僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)

  • 448人登録
  • 3.89評価
    • (24)
    • (58)
    • (28)
    • (4)
    • (0)
  • 46レビュー
著者 : 乙野四方字
制作 : shimano 
  • 早川書房 (2016年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150312336

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
米澤 穂信
辻村 深月
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同時刊行のどちらから読むか悩み、本屋で立ち読みしたところ面白そうだったのでこちらの方を先に購入。パラレルワールドが科学的に証明され当たり前にある世界。そんな世界設定でもう面白いのに、素敵な恋愛小説になっている。ライトノベル出身作家なので読みやすさは抜群。新しい技術が世に浸透していく様もわくわくしたし、パラレルワールドのあり方にもなるほどと思った。次も早く読もう。

  • 選ばない可能性があるお陰で、選ぶことができた。って考え方いいなあと思った。他への尊重が自己への尊重へ循環してる感じがする。

  • 請求記号:913.6||O 86
    資料ID:C0038335

  • 世界観の作り方が上手いと感じた。何重にもなるパラレルで混乱しそうになるけれど、軸は外さないので、ちゃんと起点に帰って来られる。さっぱり分からない世界から読みはじめたのに、ちゃんと理解してオープニングに戻ってきて、同時にそれが終わりでもある。すごく複雑だけど、紐解いていくのがクセになる(笑)
    登場人物の物の考え方も好きだった。近未来的な純愛モノという感じ。読後に幸せを感じられた。

  • 読み始めたと思ったら、一瞬で読み終わってしまった。。
    SFだけどガチガチの硬派なものではなく、ちょっと理系オーラが漂ってるくらい。ものの1時間くらいで、新しい概念の世界観を垣間見て、そこでの恋愛ドラマと1人の人生を味わえる、ある意味コスパが高い作品です。
    ※図書館で借りたので満足度が高いのですが、買ってたらどうだろう。。

    並行世界の存在が実証されていて、朝食にご飯を食べた自分とパンを食べた自分、自分自身が選択肢の分だけある微妙に異なる世界を行き来しているという世界。
    この舞台装置は間違いなくドラマ生まれますよね!
    読みやすい筆致の中で展開されるストーリーは期待を裏切らないもので、読後感も良好でした。まぁ本気で並行世界があるんだったら、とんでもない数に増えていってドラマどころじゃないんじゃないかって気もしますが。。
    一番でかい伏線は未回収で、対になっている「君を愛したひとりの僕へ」を読むと回収できる仕掛けなのかなと。

    本書のタイトルそのものにある、人を愛することについての考え方。自分なりにも考えて、大事にしていきたいと思いました。

  • 素敵だなぁって思う
    私はこっちから読んだ

  • 並行世界の存在が実証された社会で生きていく主人公に、その社会ならではの事件がいくつも起こる。設定がすごく自分好みで良かった。
    厚みがないように感じたのが残念。
    170918

  • あらすじ(背表紙より)
    人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された時代―両親の離婚を経て母親と暮らす高崎暦は、地元の進学校に入学した。勉強一色の雰囲気と元からの不器用さで友人をつくれない暦だが、突然クラスメイトの瀧川和音に声をかけられる。彼女は85番目の世界から移動してきており、そこでの暦と和音は恋人同士だというのだが…並行世界の自分は自分なのか?

  • ここ10年の日本のSF文学は、正直食わず嫌いというか、あまり良い印象がなかった。海外SF文学好き固有の堅苦しい重厚さに浸ってしまった人間に固有とは思うが、所謂ラノベっぽい感じが好きではないのだ。

    しかし、本作(と兄弟作)を読んで考えが少し変わった。それも日本のSFの一つの形であるし、日本の様々なメディアに露出しているラノベ産業と全く重なる要素のないエンタメというのは、ほぼあり得ないと考えることにした。

    本作「僕が愛したすべての君へ」と「君を愛したひとりの僕へ」は、並行世界を科学的に立証し、行き来することを可能にした世界(現代〜近未来のイメージ)が舞台で、どちらを先に読んでも特に問題は無い。後に読んだ方は、先に読んだ方の補完や伏線を回収する役目を果たしてくれ、作者曰くハッピーエンドが好きなら「君を〜」から、切ない終わり方が好きなら「僕が〜」から読むのが良い。

    両作品とも、一人の女性を愛した僕(俺)を描いた作品であり、それぞれから遠い並行世界が舞台となっている。並行世界に関する分野の虚質科学では、自分の世界を基準とし、異なる要素が微小な世界を近い並行世界、大幅に異なる世界を遠い並行世界としている。
    本作は、例え近くの並行世界の人間でも、それは自分なのか?それは愛する人なのか??という点に重きを置いており、恋愛小説としての要素が大きい。「勉強しなくてもテストでは良い成績を〜」「望まぬ出世をしたせいで小金持ちに〜」みたいな自分語りの手法にはイラっと来るが、サクサク読める。個人的には本作から読み始めるのがオススメ。

  • 同時発売された「君を愛したひとりの僕へ」よりこちらの作品を先の読みました。
    結果的にこちらの作品から読んだ方が読みやすいかもしれません。
    この作品には、何個かのか壁があります。
    パラレルワールドの理解とその平行移動、その原理と学問としての理解、独特の物語の進行です。
    こちらの作品から読んだ方が読みやすいのは、比較的現代の流れに沿っているからかもしれません。
    しかし、最後まで読んだ後は、作者の意図かもしれましせんが、もう一つの作品を読みたくなります。
    各場所にちりばめてある「ふせん」が最後まで回収されないからかもしれません。
    それらがどこで回収されるのか楽しみながら次の作品を読めたらいいです。

全46件中 1 - 10件を表示

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)はこんな本です

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)のKindle版

ツイートする