脱出航路 (ハヤカワ文庫 NV 283)

  • 48人登録
  • 3.69評価
    • (5)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 佐和 誠 
  • 早川書房 (1982年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150402839

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ハ...
ジャック・ヒギン...
ロバート ゴダー...
ジャック ヒギン...
ジャック ヒギン...
スティーヴン ハ...
フレデリック・フ...
ジャック・ヒギン...
有効な右矢印 無効な右矢印

脱出航路 (ハヤカワ文庫 NV 283)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「鷲は舞い降りた」より先に、こちらを読了。最後まで読みやすかった。

    独軍の旗色が悪くなってきた頃、南米の港から、ドイツの人々が三本マストの帆船に乗って脱出した。船長と尼僧のちょっとした対立、嵐、浸水や食料問題に直面しながらも故国を目指そうとする。しかし、ついに大型の台風にぶつかり――。

    任務の途中に帆船を発見する独軍空軍機の将校、捕らえられたUボートの英雄、敵国の人間ながら救出に向かうアメリカの人々。大嵐の中、敵味方を越えて救いに行くクライマックスは見ものです。

  • 個人的には、「鷲は舞い降りた」よりも、こちらの方が好みだったりします。当時の価格は500円でした。

  • ヘルムートとロッテの悲愛と、敵味方を超えての救出活動が胸を打ちました。ただスコットランド高地人の言葉遣いを九州弁? に翻訳するのはやめて欲しかった。菊池光氏が翻訳していればもう少し、読みやすかったのではないかと思う。

  • (2006年3月)。

  • 冒険小説ファン必読!

全5件中 1 - 5件を表示

脱出航路 (ハヤカワ文庫 NV 283)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脱出航路 (ハヤカワ文庫 NV 283)の単行本

ツイートする