コンテイジョン―伝染 (ハヤカワ文庫NV)

  • 39人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (0)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Robin Cook  林 克己 
  • 早川書房 (1997年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (619ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150408435

コンテイジョン―伝染 (ハヤカワ文庫NV)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは最高獵

     600頁があっという間のとても楽しいクック作品。見直した。

     100頁を残すところになってもまだ真相がわからない。

     そこから(多少解剖医の主人公がヒーローっぽくアクロバティックになるのが残念だが)、一気にヒートアップし大どんでん返しが待っている。

     いやぁ、楽しい作品だった。映画にしたらかなりいいセン行くんじゃないかと思う。特に脇役的にとてもいい味を出しているギャング連中がかなり目立つこと請け合いだ。

     大都市の総合病院で院内感染による死者が続出する。主人公である解剖医が調査した結果、死因はなんとペストであることが判明。そして次から次へと考えられないウィル%

全2件中 1 - 2件を表示

コンテイジョン―伝染 (ハヤカワ文庫NV)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コンテイジョン―伝染 (ハヤカワ文庫NV)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コンテイジョン―伝染 (ハヤカワ文庫NV)を本棚に「積読」で登録しているひと

コンテイジョン―伝染 (ハヤカワ文庫NV)の作品紹介

ニューヨークのマンハッタン総合病院で、不審な病気が流行しはじめていた。糖尿病で入院した患者が、強い伝染力をもつ原因不明の感染症により死亡してしまったのだ。ニューヨーク市の監察医ジャック・ステープルトンは、院内感染による肺ペストを疑って、調査を開始する。だが、真相解明もままならないうちに、病気は患者だけでなく病院スタッフにまで広がっていく。しかも、ジャックには恐るべき魔手が迫っていた…。

コンテイジョン―伝染 (ハヤカワ文庫NV)はこんな本です

ツイートする