チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)

  • 49人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 吉田 三知世 
  • 早川書房 (2017年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150504915

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下巻にまとめる。

  • コンピュータが世に出てくるまでの、本当に最初の歴史書。しかも著者がフリーマン・ダイソンの息子!

  • ハヤカワ・ノンフィクションの数理を愉しむシリーズは毎回、良書が多くて本書も楽しみにしていたのだが、今回はその例から外れてしまったようだ。

    本書のタイトル「チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来」(原題:Turing's Cathedral)と格調高いタイトルにかかわらず、内容はほぼ歴史である。
    もう少し、数学的な原理を説明してほしかった。

    たとえば、コンピュータの黎明期に、このコンピュータに「何をさせるか」という問題が持ち上がった時にNeumannをはじめとする当時の物理学者は気象を予測するということを目標の一つとして考えていた。
    ご存知の通り、気象の予測というのは地球規模でモデルを作り、かつ、非常に複雑な方程式でモデル化する必要がある。
    そもそもこのモデル化に対しても本一冊書けるくらいのドラマがあるのだが、ここではモデル化はある程度できているとして、それを実際に解くのは(これは長年数学者を悩まし続けるNS方程式の解の存在と一意性という未解決問題)数値計算しかないということでコンピュータの使用が考えられた。

    微分方程式を離散化して数値計算をしたことがある人なら、適当に方程式を離散化しコンピュータで計算をさせたら、出てきた答えが全然使いものにならなかった、という経験を必ず一度はするものだ。
    (時間と空間のメッシュの切り方によって、誤差が伝搬し、時間ステップを大きくしていくと誤差が発散する)

    このように技術的に難しいこともあるのだ。
    コンピュータには何ができて、何ができないのか。
    また、本書のタイトルにもあるTuringマシンと呼ばれるものは何か?なぜそれは万能コンピュータと呼ばれるのか、それは今のパソコンと何が違うのか。

    歴史よりもこのような点を知りたかった。
    本書の上巻を読んだだけでは、これに関して満足な回答は得られないだろう。

  • 購入。

    タイトルにチューリングと入っているが、ノイマンを中心とした伝記。

    コンピュータが生まれるときにここまで多くの人が関わったとは知らなかった。登場人物が多すぎてきちんと把握できなかった。

  • まずは上巻をクリア。
    70年前の聞いたこともないプロダクトがどんどん出てくるので、
    イメージわかない個所が多いのでiphoneが手放せない!

全5件中 1 - 5件を表示

ジョージ・ダイソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
シーナ・アイエン...
トマ・ピケティ
スティーヴン ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)の作品紹介

チューリングが構想しフォン・ノイマンが実現したコンピュータ開発の「創世記」と天才達が集ったプリンストン高等研究所の全記録推薦/森田真生

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)はこんな本です

ツイートする