食べる人類誌―火の発見からファーストフードの蔓延まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 227人登録
  • 3.71評価
    • (8)
    • (11)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : Felipe Fernandez-Armesto  小田切 勝子 
  • 早川書房 (2010年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (491ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150503673

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

食べる人類誌―火の発見からファーストフードの蔓延まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)の感想・レビュー・書評

  • 古今東西の様々な食事について、食材、調理法などなどそれはそれはたくさん事例を挙げて書かれており、晩御飯のメニューを何にしたらいいのか思考が停止するような本。色々あったけれど、一番気になるのは、アルマジロってどんな味なのか。

  • ひとつひとつのエピソードが中心で全体的な筋道が見えないことと、細かすぎる叙述・詩や小説の引用・必要性を感じない逸話の挿入など、不要と思われる部分が多すぎることで散漫な印象。

    興味深いテーマだけにとても勿体無い。

  • 私たちの生活になくてはならない食事。私たちの祖先はどんなものを、どのように食べていたのか?そして過去の食と現代の食生活にはどんなつながりがあるのか?人類史を「食」に着目して描いた本。
    (金属工学科 B3)

  • 【読了レビュー】表題の通り、「食」にフォーカスした人類史。読む前提として、世界史を普通に知っていた方が、何倍も楽しめる内容だと思った。
    あまり歴史を詳しく把握していない地域についての記述は読み飛ばしてしまって、興味のあるところだけ拾うような読み方なら、お勧めしたいと思った。

  • 最初の生牡蠣を食べる叙述がものすごく美味しそうだった。
    もう随分と前に読んだので覚えていない。
    料理名や食材名のイメージが湧かないと読んでいて面白くない。
    人類史からみた面白い部分もいくつかあった。

  • 人類の食についての「8つの発明」を通して、どのように発展してきたのかを語る。8つの発明、といっても小手先の部類ではなく、調理の発明から、食事の意味、食べるために飼育し、栽培し、交易することなどが大きなスケールで語られる。

    エピソード中心で、貫く柱がないようにも思えるけれども、食という面を切り取って、人類の発展を語るのは読み物としても面白い。でも、この文字量には慣れが必要かも。人間が最初に飼育した動物は貝類(カタツムリ?)だったとか、言われてみればそうかも、と思う話がたくさんある。

    世界観を捉え直す視点を持ちたいときに、こういう本を読んで教養にすると、新しいアイデアが生まれる素地になると思う。私は小説を書くときに「食」を重視するけれども、それはこの本の影響が強い。

  • ちょっと分量が多すぎるかな…。
    食傷気味。

  • 著者の思惑に反して本書は個々のエピソード間に繋がりが見えず全くの無駄と思われる箇所(著名人の大食ぶりをしめすエピソードなど)が膨大なページ数を生み出し興味深いエピソードの輝きを台無しにしている。推敲不足と思われる。その無駄なページを図に置き換えれば本書の価値は数段上がったことだろう。文字の羅列より数段説得力がある。

  • 食の本だからおなかが減るかといえば、そうでもないかもしれないが、知的好奇心は満腹になると思います。
    あれもこれもと世界中の料理文化を紹介してくる波状攻撃で、体系的な構成にはなってなくて読みづらさを感じたけれど、それもまた味かと。
    暇つぶしには最適だと思います。

  • 火を使った調理法の発明から始まって、食材や料理だけでなく「食べる」ということそのものの文化的、精神的な意味や役割を広範かつ詳細に考察されていて、質量ともに読み応え十分。

  • 「食」に関わるあらゆる観点から、人類がいかにモノを食べてきたか、という壮大な書。ひとつひとつの章が一冊の本にできそうなくらい濃厚な内容ながら、平易な訳文のお陰で大変読みやすい。ただ、急ぎ足で事例の概要を述べただけになりがちなのが残念なところか。ひとは毎日地球上のあらゆるところで生き、何かを食べているのだ。どんな食材を、どこから、どのように獲得し、どのように調理し、どのように食べるのか?各所にでてくる日本の食文化についての記述を読むだけでも興味深い。

  • 寝る前にちょっぴり読む本なので、いつまでたっても読了せずですが、ノロノロ読むのが楽しいジャンル(^-^)

    人類学とか民俗学とか宗教学は大好きなので寝る前にちょっぴりずつ読みます(^-^)v

  • 興味深い話がてんこ盛りなんだけど、細かい過ぎる説明が続いたりして、なかなか読み終わらない。斜め読みでもいいから通読したい…^^;

  •  素が食いしん坊ゆえに、人類はなにを食べてきたのか、また、時代によって「食事」の内容や意義、調理方法はどのように変わってきたのか、ということを知るのがものすごく好きです。

     そういう意味でも、これは非常に歯ごたえのある一冊でした。「人類史において、食の革命ともいうべき急激な変化が八つある」という切り口から、食と人類の進歩とのかかわりを論じてゆく。すなわち、

    「私たちは食物をとることで、自分たちをより良いものへと変えることができると信じている」と。

     非常に面白い内容ではあるのですが、ちょっと訳文が硬くてソンをしている嫌いはあるかも。珍しく読了までに数日を要しました。

  • 2010/07/15:人類の食について興味深い内容ですが、数ページも読むと眠くなってしまいなかなか読み進めません(汗)

  • 近年の食の文化論書として珠玉の書である という小泉武夫東大名誉教授の帯がすごい。表紙すごいです!

    人類史に大きな影響を与えた「8つの食の革命」を明かすと同時に、古今東西に語り継がれる数々の謎を徹底的に分析!

    単行本はこちら http://booklog.jp/asin/4152085061

全17件中 1 - 17件を表示

食べる人類誌―火の発見からファーストフードの蔓延まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)に関連する談話室の質問

食べる人類誌―火の発見からファーストフードの蔓延まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

食べる人類誌―火の発見からファーストフードの蔓延まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

食べる人類誌―火の発見からファーストフードの蔓延まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)の作品紹介

ヒトをサルから離陸させた火の使用、カニバリズムと菜食主義の意外な共通点、海を越えた食材の交換が促したグローバル化-。食べ物こそが、われわれの歴史をつくってきたのだ!世界的な歴史学者が「8つの食の革命」を切り口に人類史を読み直す。古代ローマの祝宴を彩った酒肴から現代の食卓にのぼる遺伝子組み換えトマトまで、古今東西の珍味と興味尽きない逸話がたっぷりのフルコースをご堪能あれ。

食べる人類誌―火の発見からファーストフードの蔓延まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)はこんな本です

食べる人類誌―火の発見からファーストフードの蔓延まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)のハードカバー

食べる人類誌―火の発見からファーストフードの蔓延まで (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)のペーパーバック

ツイートする