宇宙軍士官学校―前哨― 12 (ハヤカワ文庫JA)

  • 53人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (11)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 鷹見一幸
  • 早川書房 (2016年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150312503

宇宙軍士官学校―前哨― 12 (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016年11月ハヤカワ文庫JA刊。シリーズ12作目にして最終巻。納得が行く粛正者の説明とそれ故の取りうる戦略の方向が、興味深く、面白い。新シリーズを期待させてくれる。

  • 長きにわたる戦いに終止符。しかし、なんか釈然としないのはなんだろうな…。ケーイチの創意工夫的な話がすっかり鳴りを潜めてしまったせいだと思うが、続編に期待。

  • スカウト編堂々の完結!

    圧倒的な数の力で攻めに攻めてくる粛清者に対して
    終わりなき消耗戦を強いられる
    あらゆる手段、そしてなりふり構わない防戦で対抗する彼らをしかし
    無慈悲な絶望が飲み込もうとしていたーーー



    ****以下ネタバレあり****


    手に汗握る、そして暗い気持ちに包まれる展開で
    いくらか憂鬱にはなったけども
    これを読んでる時点で最新刊の続編が出て購入していたので
    まあなんらかの救済が行われたのであろうと楽観もしていた
    たいへんつまらない読み方をしていますね!

    地球が終わるまで続く戦い、というのが前提であったので
    続々と死者や、戦闘のできない艦が増えていき
    いったいどうオチをつけるのかと気を揉んでいたが
    絶妙なタイミングで救いの手が差し伸べられて
    本当に良かった!
    こんな風に誰かの手によって地球が破壊されるのは
    やはり悲しいもんだ…
    ラストでは次の話に向け時間も経過していて
    粛清者の再プッシュはなかったようだけど
    あの一度の表面爆発で諦めたのは、物資が尽きたからなのか、解熱剤の存在のおかげなのか判然としない

    今後は防戦一方の今までと違い、
    こちらから積極的に働きかけていくようだけれど
    最終的にどちらかが滅亡という話にはならないと思うから
    何かしらの意思疎通が成り、和解というか折り合いをつけていくことになるんだろうか

    そういえばアバターは今回失った分はまた再生産?されるのだろうか

    新たな種族、文明、そして戦いが待っている
    次の出航に向けて、わくわくしている

  • うおおおおー!
    だった
    みんなできることをして、やれることをやって、やりつくして、絶望してるけどせずにやっぱりできることをして、そして、のはなし。
    どっちに舵を切るのかが最後までわからなかった。
    早く!ともちろん思うけど、まさに全てタイミングなんだよね
    ウィルがそうなるのはなんかわかるようなわからないような、わらっちゃう

  • 凄かった。
    最終巻となるわけだが、まさにクライマックス!
    太陽系防衛のため闘う有坂ら独立艦隊、アバターを持たない迎撃戦闘機、長城とゲート、危機一髪の地球と太陽……。
    特に、強い放射線に焼かれていく地球の描写が凄い。
    全巻手に汗を握る展開だった。
    そしてエピローグでは、感動の一コマが。

  • 最終巻.

    ケイイチはアバターの死からの蘇生の間に謎の声と会話をする.

    急展開でしたね.
    粛清者たちが人類を滅ぼそうとする理由が判明.

    なんていうか
    お前らは邪神が作った細菌兵器みたいなもんだから
    大人しく滅ぼされろ.それが正しいことなのだ.
    みたいな.
    もちろん「はいそうですか」と滅ぶわけもなく….

    いやー,面白かったわー.
    壮大なスペースオペラでしたわー.

    彼らの戦いはまだ始まったばかりだ!
    みたいな終わりだけど打ち切りじゃなくて
    そもそもこの話は「前哨」だから.

    まぁ,士官学校なんてかなり前から関係なくなってたしな.

    サイドストーリーみたいなのが出てるそうなのでそっちも楽しみだぜ.

  • 宇宙軍士官学校シリーズ第1部完結。
    地球防衛する恵一率いる途上種族艦隊。どんどん劣勢になる中で援軍が到着する。
    面白かったんだけど防衛戦の最後は天上人が出て来て解決というようなモヤモヤした結末。もっと悲惨なオチでも良かったと思う。敵である粛清者の事が分かってきたのは興味深い。相手には相手なりの正義があったんだと。もっと悪役側の魅力があっても良い。

  • 楽しかった

     いったい地球は、防衛軍はどうなるのか、粛清者とはなにか、なんのための戦いか、人類の祖はなにかといった数多くの謎に一定の回答を与えて、物語は終わる。

     更なる真の解は続編で明らかになるだろうし、登場人物のその後も描かれることだろう。楽しみである。

     大きな破綻なく、楽しくここまで物語を紡いでくれた作者に感謝。私は戦闘と筋しか追ってなかった気がするが、次は登場人物を節約して良いから、あと少し濃い物語を期待したいな。

  • 粛清者との関係もなんとなく明らかになり始めたところで、第一部完。
    ぬう。次も買わざるをえまい。

  • ジュブナイルのようだが緻密で広大な世界観、読みやすいがシリアスなストーリー展開。この第12巻で一区切り。次シリーズ構想中ということで大いに期待。

全10件中 1 - 10件を表示

鷹見一幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンディ・ウィア...
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙軍士官学校―前哨― 12 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宇宙軍士官学校―前哨― 12 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宇宙軍士官学校―前哨― 12 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宇宙軍士官学校―前哨― 12 (ハヤカワ文庫JA)の作品紹介

粛清者はさらに12万の恒星反応弾と護衛艦隊を送り込んできたが……第1部、堂々完結!

宇宙軍士官学校―前哨― 12 (ハヤカワ文庫JA)はこんな本です

宇宙軍士官学校―前哨― 12 (ハヤカワ文庫JA)のKindle版

ツイートする