チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)

  • 33人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 吉田 三知世 
  • 早川書房 (2017年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150504922

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フォン・ノイマンのお話だと思えば概ね間違いない。コンピュータの黎明期、どんな計算が行われていたのかの話が中心。
    個人的には、ちょっと期待していたのとは違った。

  • チューリングが出てくるのは第13章だけ・・・

全2件中 1 - 2件を表示

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)を本棚に登録しているひと

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)の作品紹介

チューリングが構想しフォン・ノイマンが実現したコンピュータ開発の「創世記」と天才達が集ったプリンストン高等研究所の全記録推薦/森田真生

チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来 下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫“数理を愉しむ”シリーズ)はこんな本です

ツイートする