ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 647人登録
  • 4.35評価
    • (48)
    • (40)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 34レビュー
制作 : 村井章子 
  • 早川書房 (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150504113

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)の感想・レビュー・書評

  • 自分が意思決定をするとき、どういったメカニズムが働いてるかをより意識できるようになるかもしれない。
    学術的でしっかりとした話の進め方をしている。
    経験する自己と記憶する自己の観点は面白い

  • 下巻では、カーネマンをノーベル経済学賞受賞に導いたプロスペクト理論がついに登場し、人間が感じる心理的価値について議論される。上下巻を通読して痛感するのは、自分自身の「直感」的判断が統計や確率による結果を無視していて、しかもその判断が無意識に行われるということだ。カーネマン自身が結論で語っているとおり、本書を読んでもその状況は変えられない。ただ、「いかにもエラーが起こりそうな状況を認識する」ことができるようになるだけである。それでも、日々の膨大な数の意思決定を思えば、小さな進歩でも大きな影響を及ぼし得る。

  • 下巻のほうが少し実践的な内容も含みながらも読み物としての要素もあって楽しめた。

  • 2016/07
    人間の思考には、陽気、連想、早いが誤ることがある、直感的な、ファストな思考と、陰気、演繹的か帰納的、遅いが緻密、論理的なスローな思考がある。
    コンサルタントたるものファストかつスローに考え、他人への説得ではファストに考えさせて仕事を進めていかなければいけない。

  • プロスペクト理論のことが書かれていた。参照点,損失回避などは参考になった。

    ミクロ経済学を学んでいた時に無差別曲線に何の疑問も持たなかった自分にがっかりした。

    上下巻で,速い思考のシステム1と遅い思考のシステム2,エコン(合理的な経済人)とヒューマン(心理学が想定する人間),記憶する自己と経験する自己,という対比があったが,それらどのように関連しているのかについて,もっと知りたいと思った。

  • 下巻の前半はプロスペクト理論の説明。
    プロスペクト理論の特徴は
    1)参照点がある
    2)感応度逓減性:100ドルが200ドルに増えればありがたいが、900ドルが1000ドルに増えてもそこまでのありがたみはない
    3)損失回避性:損失は利得の1.5−2.5倍に感じられる

    そのため、利得も損失もありうるギャンブルでは損失回避になり、リスク回避的な選択が行なわれる(損失の方が利得の二倍程度強く感じられるため)
    確実な損失と、不確実だがより大きな損失というように、どちらに転んでも悪い目の出るギャンブルではリスク追求的になる(900ドル失う苦痛の方が1000ドル失う苦痛の90%より大きいため)

    保有効果はプロスペクト理論から説明できる。何かを所有している場合にはをれを手放す苦痛があり、持っていない場合にはそれを手に入れる喜びがある。手放す苦痛は手に入れる喜びを上回る。

    最近行なわれている「貧困下での意思決定」の心理学では、貧しい人には保有効果が働かないことが示唆されている。「貧しい」ということは参照点以下の生活を送っているということであり、常に損失の状態にある。この状態では僅かなお金を得ても損が減るだけで参照点に少し近づくものの価値関数の傾きの大きい領域にとどまっている。

    ・Hansen(J Personality and social psychology 1988)によると、怒った顔は大勢のニコニコ顔の中から飛び出して見える。逆に、大勢の怒った顔に混じった一つのニコニコ顔は見つけるのが難しい。人間にかぎらず動物の脳には、悪いニュースを優先的に処理するメカニズムが組み込まれており、このおかげで捕食者を一瞬で感知できる。

    ・分母の無視
    伝染病のワクチンについて「麻痺のリスクが0,001%ある」というとリスクが小さく感じられるが「接種した子供の10万人に一人に麻痺がおこる」と聞くと
    どうだろうか。「この病気にかかると一万人に1286人が死ぬ」というのと「この病気にかかると100人に24.2人が死ぬ」だと前者の方が危険な感じがする。
    腕利きの弁護士はDNA鑑定に疑義をとなえたい場合「誤鑑定の確率は0.1%である」とは言わず「死刑判決1000件に1件の割合で誤鑑定が起きている」という

    ・フレーミング
    決定1 次のいずれかを選んでください
    A 確実に240ドルもらう
    B 25%の確率で1000ドルもらえるが、75%の確率で何ももらえない
    決定2 次のいずれかを選んでください
    C 確実に750ドル失う
    D 75%の確率で1000ドル払うが、25%の確率で何も失わない

    では73%が決定1でAを、決定2ではDを選び、BとCの組み合わせにした人は3%にすぎなかった。
    しかし

    AD 25%の確率で240ドルもらえ、75%の確率で760ドル失う
    BC 25%の確率で250ドルもらえ、75%の確率で750ドル失う

    の二つを比べるとBCは無条件でADを上回る。
    利得と損失の形で表した単純な選択は、いかようにも選択肢の組み合わせとして再構成し、一貫性を欠く選好を誘導することができる。決定する側としては、複数の決定を一つにまとめて扱える場合は、いつでも広いフレーミングの方がよい。

    ・フレーミング
    McNeil(NEJM 306:1259-62, 1982)によると
    手術に際して
    「術後一ヶ月の生存率は90%です」
    「術後一ヶ月の死亡率は10%です」
    の二つの説明を受けると、内容的には同じであるにもかかわらず前者の方が後者よりも手術を選びやすい(84%vs50%)
    フレームの再構成(リフレーミング)は努力を要するので、明白な理由のない限り、私たちの大半は意思決定問題をフレームされた... 続きを読む

  • 上巻よりペースが落ちたが、読めた。


    システム1とシステム2
    エコンとヒューマン
    経験する自己と記憶する自己

    これら3組の二項対立のことが書かれていて、合理的経済モデルでは、ヒューマンを説明できない、という結論。

    解説がすごいまとまってて、わかりやすかった。

  • 上巻に続き、意思決定の「妙」についての解説。経済学では人間は「合理的」となっているが、「現実を生きる経験する自己」と「記憶をもとに選択する自己」では意思決定が異なり、非合理的選択をすることも多い。長い時間心地よい音楽を聴いていても、最後に雑音が入るとすべて台無しと判断してしまうことや、嫌な状態が続いても最後にいいことがあると許してしなうことなど。こういうことは人や組織を動かす時に知っておくべき知識だと思う。

  • ・ ノイズの多い環境では、統計的アルゴリズムは人間を大幅に上回る。これは、かすかだが信頼性の高い手がかりを人間より発見しやすく、かつそうした手がかりを一貫して活用することにより、ある程度の精度を常に維持できるからだと考えられる
    ・ 自分たちのケースに固有の情報を持っている場合、そのケースが属すクラスの統計データも知っておこう、と考える人は滅多にいない
    ・ 計画の錯誤を回避する責任は、計画の可否を決める意思決定者が外部情報の必要性を認めず、外部の情報を集めないこと。
    ・ 失敗をみためたくないがために追加投資をするのは、サンクコスト(埋没費用)の錯誤に他ならない
    ・ 競争の無視:見た物がすべてで、自分が平均以上だと思い込んでしまう
    ・ 不確実性を先入観なく適切に評価することは合理的な判断の第一歩であるが、それは市民や組織が望む物ではない。危険な状況で不確実性が極めて高いとき、人はどうしてよいかわからなくなる。そんなときに、当てずっぽうとしか言えないなどと認めるのは、赤kっている物が大きい時ほど許されない。何もかも知っている振りをして行動することが、往々にして好まれる(無知を示すことは許されにくい)
    ・ 今が1年後だと想像してください。私たちは先ほど決めた計画を実行しました。すると大失敗に終わりました。どんな風に失敗したのか、5〜10分で経過を簡単にまとめてください。
    ・ 損失回避性。損失と利得を直接比較した場合でも、確率で重みをつけた場合でも、損失は利得より強く感じられる。好機よりも京井に大して素早く対応する生命体の方が、生存や再生産の可能性が高まるからだ。
    ・ 損失に対する感応度は、同じ学の利得に対する感応度よりもはるかに強いのである。
    ・ 「トレーダーになったつもりで答えてください」と指示すると、損失許容度が高まり、損失に対する感情反応は大幅に減る(リスクをとりやすい「なりきり」が存在するかも)
    ・ 保有効果:保有すると物的価値以上に感性価値を感じることになるかも。使い方がイメージしやすかったりすることが要因になりそう。
    ・ 脳は単に象徴的な危機に対しても敏感に反応する
    ・ 0%→5%、95%→100%:質的な変化、60%→65%:量的な変化
    ・ あまり起きない出来事が、注意の対象、すなわち関心事象になる。ここで働くのが利用可能性ヒューリスティックだ。思いついたシナリオの数や認知容易性に従って確率を判断することになる。このときすでに、確証モードに入っているので、そうした異常が起きる頻度を多めに見積もる可能性が高い。
    ・ 複数の毛艇をひとつにまとめて扱える場合には、いつでも広いフレーミングをとった方がいい
    ・ 人間は割り増しを払うより、割引を容認する方が容易い。両者は経済学的には同じだとしても、感情的には同じではないのである
    ・ 「経験する自己」と「記憶する自己」。「今痛いですか」という質問に答えるのは前者、終わってから「全体としてどうでしたか」という質問に答えるのが後者。
    ・ 私たちの記憶は、苦痛または快楽が最も強い瞬間(ピーク時)と終了時の感覚とで経験を代表させるように進化してきた
    ・ 記憶する自己が大切な人には、経験する自己は記憶を失った他人以上にどうでもいいらしい
    ・ 幸福を感じる気質という物は身長や知能のように遺伝するすることが、出生児からはなれて育った双子の研究で判明している
    ・ 持続時間の無視とピーク・エンドの法則が重なると、長時間にわたる穏やかな幸せよりも短時間の激しい喜びを好ましいとするバイアスが形成される。
    ・ 建設的に批判するスキルには、的確な語彙が欠かせない。自分を批判する人々が正しい知識を身につけ、かつ公正であると信じられるなら、そして自分の下す決定が結果だけで判断されるのではなく、決断に至る過程も含めて判断されると信... 続きを読む

  • 心理学の権威が、人間の意思決定について分かりやすく解説している。素人でもすんなり頭に入ってくるのは、事例や質問が多用されているからだろう。
    最も印象的だったのは、記憶する自己と経験する自己の話。2歳の娘とドコカヘ行ったりするとき、「大人になったら覚えてないんだろうなぁ」と思うことがあったが、これは記憶する自己の偏重だなと分かった。経験する自己が楽しんでくれれば、それで充分なのだ。
    (2016.4)

  • まーあいろいろネタがありますわね、といったところ。そのどれもが刺激的で面白い。
    ただ惜しむらくは、もう他の本でしっている知見が多かったこと。初見だったら、僕の中でもう驚天動地の事態だったろうなあと思う。

  • 下巻については,プロスペクト理論等の,やや専門的な内容も含まれており,上巻に比べて読むのに骨が折れるかもしれない。ただ,上巻と同様,さまざまな具体例(実験)が紹介されていて,飽きることなく読める(その分,分量は多くなっているわけだが)。

  • 具体例とそこから得られる傾向への言及の繰り返しで何がいいたいのか不明

    上巻と一緒に借りて読んだ。この上下巻のシリーズでは人間の判断について、システム1(直感)とシステム2(思考)がどのように作用するかについて書かれている。

    上巻ではシステム1について掘り下げたもので、本当に実験的な事柄とそこから得られた人間の判断の傾向について繰り返していた。
    下巻ではより具体的な例を出してその結果と人間がどのように判断するかについて記していた。

    上巻と同じで、以下のようなスタイルがひたすら続いるようにみえた。
    「こういった実験を行うと、こういう判断をする傾向が見られた。このことから人間はこういう判断をする傾向にある。」
    実験や例の内容は問題ないのだが、「それで何?」という感想をもった。つまり、そこからどう役に立てていくのか、応用についての記述が圧倒的に不足していると感じた。
    人間がこういう判断の傾向を持つというのはわかった。それがわかったところで、「あーそー」という感想しか持てなかった。だからどうすればいいのか、その視点がなかった。そういう傾向があるというのがわかったところでどうしようもない。
    結局のところ、この上下巻で何がいいたいのか、それが何の役に立つのか、どう活用すればいいのか見えなかった。
    後半は読み飽きたのでぱらぱらっと読み飛ばして終わった。

    上巻の感想にも書いたが、個人的には「選択の科学」や「お金と感情と意思決定の白熱教室: 楽しい行動経済学」のほうがよかった。単なる心理学の実験に終わるのではなく、行動経済学などもう少し役に立つ方向でもっていって欲しかった。
    他の人の評価がなぜこんなに高いのか自分には理解できなかった。

  • 巻はプロスペクト理論。我々は損失回避的に振る舞う。$100損をする恐怖感は$150得をする期待感よりも強い

  • ちゃんと読むには紙とペンが必要。
    人間は合理的な確率とかで行動を決めるわけじゃなくて、認知のバイアスがあるよね、それを定式化するとだいたいこうだよね、みたいな話。
    最後まで読めてない。
    自分はちょっとこの中に出てくる一般的な人の行動からずれてることが分かった。

  • かなり読み応えはあった。もう少し短くまとまっていたら読みやすかったかな。それでも非常に興味深い内容が満載でした。

  • 上巻よりも読むのに時間かかったけど面白かったです

  • 意思決定がいかにいい加減か

  • ※ファスト&スロー(上)参照

  • この本めっちゃ面白いんだけど、結構な文量があり、なかなか先に読み進められない。上巻はやっとのことで読んだが、とてもこのまま下巻を読んでたら他が読めなくなってしまうので、いったん離れて別の本を読むことにしました。
    http://nagoemon.blog56.fc2.com/blog-entry-604.html

  • ・起業家の楽観主義
    ① 私達は目標に注意を集中し、一度立てた計画がアンカーとなり基準率を無視する。
    結果、計画の錯誤に陥りやすい。
    ② 未来の予測を能力のせいだと考えたがり、幸運が果たす役割を無視する。
    結果、自分の能力で結果は左右出来ると思い込む。
    ③ 自分が知っていることを強調し、知らないことを無視する。
    結果、自分の意思に自信過剰になりやすい。
    ④ 自分達がしたいことや出来ることばかり見て、他人の意図や能力を無視する。

    ・状況が手掛かりを与える。この手がかりを元に、専門家は記憶に蓄積された情報を呼び出す。そして、情報が答えを与えてくれる。直観とは認識以上でもなければそれ以下でも無い。

    ・「サンクコストの錯誤」・・・他にもっとよい投資があるにもかかわらず、損を出しているa/c(勘定)に追加資金を投じる決断のこと。高くつく誤り。

    ・記憶の特徴・・・
    ① 接続時間の無視・・・時間の重みを完全に無視する
    ② ピーク・エンドの法則・・・最後の瞬間だけで人生全体を評価する

    ・人間を含めてあらゆる動物は得をするより、損を防ぐことに熱心。
    (ex. 防衛側が必ず勝つ縄張り争い)
    参照点近くに留め置く重力、保守的な傾向。

    ・リスクに伴う決定を総合的に扱うリスクポリシー・・・
    計画策定時の外部情報に基づくアプローチ。
    広いフレーミング。
    「過度の楽観主義」と「過度の警戒心」による損失回避という2つのバイアスを打ち消すため、内部情報だけに頼ってはならないこと。

  • ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンの書いた行動経済学の基本となる心理学を解説した本。
    人は二つの思考法に依って判断していることを基本にして、具体的な心理学実験をいくつも取り上げながら様々な思考を解説している。
    一般的な経済学の考え方が如何に安易な仮定の元に成り立っているのか、昨今行動経済学が何故これほども注目されているのか、がよく分かる。
    長い本だが表現が完結で読みやすい。

    二つのうち、システム1(直感的思考、速い思考)と呼ばれる思考法は、思い出しやすさ、入手しやすさに頼ったり、あるいは難しい判断を下すにあたって似たものを探しだして単純化したりしてしまう。このように判断に予測可能なバイアスがかかり影響を受けることを、利用可能性ヒューリスティックと言う。
    このような直感的解決・判断の探索は意識せずとも自動的に行われるのだが、ヒューリスティックな解決が一切浮かんでこないときに発動されるのがシステム2、即ち熟慮熟考、遅い思考である。
    思考や行動をコントロールし、論理的に冷静に物事を判断するのがシステム2なのだが、これが実際は怠け者であることが多々あるらしい。

    この思考法と下巻の中盤から出てくるプロスペクト理論を中心とした当たりに、本書の核心があるようだ。
    いまの経済学の中心は、経済主体(エコン)は合理的であるという前提の元に展開されている。
    公共政策における自由至上主義(リバタリアニズム)的アプローチに理論的根拠を与えているのもエコンであり、このアプローチでは、個人の選択が他人に迷惑をかけない限りにおいて、個人の選択の権利に干渉しない。

    しかし本書で何度も語っている人(ヒューマン)の判断は、まったくもって合理的な判断では動かない。
    プロスペクト理論で取り上げている判断の特徴や、システム1と2に基づいた思考は、まさに現実の人の行動そのものである。
    従来的な経済学では説明できなくなってきた社会において、行動経済学が注目されて来た理由がまさにそこにある。
    その基礎となっているのが人の思考法を解き明かす心理学であり、本書はそこを平易に徹底的に解説した見事な著書といえるだろう。
    読み通すのには時間が掛かってしまったが、旧来型の経済学と比較した行動経済学の意義を実感するにはまたとない良書であった。

    長くなってしまうが、本書に出てくる重要な思考行動を、後顧のためにいくつかピックアップしておく。
    ------------------------------------
    ・プライミング効果
    ある単語に接したときには、その関連語が想起されやすくなる効果。
    たとえば、「食べる」という単語を見たり聞いたりした後は、単語の穴埋め問題で〝SO □ P〟と出されたときに、SOAP(石けん)よりSOUP(スープ)と答える確率が高まるような効果のこと。この効果は概念や言葉だけでなく、意識さえしてない出来事が行動や感情に影響を与える。

    日本でもあった例だが、放置自転車に業を煮やした自治体が、駅近くに大きな目が見つめている看板を置いただけで自転車を置かなくなったことがある。
    これなどは無意識のうちに行動に影響を及ぼしたプライミング効果の良い例だろう。

    ・説得力ある文章とは
    原則としては認知負担を出来るだけ減らすこと。
    プレゼンではよく使うが、色や大きさで文章の一部を強調したり、文章を短く韻文的にしたり、繰り返すことが大きな効果を産み出す。
    怠け者のシステム2に知的努力をさせずに、システム1だけを相手にしてしまうということらしい。

    ・ハロー効果
    ある人物や出来事のすべてを、自分の目で確かめてもいないことまで含めて好ましく評価(または全部を嫌いになる)する傾向のこと。後光効果とも言う。

    ・少... 続きを読む

  • 上下巻まとめた感想を。
    ノーベル経済学賞受賞のダニエル・カーネマンの良著。主に前半は心理的な作用に重点を置いたエラーとバイアスについて論じられ、後半では経済について見ていく色合いが強くなった。全編を通して読者に対し、理論の実際の効力を体験させるような気配りのある構成になっており、ただ理論を並べられるのに比べて非常に大きな実感を伴い人間の心理作用について理解を深められる点は非常に大きく評価したい。
    心理学関係の書籍の中でも読み物としてとても面白いものだと思う。

  • 本の内容については上に。

    気に入らない点は、
    文庫サイズが大きくて使っているカバーに入らないこと。
    早川書房は何のためにこういうことをするんだろう?
    同じことを前にも書いたけども。
    他の出版社から出てたらハヤカワは選ばなかった…。

全34件中 1 - 25件を表示

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)に関連するまとめ

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に登録しているひと

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)はこんな本です

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)の単行本

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)のKindle版

ツイートする