アクロイド殺し (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-45)

  • 264人登録
  • 3.71評価
    • (29)
    • (27)
    • (56)
    • (3)
    • (0)
  • 33レビュー
制作 : 田村 隆一 
  • 早川書房 (1979年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150700454

アクロイド殺し (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-45)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生の頃、図書館で読んで、ラストに心底ぞっとした記憶が。
    (ちょっとしたトラウマ?)
    画期的なトリックの、始祖だとかそうではないとか。
    驚くと同時に、犯人の性格の異常さが伝わって、今でも十分怖い。

  • 犯人、分かってしまった。
    けど、やっぱ凄い。
    面白すぎる。

  • 名作といわれているだけあると感じた。
    一気に読んだ。最後まで犯人に気づかなかった。

  • 評判通り意外すぎます。
    個人的にはアンフェアだと思います。
    でも、まあ「無し」という程でも、、

    真面目に解決に取り組んだら、その結果(真相)に脱力感を覚えます。

  • #赤背表紙のクリスティーを再読するプロジェクト 001

  • 推理小説の歴史の中で、必ず語られる作品。現代の我々が読むのと違い、当時はものすごいインパクトだったかもしれない。私もポートピアを思い出した。

  • 多分再読なんだけど、相変わらず全然憶えてなかったよ。
    これが書かれなければ、叙述トリックは生まれなかったのかもしれないなあ。
    書かれた当時はアンフェアだとも言われたらしいけど、今読めば、これはありでしょう、ってフツーに思えるもんね。
    やはりクリスティは偉大である。
    そしてポアロさんはやっぱイイw

  • 現在読んでも楽しめるし、有名な名探偵ポアロが登場する作品。トリック云々はそんな作品幾つもあるし、問題なし。

  • これを思いついた才能に敬意を。

    ずっと読みたくて、ネタバレも頑張って避けていた。確かに、いくつもミステリを読んだ今でこそ普通に思えるトリックだけど、最初にこれを考えて書いたクリスティーはやっぱりすごい。犯人がわかってから、読み直してみれば、なるほどと思う描写なので、私はフェアだと思う。

  • 手放しで賞賛することに後ろめたさが残るクリスティーの話題作。
    可か不可か、あなたはどうですか?


    アクロイド氏を殺害の容疑者ラルフは行方不明。
    エルキュール・ポワロと助手役のシェパード医師が調査を進めていくと、
    参考人として集められた人たちは、それぞれ秘密がある様子だ。
    秘密が明らかになるにつれラルフの容疑は深まっていく。

    巧妙な”あいまい表記”にしてやられた!お見事!
    そして誰も~と比較しても甲乙付けがたい。
    でも、こちらは可か不可か、意見が分かれるところだと思う。
    読者のいろんな意見を聞いてみたい。

    以前読んだ虚無への供物に出てきた久生、元ネタはキャロラインだったか。

    ポワロ登場作品は幾つか読んだものの、
    初登場スタイルズ荘の怪事件が未読なので読んでみたい。

全33件中 1 - 10件を表示

アガサ・クリスティの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラリー・クイー...
有効な右矢印 無効な右矢印

アクロイド殺し (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-45)に関連するまとめ

アクロイド殺し (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-45)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アクロイド殺し (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-45)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする