不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 351人登録
  • 4.02評価
    • (17)
    • (18)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : 櫻井 祐子 
  • 早川書房 (2014年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150504052

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・厄介なことは一気に、楽しいことは休み休み。
    ・大勢の苦しみより、一人の苦しみに影響される。
    ・組み立て家具やケーキミックスのように、手間と手軽さのバランスを調節すると製品に価値を感じる。
    ・感情による決定がその後長期的に影響する。

  • 「予想通りに不合理」に続く第2弾。様々な実験から人間の行動の不合理さを明らかにしつつ、社会をよりよくするためにその不合理さを活かすアイデアが散りばめられている。高い報酬の逆効果、ささやかな働く意味が及ぼす影響力、イケア効果、自前主義バイアス、順応、同類婚、美の市場、顔のある犠牲者効果、短期的な感情が及ぼす長期的な影響、など。どれもなるほどなぁ、とうなずける。ただ、第1弾で不合理さに慣れてしまったためか、驚きがやや小さくなってしまった。

  • 続編の祝枚だろうか・・・
    確かに面白いこともたくさんあるのだが、何となく冗長やマンネリ感もある。
    しかし、行動経済学への興味は更に深まった。

  • 翻訳本らしい読みにくさも多少あるが、それ以上に相変わらず分かりやすく、実験に裏打ちされていることが詳細に語られるために、説得力がある。
    また、その結論もおおよそなんとなく頭にあるものと整合的であるため、腑に落ちるし、今後の考察の参考になる。

  • ダン・アリエリーの二作目。とても読みやすいが、実験に裏打ちされた考察がされている良い本だと感じる。

    意味がわかっている状態だと、働くモチベーションが上がるとか、自分で作ったものを過大評価するだとか、良いことにも悪いことにも順応するという点が面白かった。

    気分良い、楽しいことは中断した方が、良い気持ちが長く続くし、嫌なことは中断せず連続してやって終わらせた方が、もやもやした気持ちは早く終わる、というのは興味深い。
    また、自分が自炊した方が満足度高いと思ってたのは、まさにイケア効果だったと納得。


    最後通牒ゲームや、自己ハーディングについては、復習になったし、面白かった。

  •  久々にハヤカワノンフィクションを1冊完読。今回もごつい内容で時間がかかる。
     行動社会学という学問はよくわからないが、こういう分野があり、日常生活にマッチした実験が行われているということをまず知る。ついでその実験方法が面白く、対照サンプルの取り方等勉強になった。1回通し読みした程度ではなかなか適用は難しいが、もういっぺんとりあえず読もう、と思える内容。
     原書で読むとよりおもしろいんだろうなあ・・・(?)

  • この本好きです。
    人の行動って正しい合理的な判断ってできるんですかね。報酬の話を読んで考えちゃいます。
    困ったもでんです。

  • 行動経済学の様々な実験を通じ、「人は実際にはどう行動するのか」という問いに答えていきます。

    すべての存在が『合理的』ではない、という現実から、物事をスムーズにうまく運ぶためには何を考え、どのように行動すればよいのか、その解を提案してくれます。

    ボーナスの適切な額、レゴの事例から見る「働く意義」、自前を過大評価する傾向、報復への欲求、順応と成長、自信過剰で崩れる市場、共感することと手助けすることの繋がり等をテーマに痛快に解き明かしてくれます。
    誰もが共感できるエピソードがあり、それゆえに「あのとき自分は(もしくは○○)はこう考えたのか!」と気づかせてくれるでしょう。
    もっとこの分野が広がるといいですし、著者の他の本も読みたくなりました。文句なしにオススメです!

  • 『予想どおりに不合理』の著者である行動経済学者が書いた本。

    前著とは違い、人間がいかに不合理であるかの、積極的な面にも触れている。不合理であることを前向きに利用する方法について書かれているとも言える。

    どういった意思決定をするときに、自分が不合理になりやすいのか。どのバイアスがかかりやすいのか、日々の決断を振り返ろうと思う。

    ところで
    人型のロボット開発が進んでいるが、こういった不合理性も取り込めるのだろうか。費用便益的に劣る決断もできるようでなければ、人間に近づいたとは言えないと思う。とはいえ、自分がイヤになって自爆するロボットなんて作ってほしくはないが。

  • 人間の行動は、時に不合理で論理的な説明が難しいことが多い。
    高額の報酬を与えられても人のやる気を増幅させることができないのはなぜか。
    他人が出したアイディアより自分の思いつきの方が優れている気がするのはどうしてなのか。
    目の前のひとりを救う気になっても、遠くの大勢を助けようと思えないのはなぜだろうか。
    人間をロボットのように完璧で合理的なものと扱う経済学がある一方、感情に任せた人間の「非合理性」を計算に入れた上で行動の理由を探ろうとする学問が、行動経済学である。
    著者の軽妙でユーモアあふれる語り口に載せて、経済学に触れてみてはいかがだろうか。

    行動経済学ときくと何だかわくわくします。
    心理学と経済学が融合した、不確定要素の強い身近な学問であるような気がしますからね。
    第二作とのことですが、前作を読んでいなくても十分楽しく読める独立した作品になっています(わたしは前作読んでいないです)。
    特におもしろいと感じた章は、「働くことの意味」「報復が正当化されるとき」の2つですね。
    前者は人間が何かしら意味を持つ労働を内心欲しているという事実を明らかにし、後者は人間社会の信頼関係の裏返しであり本能的な感情である「復讐心」について検討していて、どちらも興味深い内容でした。
    全体的にさっと目を通せるほどよいボリューム感でした。

全13件中 1 - 10件を表示

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)の作品紹介

人間の行動は矛盾だらけ! 仕事や私生活でより良い決断を下すための行動経済学入門書

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)はこんな本です

ツイートする