日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)

  • 127人登録
  • 3.64評価
    • (4)
    • (11)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 13レビュー
  • 早川書房 (2013年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311261

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チャイナ・ミエヴ...
ジェイムズ・P・...
アンディ・ウィア...
ピエール ルメー...
伊藤 計劃
有効な右矢印 無効な右矢印

日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)の感想・レビュー・書評

  • 大槻ケンヂの「ぐるぐる使い」は読んでいて恐ろしくも悲しくなる物語。「マニュピュレーター」や「星に願いを」はいかにも近未来としてありえそうなホラー的な作品。特に「星に願いを」は表題からは想像し得ないが、今後もあっても不思議はない不気味な作品だった。ウエットウェアの考え方は面白いが、そら恐ろしい。

  • 「くるぐる使い」大槻ケンヂ
    「朽ちてゆくまで」宮部みゆき
    「操作手(マニピュレーター)」篠田節子
    「計算の季節」藤田雅矢
    「永遠の森」菅浩江
    「海を見る人」小林泰三
    「螺旋文書」牧野修
    「嘔吐した宇宙飛行士」田中啓文
    「星に願いを ピノキオ二〇七六」藤崎慎吾
    「かめさん」北野勇作

    何と、鴨が読んだことがあるのは宮部みゆき氏のみ(推理小説でしたし)。90年代以降のSFは翻訳ものさえもほとんど読んだことがないので、こうしてアンソロジーとしてまとめて読む機会があるといろんな意味で勉強になりますね。
    手法としてのSFは、日本においては80年代でほぼ定着し、90年代以降は自然体で多様化していったのだなと肌で感じるラインナップです。多様化とはいってもある程度のカテゴライズは可能で、「現実世界と地続きのリアルな物語世界にSF的なアイディアを外挿する」パターンと「SF的発想から構築した思念的世界にリアルな生々しさを外挿する」パターンに大別できるのではないかと鴨は思います。前者の代表は大槻ケンヂ・宮部みゆき・篠田節子・藤田雅矢の各氏、後者は小林泰三・牧野修・北野勇作の各氏。どちらもそれぞれに面白かったです。

    前者で印象的だったのは、篠田節子氏「操作手」。切なく、残酷で、そしてエロい。おそらく女でなければ真に理解することは敵わない、タナトスと表裏一体の凄みあるエロティシズムを感じます。SFとしてはそれほど深みのある作品ではないけれど、いろんな意味で重たい作品。
    後者では、うーんどれも良いなぁ。描き出されるビジョンの吹っ切れぶりという観点では、北野勇作氏「かめさん」。小松左京「すぺるむ・さぴえんすの冒険」を彷彿とさせる、壮大なスケールの作品です。でもタイトルは「かめさん」(笑) 物語世界の端正さ・美しさという観点では、小林泰三氏「海を見る人」。ある村の夏祭りにおける「ボーイ・ミーツ・ガール」の物語と思いきや、直球勝負の正真正銘ハードSF!アインシュタイン以降の現代物理学の基礎を理解していれば、問題なく読めます。こういうアプローチがあったかー。目からウロコですよ。

    今回は、どうしても「合わない」作品はひとつだけでした。最近のSFも食わず嫌いしちゃダメですね!最後の第5巻もスゴく楽しみです。

  • 篠田節子「操作手」、小林泰三「海を見る人」、藤崎慎吾「星に願いを ピノキオ二〇七六」の3つが特に良かった 「操作手」は当事者からすればとてもロマンチックなストーリーなのに、第三者からすると複雑な気持ちにならざるを得ないという設定の妙味が心に残る 「海を見る人」はオチが凄く好き 何れは最期を迎える老人となってしまった少年と、永遠の時間の彼方に流されてゆく少女の対比が切なくて良い 「星に~」は<ブレイン>というキャラクターの設定が面白かった ユキオのその後が気になるので続きがあってもいいのにと思った

  • 本書は、日本SF作家クラブ創立50周年を彩る記念アンソロジーの第4弾です。1993年から2002年に発表された10篇を収録。この頃は、SFというか小説そのものに興味がなかったので、そういった時間を過ごしていた裏側でどんな作品がSFのなかで話題になっていたのか、興味を持ちながら読んでいました。

    ハードSFな世界観が魅力たっぷりで、短編のボーイ・ミーツ・ガールものとしても秀逸な小林泰三「海を見る人」。これは既読でしたが、改めて読んでもおもしろい。
    いわゆる昭和的な日常風景にありながら、物語の底流は、壮大かつ退廃的な未来社会がなしている北野勇作「かめさん」や菅浩江「永遠の森」など、これまで読んだ作品に決して見劣りしない作品に楽しめました。

    が、残念ながら、これまで読んだ第1弾~第3弾に比べると、どうしてもインパクトが感じられませんでした。なんでかなぁと考えていたら、SFが生活に溶け込んだ作品が目立つんですね。SFらしさの上に生活が成り立つのではなく、生活の延長線上にSFらしさを取り入れるというか、そこでは、SFは主であるように見えて、主ではない。あくまでアクセントです。
    特にこの時代から、といったわけではないでしょうが、SFが普遍的な要素として世の中に広く浸透していることがよく解るラインナップだと思いました。

    ▼以下、収録作品
     1993年:くるぐる使い 大槻ケンヂ
     1994年:朽ちてゆくまで 宮部みゆき
     1995年:操作手(マニピュレーター) 篠田節子
     1996年:計算の季節 藤田雅矢
     1997年:永遠の森 菅浩江
     1998年:海を見る人 小林泰三
     1999年:螺旋文書 牧野修
     2000年:嘔吐した宇宙飛行士 田中啓文
     2001年:星に願いを ピノキオ二〇七六 藤崎慎吾
     2002年:かめさん 北野勇作

  • ざっくりと。
    大槻ケンヂ「くるぐる使い」退廃的な美しさを感じずにいられない流石の世界観。篠田節子「操作手」いつもならこういう女っぽい作品が苦手ですが面白かった!ドロッとした「女」「性」が少女に帰っていくような描写が美しい。
    藤田雅矢「計算の季節」牧歌的。井上陽水の少年時代のようです。田中啓文「嘔吐した宇宙飛行士」面白いよ!!こんちくしょう!!ピザ食えなくなるよ!(笑)藤崎慎吾「星に願いを ピノキオ2076」初読の作家さん。今回これが一番好みだったかな。他の作品も読もうという気持ちになりました。北野勇作「かめさん」かわいいそして全体的に漂う不安と切なさ。

  • 90年代日本SF短編。このころになるとだんだん好みとの乖離が激しくなってくる作品が増えてきて、日本SFから離れてきたころなので読んだことのない作家さんが増えてきます。大槻ケンヂ「くるぐる使い」は異様な迫力に満ちた作品で印象的です。篠田節子「操作手」も介護という現代的なテーマです。

    サイエンスとしてとんがっていたり大きな飛躍があるわけでなく、日常の中に溶け込んだ作品が多くなってきている印象です。スピリチュアルな感じが多くなっていてファンタジー色が濃くなっているのも、SF者としては少し距離を置いてしまう理由かもしれません。下ネタ物も不愉快なだけで意義も見出せません。何に対する挑戦なのでしょうか。

    Vで最終巻ですが、不安と期待が入り混じりつついつ読むか迷っております。ついていけるでしょうか・・・

  • SF小説を読むのは難しいなあ。
    なかなか理解しがたい。頭に入ってこない。
    私には無理かも。

    その中でも大槻さんとか宮部さんのは読みやすくて面白かった。

  • 最新日本SFアンソロジー

     期待といやな予感が混じった作品集だ。順番に読むことにする。

     まずは既読の「くるぐる使い(大槻ケンヂ)」。相変わらずおもしろくない。

     期待の「朽ちてゆくまで(宮部みゆき)」。いつもながらの読ませる文章には芸術すら感じる。そして、ストーリーもいい。ただ、わかりにくいかな。消化不良感が残るね。

     「操作手(篠田節子)」はいい作品。あっちの世界に行く老婆が主人公かな。

     なんとも不思議な電算草の話は「計算の季節(藤田雅矢)」。アイデアはいいけれど、オチが不満。

     シリーズもので大いに期待するのが「永遠の森(菅浩江)」。でもわかりにくくて乗り切れなかった。そもそも既読だから気合い不足かな。

     既読の「海を見る人(小林泰三)」は再読してもすっきりしない。イマイチだな。

     初めての「螺旋文書(牧野修 )」だが、文体が苦手でパス。

     既読の「嘔吐した宇宙飛行士(田中啓文)」はわかりやすい文章なんだが、おもしろくない。

     「星に願いを ピノキオ2076(藤崎慎吾)」も確か既読。おもしろそうな予感はあるが、乗り切れなかった。

     既読「かめさん(北野勇作)」はおもしろくない印象があったからパス。

  • 台風の日に読むにはちょうど良かった。内容、出だしの大槻ケンヂに恐れ入った。バントラインを聞こう。あとは計算の季節と、もちろん博物館惑星がぐっとくる。それにしてもゲロSFは何度読んでもゲロ……

  • 第四巻。1993年から2002年のSF短編を年一作、セレクト。さすがに読んでない作品が増えた。既読作品は大槻ケンヂ、宮部みゆきくらいか。1993年に角川ホラー文庫が創刊され、日本SFがさらに細分化されたように思う。自分も、この時代から角川ホラー文庫を読み始め、SF小説から離れて行った。

  • この年代は一時期SFから離れていたので、この短編集はどれも初読ばかり。タイトルはこれまで何度も聞いていた北野勇作「かめさん」が、不思議な感覚でよかった。

全13件中 1 - 13件を表示

日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)の作品紹介

宮部みゆき、菅浩江、北野勇作ら90年代の作品を中心に精選。オールスター傑作選第4弾

日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)はこんな本です

ツイートする