暗殺者の反撃〔下〕 (ハヤカワ文庫 NV)

  • 84人登録
  • 4.35評価
    • (14)
    • (14)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 伏見 威蕃 
  • 早川書房 (2016年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150413903

暗殺者の反撃〔下〕 (ハヤカワ文庫 NV)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 見つけ次第射殺の指令が下されているグレイマン(ジェントリー)。シリーズを通して謎にされていたものが、本作品で明らかになる。とても大がかりな陰謀があったことが分かり、一連の謎は解決する。これでシリーズとして一区切りついた。本作品でグレイマンシリーズは完結かと思いきや、このシリーズは今後も続くようなことが、訳者解説で書かれていた。こんな面白いシリーズを今後も読めるのは嬉しい。それにしても、手に汗握るアクションの連続であり、読ませる作品である。スパイもの作品として一級品である。難しいこと考えないで、アドレナリンを出しながら、ワクワクドキドキの冒険ストーリーを素直に楽しめた。

  • 本を閉じさせない。一気に読み切った感がある。なぜ自分が「目撃次第射殺」なのか?1人の生死を1人の人物が決める。果して疑問は解消し、未来は開けるのか。面白いぞ。

  • グレイマンは麻薬密売所を襲撃して資金と武器を手に入れ、隠れ家も用意して情報収集を始める。一方、カーマイケルは、特殊部隊を召集、密かに外国人の暗殺部隊も投入し、グレイマンのかつての指揮官も狩りに加えた。だが、CIAの不審な動きを察知した新聞記者が調査を開始し、警察も動き始めた。CIAが放った強力な敵と闘い、調査を進めるグレイマンは、やがて驚愕の真相を知る!謎をはらんで展開する冒険アクション巨篇。

    じりじりした上巻に比べると下巻はアクション全開。ハリウッド映画が好みそうなユーモア付き。

  • 久しぶりのCIAスパイ物語!一気に読みました。
    楽しめますよ~

  • コンクリートジャングルでのサバイバル。
    その名人グレイマンが能力をいかんなく発揮。

  • 本屋さんにいくと、必ず早川文庫のコーナーにチェックを入れる。
    トム・ウッドさんのヴィクターシリーズや、マークグリーニーさんのグレイマンシリーズの新刊が出ていないか、面白そうなミステリーが出ていないか確認するためだ。数年前は、スペンサーシリーズや87分署シリーズの新刊を確認していたが、このシリーズはもう新刊が出ないからね・・・。1週間ほど前に本屋さんに行ったところ、ありました。マークグリーニー・グレイマンシリーズの新刊『暗殺者の反撃』。

    かつての所属機関CIAから”目撃次第射殺”の対象だったグレイマンが、世界各地で追われ、攻撃を受け、切抜けるといった今までのストーリーから攻守反転させる展開だ。グレイマンがワシントンDCのCIA本部へ迫った。なぜ自身が追われなければならないか、真相を究明するためだ。
    今までのシリーズで優柔不断だと思われた行動も、本書ではグレイマンの行動規範として魅力的に描写されている。工作員としての作戦実行力はもちろん魅力だが、20数年会っていない父親との邂逅や、CIAで活動していたころの回想も、グレイマンの人間的な魅力の一つとして書かれている。
    圧倒的なアクションは、周到な準備と緻密な読みの上に成り立つ作戦行動の描写なので、飽きることもない。狙われる真相を究明するテーマから、ストーリーに謎解きの要素も多く、最初から最後までグッと引っ張っていかれる。
    東京出張もあったので、新幹線の車中、ホテルのベッド、約束時間までの喫茶店と、あらゆる時間で一気に読切りました。
    面白かった。

  • 長い間(4タイトルー本5冊分!)命をCIAから狙われ続けたグレイマンの最後の闘い?が描かれる。
    真相を探ろうとするグレイマンと、それを阻止&殺害しようとする側が交互に描かれるが、緻密にその両側の活動が描かれているので読み応えがある。ストーリーは一直線でも、双方の思惑や作戦、さらには多彩なキャラを描きこんであるのでドラマが分厚くなっているし、シリーズ特徴である詳細な軍事ガジェットの描きこみも相まって一級の作品に仕上がった。肝心の殺害指示の真相も二転三転して、散々引っ張っただけはある。
    元々グリニーはアクションのキレは定評がありながら、ドラマ部分がやや淡白な印象があったが、もはや押しも押されぬ一級の作家になった感がある。

  • CIAやサウジアラビアの暗殺者から逃れながら、確実に黒幕へと迫るグレイマン。
    初めて過去の戦友が仲間となり、いよいよ黒幕を追いつめる。

    明らかにどうにもならなそうでも、なんとかしてしてしまうのが相変わらずすごい。
    スピード感があって面白かったです。

  • 暴れる暴れる。親父最高。

  • ストーリーがダイナミックに展開する下巻。ジェントリーは数々の危機的状況を凌ぎ、目撃次第射殺という彼に下された指令の理由を探る。そして、ジェントリーに迫るシリーズ最大の危機…

    アメリカらしく、CIAの内紛や権力闘争も絡み合い、捻れに捻れた展開が続く。真実をやっと手の中に掴んだと思えば、その真実は嘲笑いながら手の中からこぼれ落ちていくといった具合で、少しじれったい。現在進行形のストーリーの中に挿入されるジェントリーの過去。6年前にジェントリーが関わった作戦の真実とは…

    ラストには少し不満が残るものの、十二分に面白いスパイ冒険小説である。本作はこれまでのシリーズとは違った味わいがあり、ラストを考えれば、シリーズの折り返しといった位置付けではなかろうか。

全10件中 1 - 10件を表示

マーク・グリーニーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイクル・コナリ...
マイクル・コナリ...
塩田 武士
ロジャー ホッブ...
ジェフリー ディ...
ジェフリー ディ...
マーク・グリーニ...
月村 了衛
ジェフリー ディ...
ドン・ウィンズロ...
マイクル・コナリ...
横山 秀夫
ドン・ウィンズロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

暗殺者の反撃〔下〕 (ハヤカワ文庫 NV)はこんな本です

暗殺者の反撃〔下〕 (ハヤカワ文庫 NV)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暗殺者の反撃〔下〕 (ハヤカワ文庫 NV)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暗殺者の反撃〔下〕 (ハヤカワ文庫 NV)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする