ファイナル・ターゲット (上) (ハヤカワ文庫 NV)

  • 69人登録
  • 4.05評価
    • (5)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 熊谷 千寿 
  • 早川書房 (2013年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150412791

ファイナル・ターゲット (上) (ハヤカワ文庫 NV)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レビューは下巻にて

  • プロ暗殺者ヴィクター第二弾。CIAから依頼された仕事を行うが、CIAに騙される。どんな危機が迫っても切り抜けるところが興奮させられる。期待を裏切らない作品。

  • 早川書房は本気で冒険サスペンス小説を売り込んでいるようだ。
    既刊本を集めてフェアまで行っている。盛り上がるといいのだが。

    さて、暗殺者ヴィクターのシリーズ第2作。
    本人の意思とは関係のない方向に事態が動いていく。結末はどうなる?

  • 前作で思わぬヒットを飛ばした新人作家の第2作。同じ主人公ではあるが、前作のしがらみにてフリーランスの殺し屋が雇われ稼業となっていることと、その雇い主の意向が見えない状態で、使い捨てのジョーカーの様に使われる境遇から、どう逆転するかが本作の主題であろうが、前編ではまだまだ。

  • 2作目も納得

  • レビューは下巻にて。

  • 「パーフェク・トハンター」の続編。前作の内容は覚えていないが。

    銃器の説明に5ページも費やすオタクぶりは相変らず。

    銃撃と格闘の連続も相変らず。

    100%支持です。

  • 前作パーフェクトハンターから読んでいますが、よりハードな内容、ヴィクターのプロとしての腕前がパワーアップしているように思います。
    あらゆる成り行きを予想し、予想外の展開にとっさの判断で逃げ切るところなどおもしろすぎて読むのをやめられません。
    早く続きが読みたいです!

  • プロの暗殺者ヴィクター・シリーズの第二弾。冒頭から繰り広げられるアクションに次ぐアクション。マニアックな銃火器に関する描写。冒険小説、アクション小説好きにはたまらない。

    CIAから複数の暗殺依頼を受けたヴィクター。難無く最初の暗殺は成功するものの次々と危機的な状況に陥る…CIAは一体何を企んでいるのか。ヴィクターの運命は…

    孤独でストイックな暗殺者ヴィクターの姿は、映画『トランスポーター』のフランクにも似ている。スティーヴン・ハンターが描くボブ・リー・スワガーが生粋のガンマンなら、トム・ウッドが描くヴィクターは冷酷な殺人マシーンといったところだろうか。幾度とも無く陥る生命の危機を知恵と技術で乗り切るヴィクターはクレイグ・トーマスが『闇の奥へ』で描いたパトリック・ハイドを思い出させる。

    面白い!

全9件中 1 - 9件を表示

トム・ウッドの作品

ファイナル・ターゲット (上) (ハヤカワ文庫 NV)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファイナル・ターゲット (上) (ハヤカワ文庫 NV)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファイナル・ターゲット (上) (ハヤカワ文庫 NV)の作品紹介

凄腕の暗殺者が引き受けた仕事の裏に驚愕の陰謀が。『パーフェクト・ハンター』の続篇

ツイートする