数学と算数の遠近法―方眼紙を見れば線形代数がわかる (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

  • 44人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 瀬山士郎
  • 早川書房 (2010年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150503727

数学と算数の遠近法―方眼紙を見れば線形代数がわかる (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小中高の算数がどのように現代数学の最先端につながっているかを解説している。
    とても刺激的だ。
    ただ、あまりにも題材を詰め込みすぎていて説明を端折る部分もあり、概念を拾いきれない面もあった。
    自分の能力不足。

  • もうちょっとイメージしやすいかなぁって思ったけど、数式が出た瞬間やっぱりだめだった。算数の簡単な問題から数学の一般化された定理にまで持っていく流れは爽快な気分になる。

  • 20110602

  • 算数と数学の断絶を補ってくれる本だというのでよんでみてるが、最初の方ですでにワカラナクナッテキマシタ。

  • 具体的にはp.86の「微分積分学を用いた初等的な証明」からわけがわからなくなりました。そこから完全斜め読み的に(読んでいても理解できていないということ)なりましたが、p.260のメビウスの帯らへんからまたワクワクして…という感じでした。
    個人的に解説は圧巻。

全5件中 1 - 5件を表示

瀬山士郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーカス デュ・...
有効な右矢印 無効な右矢印

数学と算数の遠近法―方眼紙を見れば線形代数がわかる (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

数学と算数の遠近法―方眼紙を見れば線形代数がわかる (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

数学と算数の遠近法―方眼紙を見れば線形代数がわかる (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)はこんな本です

ツイートする