フィフティ・シェイズ・フリード (下) (ハヤカワ文庫NV)

  • 49人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 池田 真紀子 
  • 早川書房 (2015年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150413668

フィフティ・シェイズ・フリード (下) (ハヤカワ文庫NV)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015/11/12

  •  このシリーズ、恋愛トラブルは話芸で楽しめるけど、実在的なトラブルはお前ら冷静になれって突っ込みたくなるから苦手。つまり、前作でくっついちゃったからあまり書くことないんじゃないかなぁって感じ。そういえば、この手の小説においては、恋愛ってくっついちゃったら後は永遠の愛に向かうだけだものね……。
     何に驚いたって、過去のトラウマがあっという間に解決しちゃうこと。グレイさん50にひび割れてないから、すごい素直だから。そしてやっとSM出てきたね。結局SMとはなんだったのか……。嗜好じゃなくてトラウマだったのか。なんなの。

  • 今シリーズ最終回になってようやくの本領発揮といった感じ。


    以下、盛大にネタバレ。



    まさかのアナスタシア妊娠。

    ってそりゃ意識が低すぎるにもほどがあるでしょうよ。まだ若いのに。
    そりゃクリスチャンも激怒しますわ。

    それでもその時のクリスチャンの当たり方に傷付いて悲しむアナスタシアに感情移入してしまって、読みながら泣いてしまったのはここだけの話です。私が妊活中だからかしら。

    でもアナスタシアは本当に強い。

    とにかく最後まで感心させられました。

    なんてったって妊娠してるにも関わらず、銃片手に変態ジャックと闘うんだから。

    でももう少しそこんとこ長く書いてほしかったな。ジャックあっさり退場するんだもん。

    でも病室で寝ている間のクリスチャンと他の人との会話は、ホロリときてしまいました。


    あと、エレナもう少し仕事して欲しかった。
    え、そこであっさり納得したの?
    ミセスロビンソンとはなんだったのか。



    さて!
    突っ込みどころはあるけれど、
    フィフティシリーズどハマりしてしまいました。
    完全なる沼。

    なんだかんだ少女漫画感覚で3回くらい読み返してしまいました。

    次作はクリスチャン視点とのことなので、ミセスロビンソンの活躍に期待しますw
    Amazonで予約してしまいましたw

全2件中 1 - 2件を表示

ELジェイムズの作品

フィフティ・シェイズ・フリード (下) (ハヤカワ文庫NV)を本棚に登録しているひと

フィフティ・シェイズ・フリード (下) (ハヤカワ文庫NV)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フィフティ・シェイズ・フリード (下) (ハヤカワ文庫NV)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フィフティ・シェイズ・フリード (下) (ハヤカワ文庫NV)を本棚に「積読」で登録しているひと

フィフティ・シェイズ・フリード (下) (ハヤカワ文庫NV)はこんな本です

フィフティ・シェイズ・フリード (下) (ハヤカワ文庫NV)のKindle版

ツイートする