天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)

  • 343人登録
  • 4.34評価
    • (57)
    • (59)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : 小川一水
制作 : 富安健一郎 
  • 早川書房 (2013年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311391

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「さらなる絶望」とあるが、「底」からいかに立ち上がるか。
    第1巻の29世紀から第2巻の21世紀まで遡った物語が
    ようやく第1巻の世界へ繋がりかけてきた。
    ただ第1巻の記述と、まだ食い違うところがあるので
    明らかになっていない真実を注意深く読みすすめなければならない。
    で、8巻の帯にはメニー・メニー・シープの『二百万人』とある。
    いつの時代なのだろう。(再び)早くも、次が待ち遠しい。

    ただ、非情な決断のパートや、政変のパートの描き方が
    少々淡白に感じてしまったのが残念。

  • 小川一水版『ルナゲートの彼方』
    しかしまあ、なんていうか、よくもここまで壮大な話を書いてくれたもんだ。
    とりあえず、ここで一旦『メニー・メニー・シープ』に戻って復習後に先に進みます。

  • やれやれ、やっと1巻につながった。
    巻数ごとに楽しみは増すのだが、完結後に時系列で読み直すのが何より楽しみだ。

  • 物語はとうとう出発点に舞い戻りか。名前が覚え難くて、登場人物表を開いたまま一人ひとりを当てはまって行く自分…

  • 冥王斑患者群、いわゆるプラクティスの事実上のバイオテロの結果太陽系は完全に沈黙し、生存者達がセレスシティの地下深くに独自のコミュニティを創設するとアイネイア・セアキ達ボーイスカウトのメンバーを中心とした臨時政府が機能を開始するが、スカウトの少年少女達はあまりに若く、皮肉なことにその若さに比してあまりに聡明で勇敢で、自らの使命に誠実であったので、重責に苦しむ若者達は互いを求め互いを憎みながら生存に向けた葛藤を乗り越えて、最終的に人々から真実を隠した偽りの新世界が生まれる。

    血と涙と悲しみに濡れた新世界の大地はただ広く、その空は果てし無く高い。

    偽りであろうとも、美しいものを求め止まないことが人間の悲しい宿業なのかもしれない。

    というわけで第1巻の開始時点についにグルっと戻って来たのである。

  • 宿怨に続くアインとスカウトのメンバー達の物語。

    ここに至ってようやくメニーメニーシープの側面が見えてきた。この話を読んでいて、ガンダムのホワイトベースのことを思い出したのだが、状況が状況だけに背負っているものがこちらの方が桁違いに大きい。
    スカウトのメンバー達は、かなり訓練された優秀な人材なんだろう。あるいはノルルスカインが後ろで糸を引いているのか。
    今回の話は、読んでいて色々と胸に来るものがあり、強く印象に残った。

    さて、この「植民惑星ハーブC」においてカドムとイサリが出会うまで、メニーメニーシープ約300年の歴史が始まったわけだが、今後どんな展開が待っているのか、ますます興味深くなってきた。

  • 6巻を読んだ時点で予想していたhttp://goo.gl/jqbGSOがほぼ正解でした(いや、作中で明言されていないけれども)。ただhttp://goo.gl/n9ac0cという予想はハズレ。それにしてもスケールの大きい話です。

  • 1巻への道筋がこれで見えてきたわけですが、既刊の中でこの7巻が革命よりパンデミックより宇宙戦争より一番切迫した物語だったような。しかし、良くあの状態から命のバトンを繋げ“社会”というコミュニティを作り上げたものだなあ。歴史改竄の件は事実を語り継ぐものはいなかったのだろうか?メララやアイネイアあたりが子孫に語り継いでも良さそうなのだけど…。

  • 少年少女の閉鎖空間での悲痛な話
    最初はちょっと特異すぎて別作品を読んでいるようだった
    だが、話が進むにつれてそれがあの1巻の世界へと確実に繋がっていく確信みたいなものが感じられ、終盤は高揚感があった
    あの賑やかで厳しくも楽しかったスカイシーでのスカウトの日々を思うと、その境遇への悲痛さが際立つ

  • 前巻から想像のうちではあったが、1巻に繋がる話。
    想像以上に過酷ではあったが、復活の地や天涯の砦を経た作者の真骨頂かもしれない。

    まだあと250年ほどあるし、次巻がサブタイトルが「巨大箱舟」なのでもうちょいと展開あるかもしれないが、1巻の体制はほぼそろったのかな、と。

    あとは1巻の続きだな。

全45件中 1 - 10件を表示

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

天冥の標Ⅶ Kindle版 天冥の標Ⅶ 小川一水

小川一水の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
アンディ・ウィア...
有効な右矢印 無効な右矢印

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)に関連するまとめ

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)の作品紹介

男性24905名。女性27339名。成人1029名。残存人類、52244名──第7巻のさらなる絶望

ツイートする