて許されない罪を犯した(と思っている)相手との確執。ブロマンスとして見るもよし、本格SFとしてもよしのお得な一冊。少年少女は戦争に消費される。

  • 時間軸はアニメ1期の序盤〜中盤(一騎出奔前)くらいだけど、アニメとは最初のフェストゥム襲来の状況から違う話。総士の孤独感も一騎の内面の病みっぷりもアニメより酷い。あと、真矢が怖すぎる。メインは一騎、総士、翔子(と甲洋?)。

    アニメとは戦況もかなり違うし、特に甲洋がだいぶ違うので別物と考えた方がいいです。
    「あなたはそこにいますか」と総士の左目の傷を間に挟んだ二人の関係をテーマとした物語は完成しているので、一つの話として中途半端ということは無いです。というか、これは続編なんて書けないと思います。

  • 2005年01月に電撃文庫より発売された「蒼穹のファフナー」に加筆・修正を行った本編と、「蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT」のシナリオを新たに収録。
    L計画はシナリオであり、小説ではありません。
    書き下ろしイラストの表紙が好き。
    2004年を思い出しながら読みました。

  • 2005年刊行の小説(アニメ本編の前半部分)への加筆修正と、特別編ROLの脚本を追加収録した一冊。本編は小説仕立てにしてあるものの、脚本調。
    一部キャラの性格と設定の改変はありつつも、戦う理由生きる理由を探す主人公の内面が文章で綴られ、ややこしい専門用語がちゃんと説明される点は嬉しい。
    ROLは完全に脚本なので、これは先にアニメを見た方が絶対良い。
    必見は、後書き。幸福とはいえない結末をむかえた人、架空の人物であってもなくても、人の生が不滅になる。沖方先生がファフナーを通して伝えたいこと。泣ける。

  • 図書館で。アニメは見たことはありませんがヒロインは結構面倒くさそうな女の子な感じだ。能力が高くても現実逃避してるみたいであまり気に入らない。
    テーマは重いんですがこれで完結という訳ではないので俺たちの戦いは今始まったばかりだ、な感じなので。でもアニメ見るのもな~ 
    そのうち機会があればアニメも見てみたいな、とは思います。

全34件中 1 - 10件を表示

冲方丁の作品

蒼穹のファフナー ADOLESCENCE (ハヤカワ文庫JA)に関連するまとめ

蒼穹のファフナー ADOLESCENCE (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼穹のファフナー ADOLESCENCE (ハヤカワ文庫JA)の作品紹介

あなたはそこにいますか-謎の問いかけとともに襲来した敵フェストゥムによって、竜宮島の偽りの平和は破られた。島の真実が明かされるとき、真壁一騎は人型巨大兵器ファフナーに乗る-。シリーズ構成、脚本を手がけた人気テレビアニメを、冲方丁自らがノベライズ。一騎、総士、真矢、翔子それぞれの無垢なる"青春"の終わりを描く。さらにスペシャル版「蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT」のシナリオを完全収録。

蒼穹のファフナー ADOLESCENCE (ハヤカワ文庫JA)の文庫

ツイートする