クイーンのフルハウス (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-28)

  • 68人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (4)
    • (20)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 青田 勝 
  • 早川書房 (1979年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150701284

クイーンのフルハウス (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-28)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミステリー短編集

     なかなか楽しいミステリー。おおむね後味良く気持ちいい読書タイムだった。

     ただ、「キャロル事件」だけはちょっと反則気味練。つかまった犯人が結局犯人なので。もちろん、それなりの帰結があるんだが・・・。

     作品は次のとおり。中編:「ドン・ファンの死」「ライツヴィルの遺産」「キャロル事件」、短編:「Eの殺人」「パラダイスのダイヤモンド」

     ミステリーというか推理小説は、その背景が好きだ。つまり街の描写や服装や立ち居振舞いなど。ただ、外国作品の場合、結末がわかりづらいものがあるのが残念。

     死者の最後の言葉である「パラダイス」が「ペア・オブ・ダイス」であったり(もちろん、英語で読むとそう聞こえる)、「W」が「E」に見えたり「3」に見えたりギリシャ文字に見えたりというところは、ひざをたたいて「なるほど」という結末ではない。

  • 悪くはないのですが
    1作品を除いてはぱっとしない作品が多く
    イマイチな印象を受けてしまいます。

    その代わり最後の作品は面白いです。
    ちょっと特殊な作品と言っても
    過言ではないでしょう。
    ミステリーではおきないと思われる現象が
    起きてしまうのですから。

    舞台の幕を章に仕立てた作品は
    設定は面白いのですが
    なんだか盛り上がりには欠けています。

  •  2001年12月29日購入

     2002年1月28日読了

全5件中 1 - 5件を表示

クイーンのフルハウス (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-28)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クイーンのフルハウス (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-28)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クイーンのフルハウス (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-28)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クイーンのフルハウス (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-28)はこんな本です

クイーンのフルハウス (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-28)のKindle版

ツイートする