know (ハヤカワ文庫JA)

  • 1464人登録
  • 4.01評価
    • (164)
    • (213)
    • (119)
    • (18)
    • (2)
  • 201レビュー
著者 : 野崎まど
制作 : シライシ ユウコ 
  • 早川書房 (2013年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311216

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

know (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

  • 面白い映画を観終わったような心地よい感じが残るSF小説でした。

    超情報化対策として、人造の脳葉〈電子葉〉の移植が義務化された2081年の日本・京都。
    情報庁で働く官僚の御野・連レルは、情報素子のコードのなかに恩師であり現在は行方不明の研究者、道終・常イチが残した暗号を発見する。
    その“啓示"に誘われた先で待っていたのは、ひとりの少女だった...

    Ⅰ.birth から V. death 、そしてepilogueへとぐいぐいと物語を運んでいく。
    コレ映画にしたらきっと面白い。
    超情報化社会ビジョンが興味深い。ICT屋さんが考えている未来ビジョンよりも愉しいw
    ハリウッドが好む建築物的な未来造形ではない。
    見えている世界はあまり変化がない、しかし見えていない世界を感じ処理しようとする捉え方が面白い。
    情報爆発社会とかビッグデータとか今でも言っているけど、もっと精神世界へと踏み込んだ超情報化社会観。


    「哲学は自然科学の最前線だよ」

    知らないことを知ることは悦びです。
    知る対象は過去、現実の世界、そして異性だったり。
    本を読むことは知らないことを知るとても愉しい手段です。

    知らないを知り、知り得たことから未来を知ろうとする。
    うん、愉しい。
    御野・連レルと恩師・道終・常イチとのやりとりに惹き込まれた。

    『know』は小難しいSFオタク向けの物語ではなく、エンターテイメント性も盛りだくさんです。
    御野・連レルが出会った少女が魅力的。
    最初は全知全能のロボット?と思ったw
    後半に出てくる御野・連レルと少女のとあるシーンは必要ないかと思ったが...
    (そんな所は悪い意味で映画的に感じた)

    野崎まどさん、興味深い作家さんです。

  • 西暦2081年、極度に発達した情報化社会に対応するために子供の頃から「電子葉」を脳内に埋め込むことが義務化されている社会。情報庁のエリート・御野連レルは、かつての恩師・道終常イチが世界一の情報産業企業アルコーン社の機密情報を持って失踪したとの情報に接する。常イチからの特殊な暗号を読み取った連レルが向かった先で出会ったのは、常イチが手塩にかけて育ててきた「量子葉」を持つ少女・知ル。電子葉とは格段に異なる高度な情報処理能力を持つ量子葉を開発した常イチは、連レルに「この子を頼む」と言い残して自らの命を絶つ。それは、量子葉を狙う各勢力の追跡から逃れるための連レルと知ルの逃避行の始まりだった・・・。

    脳に機械を埋め込んで処理能力をアップさせ「超人」を生み出す、というアイディア自体は、従来からよくあるSFの超定番のひとつです。そんな使い古されたテーマではありますが、古い歴史と最新の情報技術が混在する未来の京都を舞台に疾走感溢れる現代的な文体でぐいぐいとストーリーを押し進め、なかなか読ませる作品になっています。
    登場するキャラクターの描き方が良くも悪くも「今風」で、かつ理屈抜きにイメージ先行で強引に展開する場面も目に付き、古いSF読みの鴨にとっては「おいおい」と突っ込みたくなる要素も満載なのですが、最終的なSF的アイディアの「オチ」が小松左京「ゴルディアスの結び目」を彷彿とさせるアバンギャルドさで、そう来たか!と膝を打ちました。

    鴨が印象的だったのは、SF小説としての「絵的」な展開。
    「SFとは絵である」、とはよく言われることですが、この作品から受けるヴィジュアルは当初から映像化を想定しているかのようなある意味「わかりやすい」派手さが感じられ、旧来のSF、即ち文体の特徴やリズムといったものから自律的に想起されるヴィジュアル(エリスンやディレイニーやティプトリーの作品に感じられるような)とは本質的に異なる何かを鴨は感じました。SFの「見せ方」が変わってきた、ということですかね。古いSF読みとして、ちょっと時代を感じましたなー。

  •  2081年、国民の脳に「電子葉」を移植することが義務付けられ様々な情報に瞬時にアクセルすることが可能になった日本。日本の情報庁で働く連レルは情報コードの中に恩師であり行方不明となった研究者道終の残した暗号を見つける。

     今まで読んできた野崎作品と比べるとギャグの部分はないものの、SFの世界観、設定としてはしっかりと作りこまれていると感じます。

     他の野崎作品と共通しているのは、主人公が天才に導かれて(振り回されて)今まで見たことのない世界の一端が垣間見えるように思えることではないでしょうか。凡人である自分も主人公大変だな、と思いつつも、天才と共に知らない世界に近づいていく主人公がうらやましくもあります。

     そしてオチのヒネリ具合がいいですね。道終から預かった少女の命令で連レルはお坊さんの話を聞きに行ったり、御所に潜入したりと、目的が見えないまま振り回されるですがその最終目的はとんでもないところに…やっぱり野崎さんは一筋縄ではいかないですね。

     エピローグはとても意味深。人類は果たしてそんな極致にたどり着けるのか。知りたいような知りたくないような…

  • いやあ、これはこれは!久々に「SF」を読んだなあという満足感でいっぱい。危うくパスするところだった。よくぞ読んだものだ。

    大森望さんの「萌え要素をちりばめながらそっち方面には行かない」という評がなかったら、この表紙ではまず手に取らなかっただろう。控えめではあるけれど、はっきりとラノベ的。おまけに冒頭部分があまりにも陳腐で、投げ出したくなったのを我慢して読んでいったら、だんだん引きこまれていった。大森氏の言う「ちりばめられる萌え要素」はまったく好きではないけれど、物語の行き着く先は堂々たるSFの大技だ。

    もっとはっきりちゃんとしたSFってわかるようにしてよね!と思いかけて、ふと気づく。いやこれは逆なんだな。「本格SF」じゃないなら読まないもん!なんて奴より、ラノベ風の看板にひかれて読んだら、あらまあこれってすごいんじゃない?って思う人の方がずっと多いってことだ。

    提示されるビジョンの大きさがとてもいい。想像力を駆使して、思いも寄らない景色を見せてくれるのがSFの醍醐味だろう。しかもそれが突飛なものという感じがないところが本作の優れているところだ。いやまあ、常識的には十分突飛なんだけど。

    あと、大森氏も書いていたが、京都で学生生活を送った身には、設定が感涙ものだ。2080年の未来にも京大がまだあって、それより何より、進々堂が創業150年を迎えているというんだから!確かに京都は(特にあの近辺は)少々の時の流れにはびくともしない感じがある。いろんな意味で楽しんで読みました。

  • 「知る」をテーマにしたSF。
    Ⅰ.birthがやや退屈だが、そのあとは一気読み必至。
    ただし一読しただけでは、よく理解できなかった。


    (以下追記、ネタバレ注意)


    以下、ネットの解説を読んで、感心したことを追記しておく。


    唐突な濡れ場の意味。
    初めは―中盤のクラス*との戦いでも下品な言葉があったため―作者の趣味かと思ったが、しっかり意味があるようだ。

    その濡れ場の前にある「連レルが与えられるもの」について考えると、
    それは単純に「新たな生命(肉体)」であると思われ、すなわち「事象の地平線を超えて戻ってこられる宇宙船」のことだと考えられる。

    それは、子供でも知っているようになった死後を、人類で初めて「知った」知ルが復活した方法であり、つまり新たな肉体に量子葉を植え付けての復活だと推察される。


    という推察を読んで、とても筋が通っていると感じた。
    というかそうとしか思えなくなった。
    いろいろな謎や伏線がこれで解決できる。
    非現実的な世界をしっかりと現実的に着地させる、野﨑まどの筆致に感服した。

  • 知ることを突き詰めるとどうなるか。
    悟りを得るとどうなるか。

    この内容を1冊でまとめたことは凄いなと。
    攻殻機動隊的な世界かな。
    預言者ピッピにも近い。

    ただし、情報力はなんとなく...
    自己組織化されたかされていないか、秩序だっているかだっていないかは受け手の観測者の問題な気がする。

  • 情報インフラが脅威的に進化し,「電子葉」と呼ばれる補助コンピュータを脳内に移植することを義務づけされた近未来の日本。
    情報庁のエリート官僚が師と慕う天才博士(世界のインフラの基礎を作った人)の暗号を発見する。
    博士に託された天才少女と行動をともにする4日間は世界が変わる始まりだった・・・。
    まず驚かされたのが,緻密に作りこまれた世界観設定。最近読んだ伊藤計劃に勝るとも劣らない作り込み。強いて言えば,情報インフラの発展の前提となったエネルギィ革命みたいな薀蓄が欲しかった。
    (ちなみに世界観という意味では,森博嗣の百年シリーズが未だ最高だと個人的に思う。)
    いかにもライトノベル的なかませキャラとのどうでもいいバトルとかあったり,名前が皆やたら読み難い("松崎 茂ル"みたいな)とかは人によって拒否感があるかも。
    とはいえ電脳SFものが好きなら間違いなくオススメ出来る作品。

  • 知ルが可愛いんだな。舞台が京都というのも、街の狭さが効いていてよかった。
    中盤の雑魚キャラはなんとかならないかな。とある某作品かと思ったことよ。
    テーマ的にはもっと掘り下げられる内容で、3倍くらいのボリュームで展開したら楽しそうな。
    知ルがとにかく可愛いので市川春子の絵で読みたいなぁ。

  • 未来のイメージが感覚にベストマッチ。先生が再現されたところは鳥肌だったなー。死を知ろうとするという方向もセンチメンタルで魅力的だったけど、なんというか収束ではなく拡散していく物語がみたいなと思う。この話で言うとエピローグの先かな。でも来るべき世界の物語だし、僕には書けないので満足の☆5です。

  • うわー、理解が及ばない。すごい パワフルな物語だった。想像力に挑まれてました。

    <欲望>はどこまでも人類のエンジンである喜ばしさと、まだこの先を目指す<欲望>が続く貪欲さに眩暈が止まりません。ブラーヴォ。

  • 面白かったです。しかし情報の取得・流通の技術革新はわかったけど蓄積については触れられていないような気が。情報量が増えたなら物理的制約がついて回ると思うのでそこにも言及してもらわないと違和感があります。そして腐った眼鏡を掛けると前半は先生に対する壮大な恋愛話に見えます、よ。

  • それを知る(know)ことが目的だったのか、と読み終えて鳥肌が立った。

    超高度に情報化された社会で発生した新たな格差。それは実際起こり得る(大きな視野で考えればすでに起こっているとも言える)ことで、クラス間の格差が現実にあったとしたら…と考えると空恐ろしさを感じた。
    知ることは生きること。想像すること。

  • “know”って“脳”とも掛かってるのかな. 超情報化社会 天才少女 秀才青年. 複雑な設定だけどすごく分かりやすくて読みやすい. 大好きなメディアワークスの作家がさらに大好きなハヤカワで本を書くなんて私得すぎて 御野さんと踊りたいです

  • 知るということと,その対局に位置する「死」にSFの力を借りて正面から向き合った傑作.テッド・チャン「理解」を日本的な問題意識から出発したらこういう物語になるのだろう.

    SFガジェットとしては,量子計算機は現実的には大したことないことがわかっているし,たとえ全知であっても全てを予測することは出来ないし(カオスがあるから),途中出てくる敵が小物すぎるとか,たとえ養父とはいえ新生児を改造するのはどうかとか,未成年の性的シーンがあるとかいろいろ突っ込みどころも多いけど,テーマそれ自体には瑕疵はない.

    最後の一文で技術により人間社会の変容が行なわれている点がSFとして最も素晴らしい.

  • ついに野崎まどがハヤカワで出したか…ずっと待ってた…。


    今までは「意識」をメインテーマにして、潜在的なSFをメディアワークスで出していたのを、話の根幹からSFにすることでハヤカワらしい作品に仕上がっています。


    その反面、ライトノベル的な軽妙なやり取りが大きく減っていました。最後に御野の「ミアという若くて出来る女性がいて」という台詞に三縞が情報庁を退庁してアルコーンに来たというくだりくらいか。


    ただ、このままハヤカワで出して、もっと知名度が上がるのが1番だと思うので、ライトノベル色が薄れるのは寂しくもあり、嬉しくもあります。


    内容に触れれば、構造的にはパターンだった「女性に振り回される男性」は変わらない印象。こちらの方が動かしやすいんですかね。

    あと読んでいてそこはかとなく感じたのは、エルフェンリート(漫画)を思い出したこと。特にクラス6の男と対峙するシーンはまさにそのものだったかと。

    道終•常イチが復活することで、死後の世界の情報を知るという流れになると思いながら読んでいました。しかし流石野崎まど、情報のブラックホール化によって最高の情報状態、走馬灯状態を自ら創り、また医療対応状態で死ぬことで帰還の用意もしておく。そんな想像など及びつかない。


    もっと野崎まどのハヤカワから出る作品を読みたいですね。

  • 久々の再読。ヒロインの知ルちゃんが最強すぎる。そして彼女の目的には同作者の「[映]アムリタ」のヒロインと似た狂気のようなものを感じた。

  • 超高度情報社会。脳に電子葉をつけて「知っている」「調べる」が同義になった世界。
    情報を突き詰めていったSFとしてとても面白かった。ちょっと漢字が多い印象だったけど。
    章が変わるごとに場面が、世界の見え方が次々に変わっていって、想像の素晴らしさを感じた。脳の動きを読み取れるとか何でも知れてなんでもできるとか。考え殺される、とか。

  • 極限まで情報化された未来社会の真に迫った描写に、もしかしたら本当にこんな世界が実現するかもしれないと思ってしまった。しかし、結末は気に入らない。「死んだ後のこと」という考えには、なぜか興が醒めてしまう。「多分この山には情報剤が撒かれている。」という一文(160ページ)を読んで、ボブ・ショウの「去りにし日々、今ひとたびの幻」が思い浮かんだ。

  • ちょっと自分には難しすぎてよく意味を理解できなかった。
    世間的には評価の高い本なので読み手である自分に問題があるのだと思うけど。
    登場人物の名前も読みにくくてぱっと入ってこなかった

  • 電子と量子。チート。

  • アンソロジーで作者の短編を読み、評判の高い作品があることを知って読んでみた。
    語りてが職能を利用してナンパとかしていようが、かわゆい女の子が出てこようが、それは物語世界を判りやすくイメージさせられて良いのだけれど、この登場人物のこのキャラ設定は必要なのか??って場所が出てきてがっくりしてしまった。
    好みの問題なんだけどね。

  • 久しぶりに電脳的なSFを読みました。

    私はこのジャンルが好きみたいです。

  • ラジオドラマ版を聞いたことがあったので、大まかな結末は知りつつ読んでいました。
    あまりSFを読まないし、難しそうな用語が出てきたりしたら読む手が止まるかもなあと思っていましたが、ぐいぐい引き込まれる話の運びで一気読み。


    知ルが「死」を知り再び眼を覚ますのは、エピローグ最後のセリフからして確実です。未来では彼女が持ち帰った「土産話」が周知の事実なのでしょう。
    しかし彼女がどのようにして帰ってきたのか、「事象の地平線を超える宇宙船」はどのようなものだったのか、それらの説明が作品内でされることはありません。
    ですから初読時は「脳死から何かしらの方法で目覚めるのかなあ」ぐらいに漠然と考えていました。

    その後にネット上でこちら(https://blog.kaminogi.jp/archives/962)の考察を読み、目からウロコ。

    知ルと連レルの行為には、”「死」を知る為には「生」を知る必要もある”という解釈をしていたのですが、こちらの考察を読んだ後はそこから更にもうひとつ階段を登ったような気分になりました。
    作品中の謎でもある知ルが求めた「知りたいこと」の真相を読者の想像力に委ねている、というのは道終先生が連レルの為に作った暗号のようで、まど先生が読者に向けた暗号にも思えて何だかぞくぞくしますね。
    ……私は上記の考察を読むまで気がつくことができなかったですが(笑)

    そうして改めて作品を見てみれば、あちこちに伏線が張られ暗喩が散りばめられていたと気がつき、一気にテンションが上がりました。思わずこのレビューに追記を書いて、初読時の星3つから星4つにしてしまうぐらいには!
    こんなぶっ飛んだお話を書きながら見事な着地に拍手です。

  • 評判の高さに乗じて。
    2081年、超情報化社会となった日本の京都が舞台。人は脳に“電子葉”を移植することで、「知る」ことの動作が飛躍的に向上した。同時に人々は0~5の“クラス”という階級に分類され、個人情報の開示や得られる情報量に格差が生じるようになる。

    綿密に練られた近未来的世界観に期待を膨らませました。現実社会がベースなので、京都を楽しむ学生や荘厳な寺院の様子が描かれ楽しく読めます。
    しかし中盤に差し掛かると雲行きが怪しくなり、超人バトルに発展しそうな場面で一度本を閉じようか迷いながらも先に進むことに。2人きりの行動が増えた頃から端々に互いを意識しあう描写は出てきましたが…20代後半の男性と14歳のヒロイン、映画『レオン』のような関係性を頭に浮かべて読み進めていたのに結局こう転じるとは。「知ること」の欲のひとつとして描いたのでしょうけど、この描写いる?
    「知りたい」欲求の果ては、という問いにひとつの答えを下した天才とその娘。2人に共通して言いたいのは、好奇心の延長で命を粗末にする行為はいかがなものかと。

    ラノベ特有の言い回しや傍点と漢字のカタカナ読みを多用している文章はその時点で興醒めしてしまうのは個人的な悪い癖。批判的ですみません。好みの問題です。

  • SFあまり読まないけど、評判が良い2013年度日本SF大賞候補になった『know』読んでみた。

    超情報化対策として、人造の脳葉“電子葉”の移植が義務化された2081年の日本・京都。情報庁で働く官僚の御野・連レルは、情報素子のコードのなかに恩師であり現在は行方不明の研究者、道終・常イチが残した暗号を発見する。その“啓示”に誘われた先で待っていたのは、ひとりの少女だった。道終の真意もわからぬまま、御野は「すべてを知る」ため彼女と行動をともにする。

    これは面白かった。
    SF+ミステリー的なところもあって
    野崎まどさんの他の作品も読んでみようかな。

全201件中 1 - 25件を表示

know (ハヤカワ文庫JA)に関連するまとめ

know (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

know (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

know (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

know (ハヤカワ文庫JA)の作品紹介

超情報化を遂げた2081年の日本、京都。情報庁で働く主人公は、地球規模のネットワークシステムの中に、行方不明となった大学教授が14年前に書き残したメッセージを発見する

know (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする