ラスト・グッドマン (下) (ハヤカワ文庫 NV)

  • 30人登録
  • 2.69評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
  • 5レビュー
制作 : 岩澤 雅利 
  • 早川書房 (2012年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150412609

ラスト・グッドマン (下) (ハヤカワ文庫 NV)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009年、コペンハーゲンとヴェネチアを舞台に二人の警察官が世界各国で起こった死亡事件の謎を解く話。コペンハーゲンの警察官とヴェネチアの警察官の様子が交互に語られる形。34人の死亡事件には背中のあざの共通点があり、場所の規則性を突き止め、以降の犠牲者を救おうとする。コペンハーゲン警察官と物理学者が出会ったところから展開がよくなり、一気に結末まで進む。解明していく過程は面白く読めたが、義人にあざが発生する謎はわからないままでもやもやが残る。

  • 36人の「善人」のうち、まだ亡くなっていないのは2人。
    その2人は誰なのか?死が想定される時間が迫ってくる。
    「善人」の謎解きの意外性と死から逃れるための方法の意外性
    切迫感がいい。

    「善人」の謎解きにすこし納得できないところが残る。

  • すっとこどっこいな作品である。北欧にもこんなノーテンキな作家がいるんだなと、ある意味新鮮ではあったが。

    作品のネタは、“世界には36人の義人がいて、全て失うと世界が滅びる”というユダヤ教の伝承。それと冒頭の怪死がどう絡んでくるのかが当初の興味ではあった。で、実際読んでみると、しょぼいダン・ブラウンみたいな話だった。章割りが速すぎて作品に入っていけないし、内容も全然響かない。

    途中でターゲットは予想できる。伏線のようなエピソードや人物やらでとっ散らかるってはいるが、何の回収もしてない。むしろそんな気ゼロ。いい意味で前しか見てない展開である。綿密なプロットなどクソ喰らえと言わんばかりに、ひたすらエンタメ路線で突っ走る。いやあ、ここまで論理的解決を無視するとは──変わった作家に付き合った無駄な時間でした。

  • 着眼点が面白い。各地域の描写が秀逸。
    自分にもっと知識があれば数倍楽しめると思う。

  • 下巻は、いきなりの怒濤の展開。ハラハラ、ドキドキ、ヴェネチアとコペンハーゲンでの同時捜査…一体、どうなるんだぁ。そして、徐々に明らかになる事件の核心。いや、まだまだ解らぬ事件の核心。本当にどうなるんだとコーフン気味に。と、ここまでが下巻の中盤。

    そして、終盤に入っても、ますます謎が深まる。おおっ、一体、何なんだぁ。これは、ミステリーなのかぁ。

    そして加速度を増して、一挙に結末。少なくとも納得する結末ではないな(´・_・`)

    ダン・ブラウンのようなウイリアム・ヒョーツバーグのような…

    上巻は面白かったのに…残念ヽ(´o`;

全5件中 1 - 5件を表示

A・J・カジンスキーの作品

ラスト・グッドマン (下) (ハヤカワ文庫 NV)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ラスト・グッドマン (下) (ハヤカワ文庫 NV)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラスト・グッドマン (下) (ハヤカワ文庫 NV)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラスト・グッドマン (下) (ハヤカワ文庫 NV)の作品紹介

「いつの時代にも地上には36人の義人がいて、人間を見守っている。彼らがいなければ人間は滅びる」ユダヤ教に伝わるこの36人の義人の伝説が事件と関係のあることを、ニールスとハナは知った。ハナはこの伝説をヒントにして大胆な仮説を立て、次の事件がヴェネチアかコペンハーゲンで起きると予測する。果たして、新たな惨事は防げるのか?そして事件の真相とは?壮大なスケールで描き上げる衝撃のサスペンス巨篇。

ラスト・グッドマン (下) (ハヤカワ文庫 NV)はこんな本です

ツイートする