開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)

  • 1156人登録
  • 4.05評価
    • (101)
    • (141)
    • (57)
    • (9)
    • (3)
  • 106レビュー
著者 : 皆川博子
  • 早川書房 (2013年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311292

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
三浦 しをん
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)の感想・レビュー・書評

  • 溜息がでるほど美しい装丁とタイトルですね。
    自分の皮で本をつくったら、内容はミステリーにしてもらおう。そして金の箔押しを。

    ダニエル先生と弟子の子たちのやりとりが微笑ましい。
    「隠せ!」から始まるやりとりにずっとニヤニヤ。解剖ソングが可笑しくて哀しい。

    なんともやり切れないラストなんだけど、でも!
    愛してる、愛してるよ!

    こんな素敵な本格ミステリを、いやいや読ませていただき光栄です。

  • 十八世紀のロンドンが舞台。
    法医学や筆跡鑑定等の科学捜査は、まだまだ未発達な上に、警察組織も確立されていない状態の頃です。

    そんな舞台設定なのに、きっちりとミステリ。
    しかも、事件は二転三転して、最後の最後に、まさかの「やられた!」感。

    ミステリ部分そのものもとても面白いのですが、ダニエル先生をはじめ、彼の弟子のバートンズが、すごく良いのです。
    悪い人は、とことん悪いのだけれど、正義を貫こうとするサー・ジョンや、盲目の彼の目の役割を担う、姪のアン、銀行のヒューム氏等、良い人も多いです。

    併録されている前日譚の短編も、面白かったです。
    バートンズの絆にほのぼの。
    鬘をもう被らせてもらえなくなって、しょんぼりするチャーリーも可愛い!


    本編とは全く関係ないのですが、ダニエル先生の容姿についての描写を読んでいて、昔、山城新伍氏が映画解説で、ジェラール・ドパルデューの事を、「じゃがいもみたいなおっさん」と言っていた事を思い出しました。
    なので、何となく、ダニエル先生は、ジェラール・ドパルデューみたいなイメージです。
    そう言えば、ジェラール・ドパルデューは、ヴィドック役をしていましたね。

  • 18世紀のロンドンが舞台のミステリ。皆川博子は87歳の高齢ながら活躍する作家。本作は2012年の本格ミステリ大賞を受賞。解説は有栖川有栖、逆に『江神二郎の洞察』では解説が皆川博子。精緻な描写力と、隙のない伏線回収が見事。18世紀のロンドンなど誰も知らないが妙に現実味がある。皆川博子、実は300歳なんじゃないか・・・・・・。説明的になりがちな文化の描写が自然で、それでいて登場人物はきっちり書き分けられ、登場人物が全員生きている。翻訳のような文体が日本人の西洋のイメージをそのまま体現している。美しいミステリ。

  • ボリュームはあるが、この作者にしては軽い文体なのでさくさくと読める。本当にハッピーエンドでよかった!と珍しくニコニコしながら読み終えた。

  • 本格ミステリ大賞につられて読んだら、こってりグロくて食事がまずくなる系だったが、最後はすっきりとまとまって意表をつかれた。18世紀ロンドンの解剖学教室で、6ヶ月妊婦、手足なし、顔なし、の3つの遺体が次々と出現、って設定盛りすぎでしょ!暴行監獄、さらし首、墓あばき、階級格差、女装趣味、、重苦しく混沌とした前近代を舞台にしつつ、登場人物が皆どことなく優雅でコミカルなのが不思議な魅力。ミステリというより、大河ドラマを見終えた気分になる。有栖川有栖のリスペクトフルな解説がいい。80歳すぎてこれを書けるとは、さすがシニア作家のあこがれの的。

  • ある程度語られていく中で、限られていく
    容疑者のどんでん返しというのではなく、
    時代背景を利用しながら、
    この陰惨な「犯罪」を鮮やかに着地させてしまう
    二つの時系列が交互に語られる前半が、
    徐々に一つにまとまっていくところ、
    トリックとか謎解きとかではなく、
    物語自体が気持ちいい。

  • イギリスの当時の殺伐とした世界観の描写と登場人物の魅力がすごい。ミステリとしてもハッとさせる展開だった。

  • 18世紀のイギリスが舞台ということもあり、文化や当時の医学のレベルもわからず、また外国人の名前を覚えるのにも苦労し度々最初のページの登場人物説明を見直しながら読んだ為、かなり疲れました。内容的には素晴らしく面白いとは思うのですが、「訴えられなければ、人殺しても、お咎めなし」って、そんな時代を舞台にミステリーってどうなんでしょうね。やはり想像力に欠ける私には外国が舞台の小説は合わないと感じました。

  • 今の科学捜査なんてものが確立されていない18世紀イギリス。この薄暗い時代特有?の雰囲気と、キャラクター達の怪しげな感じが謎を更に覆い隠していて面白かったです。最後の事件の真相が明かされていく様は、おお!となりました(*´ω`*)ううーん!この幻想的で耽美?怪しいキャラクターが魅力!2015.1122読了

  • 時代とイギリスの重苦しさの雰囲気がすてき。
    長い上に途中から新しい人物がでてきて話が一転二転したりとするけれど
    うーん、、私が読書➕雰囲気好き➕ふじょし
    だった頃ならちょーーおときめいただろうナって思った。
    超美少年やら女装やら医学やらてんこもり。
    美少年は医者目指してたり、美少年は絵がめっちゃ上手だったり。冷たかったり(そこがまたいい)
    キャラクターに魅了され、雰囲気に酔いしれつつ、お話に引き込まれる、いい小説だった。

    続編も読みたかったのだけど、私は私の中のナイジェルが立派になってしまうのが嫌で、読めてない。

  • 初めて読んだ皆川博子作品。

    解剖教室の生臭さと、ロンドンの淀んだ空気とアルコールが混ぜ合わせになった世界に美しい青年達と四肢を切断された謎の少年の屍体…。退廃的で、耽美な雰囲気の世界観には惹かれる。
    ミステリー作品としても絶品で、最後まで真相が見えない事件の謎。その全てが解き明かされた時の感動は言葉では言い表せない…‼︎



    エドとナイジェル、二人の行く末には何が待っているんだろう…
    続きも読みたい。

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:Browsing
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=79615

    18世紀英国を舞台に、外科医と解剖教室の学生たちが活躍!

    200年前のイギリス?カタカナの名前は苦手…などと敬遠するなかれ。ほら、この表紙の絵からしてアヤシすぎる(?)じゃありませんか!

    『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』『グレイ解剖学の誕生』(三葛館所蔵)等を参考とし、実在の人物もモデルに繰り広げられる、軽妙で読みやすく、かつ本格的なミステリ。

    解剖学の草創期、まだまだ人体を切り開くことへの偏見があった時代、真摯に未来の医学の発展のために尽くした人々がいたんだな~と感慨深い。

    読んだあなたは、グレイやプロメテウスを開くたびに、この物語を思い出してニヤリとしてしまうことでしょう。
    そしてきっと、言いたくなるはず。
    「読ませていただき光栄です」

    【併読のススメ】
    『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』
    和医大OPAC http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63201

    『グレイ解剖学の誕生』
    和医大OPAC http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58487

  • 入り込むまでに時間が掛かったけど凄い面白かった。やるせなくてモヤモヤした。やっぱりエドがすき!ああああ。って感じ。報われないのかなぁ…

  • きかせていただき光栄です。かと思って買って帰って、よーくみたら、ひらかせていただき光栄です。だった。タイトルが。18世紀のロンドン、解剖教室が舞台。
    第12回本格ミステリ大賞受賞作だけど、ミステリなんだけど、ミステリとかそうじゃなくて物語がものすごく面白い。一気に読んでしまう。伏線が全部綺麗に自然に回収されていく気持ちよさ。キャラクターには思わず愛してしまう感じがあって、三転四転とする物語展開は全く飽きさせない。
    すごいなあ皆川博子先生。すっかりファンです。

  • 古い時代の西洋を舞台にした斬新な医学もの。まだ司法解剖が今ほど良しとされていなかった頃、狂人と思われながらもそれを行う名医とその弟子たち。

    解剖によって手掛かりを見つけ、犯人に迫っていく。そんなミステリーは数多くありますが、これは新鮮でした。医学的な用語が頻出しますが、それほど苦もなく読めるよう、上手く解説されています。

  • いっき読み! 解剖教室の冒頭の場面からぐいぐい物語りへ惹きこまれ、提示される情報と増殖してゆく一方の謎を頭の片隅で整頓することも追いつかない面白さでした。舞台が18世紀ロンドンであることも興味深く読めた理由です。ゼッタイ住みたくない(笑)
     登場人物は多めですが皆特徴があってすぐ覚えられました。一番印象的なのは黒い目隠しをしている盲目の判事サー・ジョン。判事の「目」を務める姪のアン(時に男装)も気持ちのよい女性で私はすごく好きです。

  • 解説を読み終わり、本を閉じるとみんな思うはず「読ませていただき光栄です」と。
    久しぶりに本格ミステリを堪能しました。なんかもっと恐いモノとかSFチックなものかと想像していたけど、全然違った。綺麗に、そう綺麗に納まった作品かと。

    初読み作家さん。まず表紙めくったら著者紹介あって、1930年生・・・って、え?失礼ながらそのようなお歳とは・・・。作家さんには定年がないんですねえ。書けるまで書くということか、なんてビックリ。

    18世紀のロンドン。そのイギリス・ロンドンの描写が、May_Romaさんのメルマガのまんまだったのも面白かった。

    ダニエル先生側とネイサン・カレン側で、行きつ戻りつ、時間も行きつ戻りつで、ちょっと戸惑ったけど、その行きつ戻りつが謎と謎解きの駆け引きになって面白かった。展開は二転三転。事実を見つけ、問い質し、推理するが、また違う事実が出てきて、また推理。ジョン・フィールディング判事を悩ますエド・ターナー。引き込まれました。最後の裁判のシーンも、え??って感じ。

    18世紀というちょっと昔な時代設定が生きたミステリ。医学レベルとかね。特に法制度関係がこの時代設定だからこそミステリとして成り立っているんだろうなあ。ちょっと昔が舞台というのは、京極さんの百鬼夜行シリーズに通じるものが。姑獲鳥の夏も今でいう人工授精の話だし。現代なら当たり前のことが、それが解明する前だと謎のひとつになってしまう。本書では過呼吸や人工呼吸のシーンが出てきます。

    登場人物たちがすごくキャラがたっていたのも、読みやすくなっているかと。
    エド・ターナー頭が良すぎ。しかもイケメン。次から次と状況が変わるのに、臨機応変に対応し、じぶんの思惑通りにシナリオを組み立てていく。ナイジェル・ハートは、最後ダニエル・バードナー先生が振り返るように、謎のまんまでしたねえ。そこが余韻になっているんだろうなあ。
    どうしようもない悪人3人を殺害。殺されても仕方のない人間だったとは思いつつも、やはり手を下した責任は取るということで、優秀な二人の退場は物悲しい。

    おまけの歌と楽譜、そしてショートストーリーは粋な計らい。沈んだ最後にちょっと一息、風を入れたような感じ。

    素晴らしい作品でした。表紙がなかなかですが、中身はそんなにどぎつくないので。

  • エドとナイジェルは怪しいと言えば割と始めから怪しかったのだけれど……二転三転してハラハラした  
    もうナイジェルを信じられない……  

    バートンズがとっても愛しい  
    師を敬愛する仲間思いの弟子たちも、弟子思いのダニエルも  
    だからこそ、ラストでのダニエルの後悔にはとても切なくなった  

    ネイサンに対してはなんて傲慢な鼻持ちならないガキ!と思っていたけれど……  
    ネイサン視点のお話の分量が段々少なくなるにつれて不安になっていった
      
    ネイサンは死んでいるものとして読まされれいたから、驚き半分嬉しさ半分  
    そうだよね、ネイサンと面識があるのはエドとナイジェルだけだった  

    バートンズにしろエドナイジェルにしろネイサンにしろ、登場人物たちが今後どういう道を歩んでいくのかとても気になる  
    続編にはここのところを期待してもいいのでしょうか?  

  • 単行本で既読で真相もエンディングもすっかり分かっているけど、あの時の感動と衝撃はそのまま。やっぱり面白いよ~。文庫では解剖ソングの楽譜と、前日譚である書下ろし短編が付いて解剖教室の面々に一層愛着が湧くというものです。しかしこの終わり方はエドワードとナイジェルのその後を追跡してみたいと思わせるよなぁ。謎めいて魅力的だもんナァ♪

  • ≪あらすじ≫
    18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室から、あるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男性。増える屍体に戸惑うダニエルと弟子たちに、治安判事は捜査協力を要請する。だが背後には、詩人志望の少年の辿った稀覯本をめぐる恐るべき運命が…解剖学が先端科学であると同時に偏見にも晒された時代。そんな時代の落とし子たちがときに可笑しくも哀しい不可能犯罪に挑む。
                               (BOOKデータベースより)
    ≪レビュー・感想≫
    初皆川博子作品。
    一番最初はこの作品を読む!と勝手に自分の中で決めていたんですが、
    大当たりで嬉しかったです。
    しかも解説が自分の好きな作家なのでまた嬉しい。

    私的な解剖教室で起こる事件。四肢が切断された死体や顔を潰された死体など・・・グロテスクな描写もあるんですが、それを気にさせないくらい作品全体が綺麗というか美しい印象を受けました。なんでだろう・・・

    バートンズのメンバーもダニエル先生含め皆個性的で面白い。
    チャーリーも可愛い。
    事件もラストに向かって二転三転するためグイグイ読み進められるし、
    予想外な結末でぅわぁーっ!!となりました。

    解説で御年80歳と書かれていてビックリしましたが、これからも素敵な作品を書き続けて欲しいと思います。
    続編として5年後の物語が執筆されているとか・・・
    バートンズ再結成するのかな・・・とても楽しみです!!

  • 途中でついていけなくなり、断念。
    時間の余裕のある時に再読しよう。

  • ヨーロッパが舞台で、翻訳小説のような読みづらさを覚悟していたけど、何のひっかかりもなく読めた。二転三転どころか四転も五転もする展開、しだいに深まる疑惑、払えない疑惑。キャラクターも個性的で、どんどん引き込まれる。ラストはだいぶ寂しいなぁ。。

  • 作者は幻想耽美小説の大家であり、
    慣れない雰囲気の作品かと身構えたが
    キャラ立ちしたユーモラスな
    ドタバタ劇で幕を開けたので、
    非常に入りやすかった。
    ラノベ調のテンポの良さと、
    血、遺体、解剖、劣悪な社会環境等、
    一見相入れない様な要素が
    見事に融合した不思議な世界観。
    ミステリとしても一流。
    緻密に計算された複雑な背景に、
    二転三転する捜査。
    予想はことごとく裏切られ、
    あっと驚く真相が待っていた。
    続編も是非読んでみたい。

  • ドブと死臭と、この世のありとあらゆる醜いものと美しいものの表裏一体を描かせたら一流なのはいつもの通りなのに、出てくるキャラクターが記号的なので軽快に読める。ドブ臭が軽快に漂ってくる。

  • 少し切ない、美しいミステリーです。

    時代背景をしっかりと捉え、
    きちんとお調べになった上で執筆されたことが伺えます。
    医学、解剖学に関する内容も多いので、
    そういった事に関心がある方にはお勧めできる作品です。

    最後まで展開にハラハラし、後半は読みきってしまうのが残念なほどでした。
    すばらしい作品に出会えたと思います。

全106件中 1 - 25件を表示

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)に関連する談話室の質問

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)に関連するまとめ

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)を本棚に登録しているひと

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)を本棚に「積読」で登録しているひと

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)の作品紹介

18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室からあるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男。戸惑うダニエルと弟子たちに治安判事は捜査協力を要請する。だが背後には詩人志望の少年の辿った恐るべき運命が…解剖学が最先端であり偏見にも晒された時代。そんな時代の落とし子たちが可笑しくも哀しい不可能犯罪に挑む、本格ミステリ大賞受賞作。前日譚を描いた短篇を併録。

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)はこんな本です

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)の単行本

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ文庫 JA ミ 6-4)のKindle版

ツイートする