天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)

  • 343人登録
  • 4.34評価
    • (56)
    • (59)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : 小川一水
制作 : 富安健一郎 
  • 早川書房 (2013年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311391

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 計劃
ジェイムズ・P・...
アンディ・ウィア...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

  • 「さらなる絶望」とあるが、「底」からいかに立ち上がるか。
    第1巻の29世紀から第2巻の21世紀まで遡った物語が
    ようやく第1巻の世界へ繋がりかけてきた。
    ただ第1巻の記述と、まだ食い違うところがあるので
    明らかになっていない真実を注意深く読みすすめなければならない。
    で、8巻の帯にはメニー・メニー・シープの『二百万人』とある。
    いつの時代なのだろう。(再び)早くも、次が待ち遠しい。

    ただ、非情な決断のパートや、政変のパートの描き方が
    少々淡白に感じてしまったのが残念。

  • 小川一水版『ルナゲートの彼方』
    しかしまあ、なんていうか、よくもここまで壮大な話を書いてくれたもんだ。
    とりあえず、ここで一旦『メニー・メニー・シープ』に戻って復習後に先に進みます。

  • やれやれ、やっと1巻につながった。
    巻数ごとに楽しみは増すのだが、完結後に時系列で読み直すのが何より楽しみだ。

  • 物語はとうとう出発点に舞い戻りか。名前が覚え難くて、登場人物表を開いたまま一人ひとりを当てはまって行く自分…

  • 冥王斑患者群、いわゆるプラクティスの事実上のバイオテロの結果太陽系は完全に沈黙し、生存者達がセレスシティの地下深くに独自のコミュニティを創設するとアイネイア・セアキ達ボーイスカウトのメンバーを中心とした臨時政府が機能を開始するが、スカウトの少年少女達はあまりに若く、皮肉なことにその若さに比してあまりに聡明で勇敢で、自らの使命に誠実であったので、重責に苦しむ若者達は互いを求め互いを憎みながら生存に向けた葛藤を乗り越えて、最終的に人々から真実を隠した偽りの新世界が生まれる。

    血と涙と悲しみに濡れた新世界の大地はただ広く、その空は果てし無く高い。

    偽りであろうとも、美しいものを求め止まないことが人間の悲しい宿業なのかもしれない。

    というわけで第1巻の開始時点についにグルっと戻って来たのである。

  • 宿怨に続くアインとスカウトのメンバー達の物語。

    ここに至ってようやくメニーメニーシープの側面が見えてきた。この話を読んでいて、ガンダムのホワイトベースのことを思い出したのだが、状況が状況だけに背負っているものがこちらの方が桁違いに大きい。
    スカウトのメンバー達は、かなり訓練された優秀な人材なんだろう。あるいはノルルスカインが後ろで糸を引いているのか。
    今回の話は、読んでいて色々と胸に来るものがあり、強く印象に残った。

    さて、この「植民惑星ハーブC」においてカドムとイサリが出会うまで、メニーメニーシープ約300年の歴史が始まったわけだが、今後どんな展開が待っているのか、ますます興味深くなってきた。

  • 6巻を読んだ時点で予想していたhttp://goo.gl/jqbGSOがほぼ正解でした(いや、作中で明言されていないけれども)。ただhttp://goo.gl/n9ac0cという予想はハズレ。それにしてもスケールの大きい話です。

  • 1巻への道筋がこれで見えてきたわけですが、既刊の中でこの7巻が革命よりパンデミックより宇宙戦争より一番切迫した物語だったような。しかし、良くあの状態から命のバトンを繋げ“社会”というコミュニティを作り上げたものだなあ。歴史改竄の件は事実を語り継ぐものはいなかったのだろうか?メララやアイネイアあたりが子孫に語り継いでも良さそうなのだけど…。

  • 少年少女の閉鎖空間での悲痛な話
    最初はちょっと特異すぎて別作品を読んでいるようだった
    だが、話が進むにつれてそれがあの1巻の世界へと確実に繋がっていく確信みたいなものが感じられ、終盤は高揚感があった
    あの賑やかで厳しくも楽しかったスカイシーでのスカウトの日々を思うと、その境遇への悲痛さが際立つ

  • 前巻から想像のうちではあったが、1巻に繋がる話。
    想像以上に過酷ではあったが、復活の地や天涯の砦を経た作者の真骨頂かもしれない。

    まだあと250年ほどあるし、次巻がサブタイトルが「巨大箱舟」なのでもうちょいと展開あるかもしれないが、1巻の体制はほぼそろったのかな、と。

    あとは1巻の続きだな。

  • アイネイア、無事に老人になる。これで1巻の話とようやくつながってきた。

    それにしても感染者の恨み、強烈。
    世界を感染させてなお、攻撃しにくる。

  • 喫茶店で読みました

    喫茶店で読むのにちょうどいい

    私に至福の時間を提供してくれる作品群

  • 帯に絶望してなかなか読めずにおりましたがようやく読みました。人類とか文明ってけっこうヤワな感じで請われるものなのだなあなんて思ったり。でも全滅ってことは無いと思うんですけどね。

    とは言え子供たちだけ避難させるってのは現実的にアリなのだろうか?子供だけ生き残ったってねえ… たとえば教育プログラムロボットとか居ればまだしも。ってそういうプログラムも生活環境を整える仕組みもなくガキンコを五万人施設に閉じ込めたって何割生き延びられるやら。そしてここがルーツで一巻にループするのね…となんとなく感慨深かったり。いやあ、長かった。
    この勢いで8巻を読もうっと!

  • ながかった…やっと時間軸が戻ってきました。
    すべてが崩壊した後の、「今」が作られるまさに暗黒の開拓時代のお話。いくら基礎が少しだけ残っていたとしても、あの人数でよくできたな、としか思えない。一歩間違えれば完全にアウトな閉鎖空間で、よくがんばった!
    地味だけど激動の章でした。

    ちなみに、救世群って不老になったんですかな?

  • 小川一水の超大作、天冥の標の第7巻。

    冥王斑の蔓延る地上を避け、地下で生き残る人類のお話。
    泣きっ面に蜂とサソリが同時に来るかのような状況を、少年たちが苦悩しながらやり過ごしていく。
    舞台が狭い閉鎖空間であるのも味方してか、ただ静かに語られる物語といった感じを受けた。

  • 買ってから読み始める度胸がつくまで三ヶ月寝かせました。読み始めてからは早かったけど辛かった。この先どうなるんでしょうもはや想像もつかない。

  • ようやく話が最初に繋がったという感があるのではあるが、それにしても、もう覚えていないぞという感じである。巻末の解説を読み返し、本作を読み、そうか、あの人は前から登場していたのに、こういう人たち、もしくは子孫だったのかということで、やあ、これは覚えらていられないわなという感が強い。

  • 久々にSF読んだかな。太陽系にわずかに生き残った人類。で、どうやって植民星メニー・メニー・シープの1巻に続くのかと思ってたら、なるほどという感じ。でもまだ地下からやってくる咀嚼者と日本特定患者群連絡医師団との絡みが明らかにされてないね。楽しみ

  • メニーメニーシープにつながってしまった。だけど、予想外の展開。重力とか電力とかまだわからないことがいくつかあるから、また意外な方向へ話が進んでいくんだろうか。

  • ようやくここまでつながったか……と、読後にほっと一息。いや、内容的には全然安堵できない状況なわけだが。一巻での海の一統のポジションや、ユレインの名前などなど、そこに辿りつくまでの流れがこの巻でわかったものの、まだ謎の部分は残っている。次巻ではいよいよ一巻と重なって現在進行形で展開していくのだろうか……。

  • 2月23日読了。図書館。

  • 1と話がつながって、といっても時代は結構空いているので、次巻はその間を埋めるのか、それともいよいよ1の続きになるのか、気になる~。子供だけでがんばる展開は、内部分裂・生殖の問題など避けて通れないトラブルはあったものの、結局全滅もせず恐怖政治でもなく、それなりに幸せな社会をつくることに成功したのだから十分偉いのではないか。まあ、嘘歴史を広めたのはどうかと思うが。あと外部との関係も危うすぎるな。外は汚染状態だし、敵に見つかったらやばい状態だし、得体のしれない異星人に頼っているし。

  • 超面白くてあっという間に読んでしまった。小川一水先生続きを出来るだけ早くお願いします。次が出るまでの数ヶ月が恨めしい。

  •  全10巻になる宇宙SF書き下ろしシリーズの第7巻。
     太陽系中の地球人類に宣戦布告した救世群(プラクティス)から恒星間宇宙船で逃れようとしたアイネイアたちは、失敗して小惑星セレスに不時着し、生き残った数万人の子供たちと生存の道を探ることになる。
     プラクティスの影におびえながら、ポーイスカウトに毛が生えた程度の知識しかない彼らが、孤立した未成年の集団に秩序と社会性を植えつけるため苦労する日々がリアルに描かれる。悲惨な出来事は起こるが、テクノロジーの力も借りながら、かなり順調に新世界を築いていく。

     そして、遠い未来の話である第1巻につながるいちばん大きな伏線が、ようやくラストで明かされる。いよいよ全体のストーリーが見えてきた。

  • ―――《救世群(プラクティス)》が太陽系全域へと撒いた冥王斑原種により、人類社会は死滅しようとしていた。
     シェパード号によって《救世群》のもとから逃れたアイネイア・セアキは、辿りついた恒星船ジニ号でミゲラ・マーガスと再会する。
     しかし混乱する状況のなかジニ号は小惑星セレスに墜落、かろうじて生き残ったアイネイアとミゲラは、他の生存者を求めてセレス・シティへと通信を送るのだったが――


    天冥の標 第7章

    なんだこれはもう、やられた。
    しかもその先の更なる真実にも思い至って、読み終わってから一人で悶えてニヤニヤしていた。

    これまでとは違い、閉鎖されたミニマムな環境が舞台なこともあって、事態の緊迫感やキャラクターたちの葛藤が身近に感じられた。

    とにかく続きが気になりすぎてたまらん1冊だった。





    「ちゃぁこいアラート、ちゃぁこいアラート
     サソリに会っても恐れぬことよ
     けだかい心とこはくの瞳、つよい力に、かたい殻
     しっかり応えてくれおるよ―――」

全45件中 1 - 25件を表示

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)に関連するまとめ

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)の作品紹介

男性24905名。女性27339名。成人1029名。残存人類、52244名──第7巻のさらなる絶望

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする