黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語  (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

  • 210人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (11)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 斉藤 隆央 
  • 早川書房 (2012年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150503772

黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語  (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数理を楽しむシリーズのなかの一冊

    このシリーズ、数字にあまり強くない自分にとっては、
    むずかしいことを説明してくれるのでとても感謝してます。

    黄金比はすべてを美しくするか、という問いかけに対して、
    数学の歴史からさまざまな例を用いて説明してくれます。

    黄金比がさまざまな芸術作品に使われているという都市伝説について、
    手取り足取り教えてくれます。

    また黄金比をキーワードにして、
    数字の不思議な性質について解説してくれておもしろかった。

  • 新書文庫

  • BOOK DATE:
    無限小数を用いた1:1.618……は、最も美しい比率「黄金比」と呼ばれ、古代からさまざまな芸術作品に用いられてきた、とされる。この比率は、古くから数学者たちの注目を集め、幾何学の基礎を作ったユークリッドまでさかのぼる歴史を持つ。オウムガイの殻のでき方やヒマワリの種の配列のような自然の事物、音楽や文学、はては株価推移のグラフをも支配するという、この神出鬼没の黄金比の魅力と真実に迫る、決定版数学読本

    ISBN 978-4-15-050377-2
    C0141 ¥840E

  • とにかく時間が掛かった。
    そして自分の中で消化するのもとても難しい。

    とは言え、中身は面白い。
    フィボナッチ数列が出てきてからはぐいぐい読み進める。
    そこまでは苦痛でもあるが。。。

    人の心を魅了し、経済活動、芸術作品、自然の中でさえ突如として現れる無理数、黄金比。実に不思議である。
    黄金角というものがあることはこの本で初めて知った。

    最後のほうの、「数学」に対しての人類の考え方もなかなか興味深い。
    もし他の惑星で全く違う次元をもった知性がいるとしたら、違う言語で法則を記述したのだろう。いつかそれが明らかになる日がくるのか。

  • 著者は宇宙物理学者だが、基本的に数学史上の「黄金比、φ」をめぐるトピックを並べた読み物である。
    黄金分割についてはさまざまな噂があるが、この本は意外にも、そういった「神話」を突き崩していく。古代ギリシャのパルテノン神殿、エジプトのピラミッド、多くの西欧絵画に黄金比が利用されている、といった過去の言説に対して、根拠が曖昧でこじつけ的なものとして批判を浴びせる。
    そうした「黄金比神話」のまやかしを批判しながらも、「φ(ファイ)」が数学においてしばしば突然出現する、やはり不思議な無理数であることを強調している。
    「黄金比が数学、科学、自然現象といった多くの領域で重要な存在だとしても、私としては、人間の形にしても、芸術の試金石としても、それを美観の絶対的基準とするのはやめるべきだと思うのである。」(P.310)
    これが著者の主張の核心だ。
    この本には載っていないが、ドビュッシーのあるピアノ曲が黄金比に基づいている、という噂を私も聞いたことがある。これも怪しげな「神話」であったろう。実際のところ、1.618...という黄金数を創作に持ち込んでもあまり意味はないと思う。
    「数」が世界の根源を解明する鍵だというピタゴラスの思想は、実際そこから西欧の「偉大な」自然科学の歴史を生み出したが、ある数を取りだして神話化してしまう姿勢はまったく「科学的」なのではない。
    わからないものはわからないと考えた方がよい。芸術や文化には無理に神秘を持ち込む必要はないだろう。

  • 図&実例満載で大変に分かりやすい。
    でも数式が登場すると途端に眠くなるのは読者側の頭のせいでしょう。
    読み物としての完成度が高いところに好感を持ちます。

  • ほぼ全ての事に黄金比は関わりつつもそれだけでは無いという事。

    フィボナッチ数列が本当にすごいと思いました。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784150503772

  • φ、ファイ、黄金比、黄金分割、…などと呼ばれる1.618033…という比率。古くはユークリッドにまでさかのぼり、いや、自然界ではオウムガイの殻の成長にも見られる数値。
    これがどうして自然界に見られるのか、そしてどうして人間はそんな昔からこの数字に興味を持っていたのか?いや、本当に人はそんなにこの数字を愛用してたの?
    黄金比の持つ神秘性、フィボナッチ数列との関係は面白いし、古代人類はこの数字を昔から知っていて活用していた!ピラミッドにも黄金比が隠れている?といった○曜スペシャル(例えが古い?)的な熱狂にも冷静に対応していている。誰かが言った事を前提に検証をせずに流布されて行く情報、もしくはその前提に無意識に合わせようとする人間の姿も垣間見える。

  • 最後の数学に対する問いかけが面白かった。
    結局人類は自分の枠からは飛び出せない(当たり前)

全14件中 1 - 10件を表示

マリオ・リヴィオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
遠藤 周作
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語  (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語  (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語  (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語  (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)の作品紹介

無限小数を用いた1:1.618…は、最も美しい比率「黄金比」と呼ばれ、古代からさまざまな芸術作品に用いられてきた、とされる。この比率は、古くから数学者たちの注目を集め、幾何学の基礎を作ったユークリッドまでさかのぼる歴史を持つ。オウムガイの殻のでき方やヒマワリの種の配列のような自然の事物、音楽や文学、はては株価推移のグラフをも支配するという、この神出鬼没の黄金比の魅力と真実に迫る、決定版数学読本。国際ピタゴラス賞及びペアノ賞受賞。

黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語  (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)はこんな本です

黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語  (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)の単行本

ツイートする