プラダを着た悪魔 リベンジ! (下) (ハヤカワ文庫NV)

  • 32人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 佐竹 史子 
  • 早川書房 (2017年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150414054

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
椰月 美智子
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

プラダを着た悪魔 リベンジ! (下) (ハヤカワ文庫NV)の感想・レビュー・書評

  • 作品の中で現実と同じように時間が過ぎていて、上巻の始まりは久しぶりに知人に再開した気分(笑)前作同様の勢いで引き込まれる。面白かったけど、今回は納まるところに納まるラスト。前作のほうが面白かったかな

  • あれから10年経ったなんて!アンディと同じ歳になって(しかしながらリッチなフィアンセも愛くるしいムスメもいない)、彼女のこの決断に毎度のことながらすげえの一言。
    前作でのラストも今回のラストも、アンディらしいけれども、自分ではとうていこの決断はできないなぁ。

    でも誰もが求めるハッピーエンドを選ばないところが、らしくて、いい。
    結局、彼女が彼女らしくいられる人生を選んだのかもしれない。
    個人的にはエミリーが大好きです。

  • キラキラしい毎日を送ると、それを奪おうとするものが現れるのだなあ
    出る杭は打たれる。海外でもおんなじ。
    じゃなきゃ出ないか隠れてるか、弁護士を通すか。きっぱり断る。

    だれにでもいい顔をするアンディは潔くなかった。よほどエミリーのほうが欲望に忠実だし、謝れてる。
    マックスのいい人感がまた悪い。ひっくり返るとより憎むべき人になっちゃうもの。
    アンディは辛いかもしれないけど、回りも辛いんだよねぇ なに考えてるかわかんなくて!
    でも丸く納めたい気持ちもめっちゃわかる。
    アンディは下手に能力があるから、また大金持ちになって、またミランダに狙われそう。

  • 大好きな映画の続編。楽しいけどやっぱり映画で見たほうがいいなと思った。

全4件中 1 - 4件を表示

プラダを着た悪魔 リベンジ! (下) (ハヤカワ文庫NV)はこんな本です

プラダを着た悪魔 リベンジ! (下) (ハヤカワ文庫NV)の単行本(ソフトカバー)

プラダを着た悪魔 リベンジ! (下) (ハヤカワ文庫NV)のKindle版

ツイートする