君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)

  • 402人登録
  • 3.81評価
    • (25)
    • (43)
    • (34)
    • (6)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 乙野四方字
制作 : shimano 
  • 早川書房 (2016年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150312343

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
辻村 深月
ジェイムズ・P・...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誰もが意識することなく『並行世界』を揺らぎながら生きている、ということが常識となった世界。
    両親が離婚したあと父と暮らす10才の暦は、ある日、愛犬のユノが事故死した世界から、ユノではなく、祖父が死んでしまった世界、自分が父ではなく母と暮らしている世界へとシフトする体験をする。
    そのきっかけとなったのは、父の勤める研究所の所長の娘、栞。
    二人は、双方の親が再婚を考えていると知り、お互いが兄妹にならず結ばれる世界へシフトしようとするが…


    シフトに失敗した栞を救いたい、その事だけを望む暦の人生。
    同時刊行の『僕が愛したすべての君へ』を読了した後なので、ほんの小さな一点からかけ離れていった暦の幸福と不幸に、幸福に気づかない不幸に、やりきれない気持ちになった。

    けれど…本作を読了して、もう一度『僕が愛した…』に戻ると、その不幸も幸福なのだと…、たぶん、そうでなきゃ、と思う。
    どの道を選んだ暦も、深く愛する事、愛される事を知っていた、幸福な人間だった。

    こういう設定の物語は、伏線を後で見返してフムフムと考えるのも楽しみの1つ。それを2冊の本で、さらに楽しめる。

  • フォロワーさんが推してたのでなんとなく気になってもう片方と一緒に購入。
    「僕が…」→「君を…」の順に読んだので。2冊読んでからの感想は主にこちらで。

    “日高”暦のストイックさというか人間の乾きが痛々しくその差に心が痛む。と同時に、「共感するならこちらの暦だ」とも思い知らされた。

    仄かで器用に表せなかった恋心は控えめで、その後の「栞を救うため、駆り立てられる執念」が物語の主であり、「自己満足だけの自己犠牲をを嘲る男の悲劇」とでもいうか。
    愛する人を不幸にした世界を、なにより自分を許せない“日高”暦のその痛々しさが苦しい。
    とことん自らの幸福の希求を放棄した“日高”暦、彼が選びとった「平行世界」が「僕が…」の世界であったのは読者の救いであったろう。故に大団円派はこちらの方を先に読んだ方がいいのではないかと。
    「僕が…」よりもSFらしさは増してると思うが、文系脳故あくまで雰囲気で。

    2冊を並べてみると、やはり「僕が…」の方が一般的に好まれるのかもしれないと思う。
    「僕が…」の幸福に満ちた物語に癒されはしたものの、何かの物足りなさを感じた私には、「君の…」の、悲劇による魂の浄化 が酷く胸に刺さる。カタルシスを求めるのであれば、是非「君の…」から読むことを勧める。

    蛇足:ポルノの「カルマの坂」、バンプの「Ever lasting lie」が好きな人には合うかもしれない。

  • 『僕が愛したすべての君へ』と同時刊行の作品。
    本書『君を愛したひとりの僕へ』から読み始めました。

    何とも切ないお話でした。
    栞を救うために、並行世界の研究を重ね、あらゆる手立てを試す暦だけど、最終的に暦が見つけた「栞を幸せにできる方法」があまりにも切なく、またその方法にたどり着くまでに要した歳月が途方もなく長くて…。

    本書読了後に、並行世界の暦の人生を綴った『僕が愛したすべての君へ』のラストを読んで、本書の世界を生きた暦の人生が報われた気がして、少しだけ心が軽くなりました。

    本書だけでも十分読み応えはありますが、同時刊行の2作品を併せて読むことで、物語の世界観がぐっと拡がります。
    是非、セットで読むことをオススメします。

  • 請求記号:913.6||O 86
    資料ID:C0038299

  • この世界の暦よりもう一つの世界の暦の方が好きだった。読後感的には、こちらを先に読みたかったけれど、こちらを先に読むと、世界観が分かりにくく感じそうだなーと思った。もう一回「僕が愛した…」を読んで気持ちよく完結させたいかも。
    2冊がところどころ絡み合っている場面は、裏と表を両方見ているようで、面白かった。「僕が愛した…」で最後まで回収されなかったと思っていた伏線を、こちらで回収しているところは本当にすっきりして、気持ち良かった。
    でもやっぱり、「僕が愛した…」のラストだけもう一回読まないと両方とも完結できないなぁ…。

  • うーむ?これだと、2作出す必要があったのかな?
    朝食にパンを選んだ自分とごはんを選んだ自分…。パンを選んだらごはんを選んだ自分いなくない?平行だからいるのか…
    うーむ。さっとよめたがなんか薄味。

  • 私はもう1個の方が好き
    ちょっと並行世界とか時間移動とかの仕組みが難しい

  • 僕が愛した〜と同じで、並行世界設定のお話。それぞれの話が少しだけリンクしている。やっぱり物足りなさは感じる。
    170918

  • 『僕が愛したすべての君へ』と同時刊行。どちらも同一主人公ながら平行世界で別々の物語となっている。どちらから読んでも問題ないが本書から読むことをおススメ。本書を書店で見かけたときタイトルと表紙絵からライトノベルだと思っていたがライトノベルのレーベルではなかったので興味本位から手に取った。内容は本格的なSF。とても面白かった。本書はタイムスリップの過酷さをもう一冊は平行世界の儚さと幸せの意味に想いを馳せることになるだろう。
    あらすじ(背表紙より)
    人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された世界―両親の離婚を経て父親と暮らす日高暦は、父の勤務する虚質科学研究所で佐藤栞という少女に出会う。たがいにほのかな恋心をを抱くふたりだったが、親同士の再婚話がすべてを一変させた。もう結ばれないと思い込んだ暦と栞は、兄妹にならない世界へ跳ぼうとするが…彼女がいない世界に意味はなかった。

  • ただただ切ない。先に「僕が〜」を読んでいたため、ハッピーエンドがあることを知っているが、本作の舞台の世界ではそれが無いという事実が切ない。

    「僕が〜」と比べると、SF的要素がかなり増したと感じるのは、本作の主人公の持つ目的の大きさが原因だろう。「僕が〜」の世界とは大きく異なる立ち位置に置かれ、必死で世界を取り戻そうとしている。「僕が〜」で登場するヒロインは、今作ではヒロインという形としては登場しないが、所謂腐れ縁とも少し違う、これまた切ない役どころで登場する。自分と長い付き合いの周囲の人を見て、ひょっとしたらこいつとの関係が全く違う世界もあるのかな…と考えてみるのも楽しいかもしれない。

    並行世界を行き来した際の矛盾を感じる描写もややあるが、気にせず読める。

全43件中 1 - 10件を表示

君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)を本棚に「積読」で登録しているひと

君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)はこんな本です

君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)のKindle版

ツイートする