血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)

  • 129人登録
  • 4.13評価
    • (16)
    • (21)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 多崎礼
制作 : 多崎礼  中田春彌 
  • 早川書房 (2016年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150312374

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  1巻目の100pか200pくらいまで、主人公の男性のモノローグがどうもなじまなくて、多崎先生の声とダブって聞こえていたのですが、物語が動き始めてからは、男性の声が本物になっていました。
     それでもやはり、三人称の方がよかったんじゃないかと思っていたのですが、2巻目は一人称でよかったなと思えました。

     血液を媒介にしてやり取りされる記憶。意思。心。真実。
     それは過去のものでも、今のものでも通じ合える。
     ただし、過去の場合は一方的に。

     二冊読み終えて、これはプロローグにすぎない、ということでよろしいでしょうか。
     なんと、あとがきもついていないのですよ、今回。
     どうしたことか。
     次回の予告とか、いつもあったのに、今度ばかりはどうしたの・・・?
     とかいって、ブログを覗いたところ、次回は別のお話出会えそうですが、今回のこの「血と霧」は、以前予告していた吸血鬼のお話ですよね?
     そう、吸血鬼のお話だと気付いたのも2巻でした。
     いや、血のように赤いワインか何かを飲んでるんだ…? ん? って思っていたのですが、いやいや、これ、やっぱり吸血鬼だよ! 銀に焼かれるとか、日光に弱いとか、吸血鬼じゃん!と。
     吸血鬼と言えば人間が恐れて対立する構造ばかりイメージにあったので、いや、間が抜けていることに、気づきま……というか、世界観を呑み込むのにだいぶかかってしまってたということですね。
     人が織りなす物語を吸血鬼という縛りを持った人が織りなす。
     ついでに龍まで出てきてファンタジーだ。
     ルークに心寄せてしまうとなかなか辛い2巻目。
     というか、ごめんなさい、後が怖すぎて、実はちゃんと読み通す前に2巻のお尻の方さらっと見てから挑みました。
     だから、ショックは普通に読むよりは少なかったと思う。
     それでもやっぱり、子供は無垢に正義感に溢れていて、危なっかしいを通り越して勇ましく、長い時を生きて思い出や傷を退席させる時間もないために、理想のために己の命を手放して散らしてしまえるのか。
     大人はそうはいかないですよね。
     汚くても憎まれても、自分の命は結局ぎっちり握ったままになる。

     ミリアムについては、誕生当初からやたら元気だけど、グローリアの血をついでYなら、内側から食い荒らされることもあるんじゃないかと思っていたので、まあ、そうですよね。
     執事様が麗しすぎます。

     2巻の大半を占めるのは(占めるように感じられたのは)、第4章の道化の見せる夢。
     この辺、「夢の上」と「煌夜祭」を彷彿とさせられました。
    (と思ったら、ブログで「煌夜祭」との関連性が示唆されているではありませんか! 吸血鬼……そう、吸血鬼ですよ!!! そうだったんだ……!!!!! 早く第三シーズンまで出してください!!!!!)
     道化の正体が気になる。
     グローリアとロイスの恋物語は、思ったよりも低年齢でした(笑)
     10代半ば、もとい、15,6歳くらいで、ほぼ同い年で? の割には、大人びていてこなれている!のは上流階級の習わしだから?
     中世とかならそれも普通と言えばそうなのでしょうが、ロイスは勝手にグローリア15歳の4歳くらい上のイメージでした。グローリアのわがまま姫ぶり(恋人限定)は、同い年にはきつかろう、なんて思いながら読んでいましたよ。いくら精神年齢が高くても、ね。
     でも、美味しい姫騎士譚でした。
     ここで引かれていた、なぜグローリアは生まれてくるのが女の子だとわかっていたのか、という伏線は、今後世界の根幹にかかわる部分でわかるのでしょうか。
     女王の資質を持つオルタナの女性は未来が見える、とか。

     さて、今回ルーク王子は……ということですが、ミリアムも……ということですが、狼男がなんだか生きているっぽいし、なんとなく、どちらか一人くらいは、むしろミリアムは、実は生きてるんじゃないかとか、勘ぐってしまうのですが、どうでしょう。
     ギイの正体も気になりますしね。
     絶対どこかで出てきている関係者だと思うのですが。
     むしろオルタナの血をひいていたりしそうですし、夢の中の道化役であったりもしそうですが。
     正体、気になるところです。
     女性、なのかなぁ、なんて。ロイスへの心の傾け方が、最後のあたりでなんとなく、そんな気がしました。

     今後はアドリアとの仕事関係で舞い込む依頼を片しながら世界の謎もとい、戦争の平定やら、「歴史」と呼ばれる秘密結社との抗争に巻き込まれていくのでしょうか。
     ティルダとの間も気になる所ですが、絶対アドリアの婿候補に挙がってくると思うんですよね。(おいしい)
     それから、2番目のお姫様がどう仕掛けてくるのかも、気になる。

     地下の殻の中に築かれた世界に存在する国の物語。
     上殻、中殻、下殻、さらには昇降機の存在。
     カタツムリの殻のように螺旋になりながら地下に存在するのでしょうか。
     他の国との位置関係が気になりますが、それは今後わかるのかな。
     名前の付け方も韻を踏んでいるのが、得意な人と苦手な人といそうですが、多崎先生のこだわりが見られます。
     それから、子供は大事、貴賤なく愛せよのメッセージ性。
     前作の神殺しの話や四季の物語の時も、メッセージ性が前面に強く押し出され(過ぎ)ている気がしていましたが、今回もストレート。
     大事なことは言葉にして伝えないと伝わらないよ、とはいうものの、主人公たちの心の機微や行動を見ていれば、今回は前作ほど紙面を削られているようでもないので、十分に伝わると思うのです。
     「煌夜祭」の時のように、感じるものは自分の中に自分で見つけられるのが好きなのです。
     私は。
     それでも、そこが多崎節だと言われれば、首肯するところではあるのですが。
     登場人物の心の中に作者のメッセージが出すぎているのが、どうしても気になる……。

     それでも、多崎先生の作る灰色の世界の中で息をする人々が殻を破って色彩を手に入れる物語は大好物ですので、次回も期待して待ちたいと思います。

     別のお話もいいけど、「血と霧」の続編(正確な意味での2巻目)を待っています。
     せっかく拡げた世界ですもの、ちゃんと綺麗に畳んでいただかないと!
     というか、この世界結構好きなので、続編よろしくお願いします、出版者様。

     別のお話も出版の都合で紙面が削られることのありませんよう。思い切り、言葉の端を削らずともいいように書かせてあげてくださいませ。

  • 久しぶりに心震える本に会えた。ずっと手元に置いておきたい特別な本だ。辛い運命を歩んだ登場人物が多かったけれど、精一杯生き、愛情という物を見つけられたその人生は短くとも暖かい光に包まれたものだった。恋愛、親子愛、友愛、こういった確かなものを知り得た者は、大人だろうと子供だろうと立場貧富にかかわらず強いなと思った。

  • ロイスの過去が少々食傷気味でした。グローリアの性格が受け入れられなかった。

    ルークの成長と覚悟に切ない気持ちになりました。
    続きはあるのでしょうか。

  • で、2巻。ネタバレますよーーーーー。


    まず表紙のルークのビジュアルで「可愛けりゃ許される」フィルターかけてやってもいいかと思っちゃいますが、最終的にね、本当に犠牲になるとは…そりゃ見直しますよ。
    定番ポジションとして、ティルダとヴィンスとか、ものすごくいろいろありそうなギィとかが、本当に脇役のまま終わったのが残念だけど、前後編だとこのくらいか。かと言って続編続編で続けられても萎えるので、あと1〜2冊くらいだったら蛇足にはならなそうだけどなぁと。

    ちなみに「吸血鬼✕スチームパンク」って帯に書いてあるけど、吸血鬼かどうかは微妙な気がするけれど、ファンタジー色強めのスチームパンクは、ありそうでそんなに読んだことなかったので、新鮮でした。

  • 1、2巻というより前後編とか上下巻と言ったほうが正しいような。

    多数あった伏線を回収しつつ、ラストまとめたのはうまかった。やたら登場人物が不幸だらけなのは最近の流行りっぽいけど、それが一応本筋に影響するので、まあよいか。

    血の内容ですべてが決まる世の中、という設定よりも、『殻』という世界設定が面白いなぁと思った。あまり活かされてなかったけれど。

    ラストがやたらヒロイズム満載でちょっとだけ鼻白んだので☆3つに下げました。

  • 完結編の2巻もとても面白かったです。ロイスやルークの過去が壮絶で切ない。そしてロイスが捜し求めていたミリアム…そんな!となりました。残酷な真実。ルークの決断と結果も、そんな!となりましたが。でもラスト辺りのロイスとアドリアの会話に一縷の望みを託して、続きもあったらいいなと思いました。血に支配された、この世界観がとても好きでした。

  • あーーんまりなどうしようもない最後だね…
    ( ̄▽ ̄)

  • ゴシックパンク吸血鬼疑似親子モノ…で好みの要素たくさんでそこそこ楽しい。作中で「人間」と言われてる方は、銀と日光に弱く、血による他者支配ができる、などの特徴から吸血鬼、そして敵対する「純血種」の方が人間なんだと思われるが、敵役の純血種や女王に魅力やストーリー性が乏しいのが残念。生まれつき血のバリューが高い=俺強い、となる世界観のため、あまり主人公に共感できないのも△。
    また主人公は中年と思われるのだが、作中から年齢不詳な感じが漂う。吸血鬼故に長寿、だからなのではないかと思うけどここも説明がほしかった。吸血鬼と人間の寿命の差って鉄板ネタなので。

  • ファンタジーとはいえ都合よく不自然なことにならないところがよくて、だからこそ心に残った。

  • 短い命を精一杯生きようとする姿が潔かった。

全20件中 1 - 10件を表示

血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)の作品紹介

ロイスに過去を思い出させた依頼。その先に待つ真実とは――血と記憶を追う冒険譚後篇

血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする